ローディング

1日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力

2020.10.10〈Sat〉

最終更新日:2020/10/12

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/10/12

「泊まらなくても行ってみたい」と注目の名古屋初ライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」が、2020年8月にオープン。11月8日(日)のケリー編集部のイベント「ウィークエンド カーニバル2020」では、ここでカフェ&トークイベントを開催します。

そこで今回は、一足早く編集部が会場を訪ね、イベント限定のスイーツを実食。素敵なホテルの写真と共に、気になるスイーツをレポートします。

1日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力

「泊まらなくても行ってみたい」ライフスタイルホテルが誕生

8月7日(金)に名駅にオープンした、「ニッコースタイル名古屋」。「オークラ ニッコー ホテルズ」の新しいライフスタイルホテルブランド「ニッコースタイル」の第1号ホテルです。


高い天井に大きな本棚など、おしゃれなインテリアが置かれた「ロビーラウンジ」。

洗練されたインテリアや、落ち着きのある配色のロビーは、心地よい空気が流れています。「泊まらなくても行ってみたい」と、ホテル好きの方や感度の高い人たちの間で話題だとか。

そんな「ニッコースタイル名古屋」のロビーにて、ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』が、11月8日(日)に開催されます。

「ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』」の詳細はこちら。

イベントでは、ホテルシェフ特製スイーツ・ドリンクがセットに。このイベントのためだけに、シェフに「秋を感じる季節限定スイーツ」をリクエスト。試作品を食べに、編集部が早速伺いました。

調理人として約39年のキャリアを持つシェフが手掛ける、地元の素材を生かしたスイーツ

日本、フランス、スイス、アメリカなど様々なスタイルの料理を経験し、卓越した調理技術と豊富な知識を持つ黒田シェフ。自ら生産者の元へ足を運んで直接取引を行い、一緒に協力しながら、地元の良いものを取り入れた料理を提供しています。

「東海地方には、地元の一部の人しか知られていない、素晴らしい食材がたくさんあります。その食材をふんだんに使用することで、多くの人にアピールしたいです」

と話す黒田シェフが考案するスイーツには、東海エリアの生産者から仕入れた旬の食材が使われています。

芋・栗・かぼちゃのおいしさをギュッと一皿に。秋の味覚を楽しむ工夫も

大きな器の上で、アートのように盛り付けされた「栗のフォンダン」が登場!

黒田シェフが「秋の味覚を楽しめるように」との思いを込めて作った一皿には、栗のフォンダンと栗のムースのまわりに、栗の甘露煮とバニラアイス、さつま芋のチップス、かぼちゃのソースが添えられています。

栗のフォンダンにナイフを刺すと、中からとろっとした栗のクリームと、大きな栗の甘露煮がお目見え。ひと口食べると、濃厚な栗の甘さが広がり、ふんわりとラム酒の香りが後を引きます。

かぼちゃのソースやバニラビーンズ入りのアイスクリームと絡めて食べれば、また違った味わいに変化。特別な味覚の秋を満喫できる、イベントだけの傑作をぜひ味わって欲しいです!

ケリー編集部のイベントも、お見逃しなく!

11月8日(日)のケリー編集部のスペシャルイベント「ウィークエンド カーニバル2020」では、ここでカフェ&トークイベントを開催。

ホテルシェフ特製のイベント限定スイーツ・ドリンクと共に、「ニッコースタイル名古屋」の音楽とコーヒーを手掛けた、サウンドディレクター・Kenichiro Nishiharaさんと、バリスタ・鈴木康夫さんのお二人と、ホテル総支配人・西邦之さんのトークを楽しめる内容となっています。

▼イベント情報・参加チケット購入はこちら

最高のコーヒーと音楽、ライフスタイルホテルならではのカフェタイム

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line