絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2020.10.1thu

【おたより拝見!編集部ゆるトーク】今月のお題「三密を避けて行きたい、秋のおでかけスポットは?」

今月もやって参りました「おたより拝見!編集部ゆるトーク」。みなさんから届いた“おたより”を元に、ゆるーくトークしていきます。
先日、インスタライブにて配信させていただきました第7回目のお題は、「三密を避けて行きたい、秋のおでかけスポットは?」。今月のゆるトークメンバーは、【編集部すずね&りん】でお届けします。

今月のお題…「三密を避けて行きたい、秋のおでかけスポットは?」

すずね  今回も始まりました。今月のお題は「三密を避けて行きたい、秋のおでかけスポットは?」ということで、たくさんのご応募をいただきました。ありがとうございます!ちなみに、りんちゃんはどうですか?
りん  私はですね。芸術の秋ということで、美術館も好きですし、いろんな所の美術館へ行きたいなと思います。長野にある「松本市美術館」や、香川の丸亀市にある「猪熊弦一郎現代美術館」にずっと行きたいなと思っています。
すずね  作品を見るのもいいですが、美術館自体のデザインなども楽しめていいですよね。私は、長野に小学生の頃1年間くらい住んでいたので、そこに改めて行きたいなと思います。思い出の地を巡るのもいいですね。

りん  そして、今日のお供は、大須に新しくオープンしました「好日茶楼 大須店」さんの豆花をいただきたいと思います。
すずね  私はマンゴーにしました。彩りがとても鮮やかですよ。りんちゃんは?
りん  私は杏仁豆花にしました!「好日茶楼 大須店」さんもコメントをいただきまして、ありがとうございます!
すずね  杏仁もいいですね。私の豆花に入っている、マンゴーもとろける感じでおいしいです!これは、食べ始めたら止まらないですが、早速皆さんからいただきましたお便りも紹介していきたいと思います。

近場で初心者でも登れる山登りに挑戦したい!(イニシャルI・Hさん)

すずね   山登りしたことある?
りん  高校の時の遠足が、山登りでした。みんなでひたすら山を登るという厳しい遠足でしたね(笑)
すずね   いま大人になったからこそ、楽しく登れるけど、学生の時は、修行だよね(笑)あと、編集部情報でいろんな山を教えてもらいました!まずは、岐阜県にある金華山。トレッキングできるコースもいろいろあって良いみたいです。1時間くらいで登れるみたいです。
りん  しっかりトレーニングされている方は、1日2往復する人も!?すごいですね!
すずね  あとは、豊田にある猿投山も良いみたいです。近いから行きやすいですね。私たちも運動不足なので、挑戦してみたい!あとは、鈴鹿にある竜ヶ岳や、豊川の本宮山もおすすめとのことです。気分転換にもなりますね。

  

古今伝授の里フィールドミュージアムの紅葉(イニシャルK・Aさん)

すずね  紅葉ね。やっぱり、秋と言えば紅葉ですね。りんちゃんもこの秋に行きたい紅葉の場所があるんだよね?
りん  そうなんです!私も行きたい紅葉のスポットがあって、岐阜県の各務原にある、学びの森という所なんですけど、そこにイチョウの並木道があって、そこがすごくきれいで映えなんです(笑)葉っぱが落ちて、絨毯みたいになるのもいいですね。
すずね  りんちゃん歩いたら、絶対映えるじゃん(笑)別名もありますよね!
りん  そうなんです。別名「冬のソナタストリート」とも言われているようです。

滝のある所。家に居る時間が多かったから、空気が澄んだマイナスイオンで癒される場所に行って、リフレッシュしたいです。(イニシャルW・Kさん)

すずね  滝ってパワースポットですよね。ちょうど、私が取材した滝スポットがこちらの「ケリー11月号」に載っています!中津川にある「夕森公園」という場所になるんですが、本当に中津川は巡れるスポットが多くて、見開きでご紹介しています。ぜひ、ケリーを持って巡ってもらいたいですね。「夕森公園」は、滝が何箇所もあって、その中でも「竜神の滝」は本当に迫力があって、パワースポットにもなっていておすすめです。
りん  中津川で滝巡り良さそうですね。
すずね  滝だけでなく、観光地もありますし、広いお店もあるので、三密を避けてという部分ではまさにおすすめですね。ぜひ、行ってみてください!

ぶどう狩りへ行きたいです。(イニシャルY・Tさん)

すずね  最近、インスタグラムでもぶどうの投稿が多く見られますね。旬なんですね。しかも可愛らしいスイーツも多いですよね。
りん  ぶどうは好きですが?
すずね  ぶどうは好きですし、親戚のおじさんがぶどうをいつも送ってくれるんですよ。すごい好きです。おじさん、いつもありがとうございます(笑)

伊勢神宮。(イニシャルY・Kさん)

すずね  伊勢神宮は結構私も行くけど、そこもマイナスイオンがすごい気がしますね。
りん  パワーを感じますよね。
すずね  朝とか行きたいですよね!人も少なくないし、パワーも倍増しそう(笑)
りん  パワーを感じて、元気に過ごしたいと思います!

すずね  そして、最後のお便りにいく前に、「好日茶楼」さんの豆花をもうちょっと食べたいと思います。これね、とてもおいしいです本当に。

紅葉のある公園でピクニック!広い公園で秋バーベキューとか山とかで秋キャンプ。(イニシャルS・Rさん)

すずね  秋っていろいろやりたくなりますね。
りん  気温もちょうどいいですし、外で何かやりたいですね。
すずね  お外でのんびりもいいですよね。りんちゃんは、キャンプとか行く?
りん   小学生の頃に2回くらい行って、それっきりですね。でも、最近行きたいなと思ってます。
すずね  最近、キャンプが流行ってるし、キャンプグッズもお店にいっぱいできているから需要がありそうですね。
りん  イメージでは、道具をそろえるのが大変そうです。
すずね  今は、ソロキャンプも流行っていて、一人用のアイテムもありますよ。実は、ソロキャンがずっとやりたくて1年が経ってしまったんですけど(笑)道具は結構そろえてあって、それもコンパクトに収まってるよ。テントも今はめちゃくちゃコンパクトになるから、いいですよ。
りん   すごい!いいですね。何でソロキャンしたいと思ったんですか?
すずね  『ゆるキャン△』っていうアニメがきっかけで、毎年冬になるとやるアニメなんですが、それを見てたら行きたくなりました。なので、冬に行きたいですね。寒い中で温かい食事と、焚火とかいいですね。今年も冬まで待とうと思います(笑)
りん  いまは映えるレジャーシートなど、かわいいピクニックもできますし、ピクニックもいいですよね。
すずね  ね~!かわいいかごバッグを持ってやりたいですね。私たちもぜひ、始めたいです。皆さんも、今年の秋は、何かを始めてみてはいかがですか?

ご視聴いただいた方や、コメントくださった方、うれしかったです!
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。 

次回のお題「この秋、始めたいこと」

アンケートにご協力いただくと、「映画『みをつくし料理帖』の特製オリジナル こん、こん箸」を抽選でプレゼント!下記の応募フォームからぜひご応募ください♪

【2名様にプレゼント】映画『みをつくし料理帖』の特製オリジナル こん、こん箸

老若男女問わず愛される、髙田郁による累計400万部を超えるベストセラー時代小説を初めて映画化した『みをつくし料理帖』。映画『犬神家の一族』『セーラー服と機関銃』などの話題作を手掛けてきた角川春樹監督が原作の人情物語に惚れ込み、本作のメガホンを取りました。
幼い頃に大雨によって両親を失ってしまった少女・澪(松本)が料理と真摯に向き合い、料理人として成長する姿と、同じく大雨で離れ離れになってしまった幼なじみ・野江(奈緒)との友情を描いた物語。
主人公の澪には、今最も勢いのある若手女優の松本穂香。幼なじみの野江には、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で注目を集めた女優の奈緒が抜擢されました。脇を固めるのは、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、小関裕太、中村獅童、石坂浩二、薬師丸ひろ子など、豪快俳優陣が集結し、澪と野江を優しく見守る豪華俳優陣の演技にも注目。また、本作の要でもある料理は、匂いや温度まで伝えられるようにと、こだわって撮影したとのことで、とてもおいしそうな心温まる料理をぜひ、劇場で味わってみてください。
今回は、10月16日(金)の映画公開を記念し、本作の見どころでもある料理に関わる「箸」を2名様へプレゼント。

映画『みをつくし料理帖』の特製オリジナル こん、こん箸

映画『みをつくし料理帖』

2020年10月16日(金)~ミッドランドスクエアシネマほかで公開
製作・監督・脚本 / 角川春樹
脚本 / 江良 至、松井香奈
原作 / 髙田 郁「みをつくし料理帖」(角川春樹事務所)
出演 / 松本穂香、奈緒、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、野村宏伸、衛藤美彩、渡辺典子、村上 淳 / 永島敏行、松山ケンイチ、反町隆史、榎木孝明、鹿賀丈史、薬師丸ひろ子 / 石坂浩二(特別出演) / 中村獅童
公式サイト / https://www.miotsukushi-movie.jp/
(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

【おたより拝見!編集部ゆるトーク】今月のお題「三密を避けて行きたい、秋のおでかけスポットは?」

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Mai Shimomura
  4. 【おたより拝見!編集部ゆるトーク】今月のお題「三密を避けて行きたい、秋のおでかけスポットは?」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。