ローディング

【連載コラム】編集部りんの「昭和に憧れ、令和を生きる!」-vol.7-

2020.10.24〈Sat〉

最終更新日:2020/10/24

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/10/24

みなさん、こんにちは。最近は一気に冷え込んできましたね。(寒い…!)「去年こんなに寒かったっけ…?」と、なんだか毎年思っているような気がします。
さて、連載コラム「昭和に憧れ、令和を生きる!」7回目のテーマは、「おひとりさまレトロさんぽ」です!昨日発売された「月刊ケリー12月号 いま行きたい2020秋の旅」にて、一人旅企画のページを担当しました。それを機におひとりさま旅の魅力に気付き始めた私の、おひとりさまさんぽの様子をお届けします!

おひとりさまレトロさんぽ

今回のおさんぽスポット「筒井商店街」

今回、おひとりさまレトロさんぽをした場所は…筒井商店街!前から過去のケリーを見て気になっていた場所。行く前に少し下調べをして、気になるお店に目星を付けて行きました。地下鉄「車道駅」から徒歩で約8分。てくてくと歩いていくと、懐かしさが感じられる商店街がふと現れます。

調べてみると歴史のある商店街らしく、昭和初期には大須に次ぐ歓楽街だったそう。現在はそれほどの賑わいはありませんが、レトロ好きにはテンションの上がる、魅力満載のスポットです。

まずは「ファミリー喫茶 フレンド」へ

最初のお目当ては、「ファミリー喫茶 フレンド」さん。看板の書体から、早くもグッときますね…。席につき、メニュー表を開くと、その豊富さに驚き!フードもドリンクもデザートも、とにかく種類が盛りだくさんでした。

迷いに迷って、この店の評判メニュー「明宝ハムピラフ」を注文しました。訪れたのは16時30分と、何とも微妙な時間でしたが、せっかくだから名物を!とオーダー。ゴロゴロと大きなハムがのった鉄板ピラフは、ボリューム満点。ピラフというより、炒飯のような食欲をそそる味で、どんどんスプーンが進みます。

ファミリー喫茶フレンド

052‐935‐7711
名古屋市東区筒井1‐15‐34

次こそは行きたい!「筒井 松月」

2つ目のお目当ては、あんこでお餅をサンドした「あやめ団子」が名物の「松月」さん。お団子をお持ち帰りしようと思って行くと…既に閉店!涙 また次回のお楽しみができた、とポジティブに気持ちを切り替えました。

筒井 松月

052-935-7720
名古屋市東区筒井2-2-4

地域の子どもたちが集まる「建中寺」

歩き進めていくと、右手に立派なお寺が。お寺の隣には公園もあり、地域の子どもたちと、その親御さんたちで賑わっていました。元気に遊ぶ子どもたちを見て、外で駆け回っていた小学生時代を少し思い出して懐かしくなりました。

お寺近くで、かわいいネコにも出合えたのでパシャリ♡

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。誰かと一緒にお出かけしたり、旅をしたり、もちろん楽しいですが、たまには一人でゆっくり完全自分のペースで過ごすのも良いなーと思う今日この頃。一人だからこその出合いや、発見を求めて、またぶらりとさんぽに出かけてみたいです。「月刊ケリー12月号」も、ぜひ読んでみてください~!それではまた来月。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line