ローディング

日本茶と甘味が自慢。那古野の新しい茶房「那古野茶房 花千花」へ【名古屋】

2020.09.24〈Thu〉

最終更新日:2020/09/24

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/09/24

地下鉄「国際センター駅」より徒歩で約5分。那古野のまち全体をホテルに見立て、徒歩数分以内の古民家3棟を改装し、その中で一棟貸し切りの宿と茶房を営む「HOTEL 和紡」。今年5月の誕生以来、観光客から地元住民まで、たくさんの人が訪れています。中でも「那古野茶房 花千花」は、「HOTEL 和紡」のラウンジを兼ね、うれしいことに宿泊者以外も利用することができます。

日本茶と甘味が自慢。那古野の新しい茶房「那古野茶房 花千花」へ

歴史が息づく那古野エリアで、お茶と甘味を堪能


日本茶を身近に感じてもらえるよう、ライブ感を大切に。目の前で茶葉を量り、湯を沸かし、淹れたてのお茶を提供。

お店で扱う茶葉は、岐阜の東白川村や三重の水沢、豊田と、近隣の産地から厳選。老舗「不朽園」とコラボした最中をはじめ、季節の甘味とともに堪能できます。

「東白川村の煎茶」(900円+税)とともに「オリジナル最中」(300円+税)を。お好みでブランデーを数滴かけて召し上がれ。

伝統技で作られた盆に、茶葉がずらり。丁寧な説明を聞きながら選べるのが◎。

急須はすべて常滑焼を使い、茶器は現代作家によるモダンな器や骨董品をセレクト。暮らしに合わせた工芸品の使い方も提案します。


ウエディングプランナーの経験を元に活躍する、元花さん。「那古野を拠点に、多彩なライフイベントを提案していきたい」と、教えてくれました。

女将の元花さんがこの場所を選んだのは、歴史を感じる街の雰囲気と、上質な料理や手仕事の品を届ける、個性豊かな店主たちに惹かれたから。「県内や近県の人にこそ、那古野の魅力を体感してほしい。この茶房とホテルが、新たな出合いを生み出す場になったら」と元花さん。

「那古野茶房 花千花」の外観。建物は、市の登録地域建造物資産に認定されています。

地元ならではの良さを凝縮。趣深い宿「HOTEL 和紡」もチェック

「HOTEL 和紡」は、茶房から徒歩数分。夕食や朝食は、近隣のレストランやカフェに案内。

宿の入り口には、「和紡」の名が書かれた伝統工芸品の名古屋提灯が飾られています。

4人まで宿泊できる2階の寝室。布団は、国産素材にこだわったものを採用。

1階リビングからは、地元産の石材が彩る箱庭を眺めることができます。和紙畳が足裏に心地良いです。

今治タオルやスピーマ超長綿のルームウェアで、ゆったりリラックスを。

【HOTEL 和紡】
電話:052-586-5083
住所:名古屋市西区那古野1-23-9
チェックイン15:00〜19:00 / チェックアウト11:00
宿泊料:1泊朝食付き1万円〜(4名1室利用時の1名分)
http://nagono.jp/wabo/

宿×茶房でまちと人をつなぐ新しい顔として、これからも目が離せません。

※掲載内容は2020年9月現在の情報です。

日本茶と甘味が自慢。那古野の新しい茶房「那古野茶房 花千花」へ【名古屋】

店名

那古野茶房 花千花

営業時間

11:00〜18:00

定休日

水曜定休

場所

名古屋市西区那古野1-18-6

駐車場

なし

カード使用

カード・電子マネー可

平均予算

昼1200円

問い合わせ

052-526-8739

2020.09.24〈Thu〉UP

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line