絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2020.10.7wed

【岐阜・中津川市】ノスタルジックな宿場町を巡る、日帰り旅【PR】

名古屋から車で1時間15分|美しい紅葉とおいしい山の恵みに満たされた秋の中津川で、2つの宿場町をはしご。歴史ある街に息づく老舗から、古民家を生かしたカフェまで、新旧の魅力を堪能する小旅行へ。

名古屋を9:45に出発
名古屋駅→中央自動車道「中津川IC」(片道高速道路料金3020円)

中津川ICから車で約20分

11:30 馬籠宿
大黒屋茶房(ダイコクヤサボウ)

紅葉に染まる馬籠宿で、名物の栗おこわに舌鼓

風情ある石畳に沿って店が並ぶ馬籠宿。坂をちょうど中心あたりまで登ったところに、大黒屋茶房はあります。建物は、江戸時代の図面をもとに再生。民芸品のギャラリーも併設しています。

馬籠出身の文豪、島崎藤村の初恋の人の生家であるこちらの自慢は、小説『夜明け前』にも登場する「栗おこわ」です。

栗おこわとともに、川魚や山菜を堪能するセット(税込1500円~)。大粒の栗は、ホクホクで優しい甘さ。秋限定の栗きんとんセットもぜひ。

大黒屋茶房(ダイコクヤサボウ)

場所
/ 岐阜県中津川市馬籠4255-1
時間
/ 9:00~16:30(LOは16:00)
問い合わせ
0573-69-2504
定休日
/ 無休(冬期は休業 ※12月中旬~3月初旬、民芸店は不定休)
駐車場
/ あり(共同)
カード
/ 不可(民芸店のみ3000円以上利用可)
電子マネー
/ 不可

「馬籠宿」から車で30分

14:00 夕森公園 竜神の滝(ユウモリコウエン リュウジンノタキ)

紅く染まった森を流れる、伝説の滝に癒されて

秋には色鮮やかな紅葉や、エメラルドグリーンの清流が美しい散歩路を歩くと、大小の滝が現れます。中でも落差12mの「竜神の滝」は、訪れた人にパワーを与えるスポットとして有名です。

夕森公園 竜神の滝(ユウモリコウエン リュウジンノタキ)

場所
/ 岐阜県中津川市川上1057-4
問い合わせ
0573-74-2144(夕森公園総合案内所 YOU遊館)
駐車場
/ あり(100台)
料金
/ 入場無料
公式サイト
http://www.kawaue.jp/~yumori/

「夕森公園」から車で35分

15:40 中津川宿
holidaypark roastworks(ホリデーパーク ローストワークス)

人が行き交う宿場町に、新たなカフェが誕生

自家焙煎コーヒーや抹茶・ほうじ茶ラテ、りんごジュースなど、生産者の思いがこもったおいしいドリンクを、季節のスイーツとともに味わえます。2階には集いの場となるコワーキングスペースも。

爽やかでフルーティーな「エチオピア・ドゥモルソ」(税込410円)は、産地を訪れて厳選しています。

中津川宿に建つ、築140年の古民家を古材やモルタルなどを使いモダンに再生。

holidaypark roastworks(ホリデーパーク ローストワークス)

場所
/ 岐阜県中津川市本町2-6-23
時間
/ 9:00~18:00
問い合わせ
070-4116-1698
定休日
/ 火・水曜日
駐車場
/ あり(共同)
カード
/ 可
電子マネー
/ 不可
Instagram
@holidaypark_rw

「holidaypark roastworks」から徒歩で約1分

「holidaypark roastworks」や「川上屋」がある中津川宿は、江戸から45番目の宿場町として栄えた。情緒あふれる町並みをぶらり。

17:00 中津川宿
御菓子所 川上屋 本店(オカシドコロ カワカミヤ ホンテン)

栗きんとんと並び愛される、老舗渾身の栗菓子を

栗きんとんを蒸し羊羹で包んだ「さゝめさゝ栗」(1本1600円+税)は、先々代が考案し、多くの文豪に愛された川上屋謹製の和菓子。素朴な甘みが常連にも人気の逸品です。ぜひ旅のお土産に。

栗の粒をあえて残した「栗きんとん」(6個入1530円+税)は、豊かな香りが魅力です。

元治元年の創業以来、一つひとつ手作りで和菓子を届けています。

御菓子所 川上屋 本店(オカシドコロ カワカミヤ ホンテン)

場所
/ 岐阜県中津川市本町3-1-8
時間
/ 8:00~19:30
問い合わせ
0573-65-2072
定休日
/ 水曜日
駐車場
/ あり(5台)
カード
/ 可
電子マネー
/ 可
公式サイト
http://www.kawakamiya.co.jp/

「中津川ウエルカムクーポン」で、中津川をお得に満喫♪

観光業を盛り上げるため、市外からの旅行者を対象としたお得なクーポンが販売されます!販売・利用期間は、令和2年10月9日(金)から令和3年1月15日(金)までです。

500円券が6枚セットになった「3000円分」クーポン券を、1500円で販売。1500円もお得に!

中津川市内の飲食店やお土産店、体験施設、宿泊施設など、160店舗以上で使えます!使えるお店は、公式サイトをチェック。このお得な期間にぜひ中津川を訪れてみて。

中津川ウエルカムクーポン

購入対象者
/ 中津川市外在住の方(ひとり最大2セットまで)
※住所がわかる身分証明書の提示が必要
販売・利用期間
/ 令和2年10月9日(金)~令和3年1月15日(金)
販売場所
/ 中津川市観光案内所(にぎわい特産館)、馬籠観光案内所、付知町観光協会、道の駅 賤母、道の駅 きりら坂下、道の駅 五木のやかた・かわうえ、道の駅 加子母
販売数
/ 20000セット(なくなり次第終了)
問い合わせ
0573-66-5544(中津川市観光連絡協議会)
公式サイト
https://nakatsugawa.town/event/welcomecoupon/

※クーポン券はおつりが出ません
※たばこ、商品券、プリペイドカード、切手等換金性の高いものの購入は不可。

photo / Tomomi Kitagawa model / Nao Umemura(CENTRAL JAPAN)

※掲載内容は2020年10月現在の情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【岐阜・中津川市】ノスタルジックな宿場町を巡る、日帰り旅【PR】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. 中津川
  4. 【岐阜・中津川市】ノスタルジックな宿場町を巡る、日帰り旅【PR】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。