ローディング

【連載コラム】編集・清水の「喫茶店で、ランデヴー。」~寝ても覚めてもボンボンが好き1篇~

2020.11.10〈Tue〉

最終更新日:2021/01/08

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/01/08

こんにちは、編集部の清水(@_shimicoro_)です。
11月に入り、冷え込む日も多くなってきましたね。毎年冬は冷えに悩まされがち…(涙)なので、最近は毎朝白湯を飲むように心がけています。

さて、今回のテーマは「寝ても覚めてもボンボンが好き」です。名古屋のレトロ喫茶と言えば、真っ先に名前が挙がる「洋菓子・喫茶ボンボン」。ファンの人も多いのではないでしょうか?みんなに愛される名店の魅力を、前編と後編の2回に分けてたっぷりお届けします!

寝ても覚めてもボンボンが好き

名古屋が誇る老舗「洋菓子・喫茶ボンボン」って?

高岳にある「ボンボン」は、戦後1949年(昭和24年)に創業した洋菓子喫茶の老舗です。「良いものをお値打ちで」というモットーの通り、上質で素朴なケーキお手ごろな価格で届けています。昭和レトロな雰囲気の店内は、洋菓子部と喫茶部の2つで構成。満席のことが多く、地元住民から観光客の方まで、老若男女のお客さんが思い思いの時間を過ごしています。ケリーの取材でもお世話になっている、歴史ある一軒です。

ボンボン
住所:名古屋市東区泉2-1-22
アクセス:地下鉄「高岳駅」より徒歩で約5分
http://cake-bonbon.com/

夢は全メニュー制覇!? 心ときめくケーキを食べてみた~前編~

私自身「ボンボン」の大ファンの一人で、取材の合間や一人の喫茶時間と、ことあるごとにお店に足を運んでいます。魅力は何と言っても、ケーキメニューの数!ショーケースには常時30種類以上のケーキが並び、「今日は、どのケーキにしよう」と迷う時間も幸せなひと時。また、ほとんどのケーキが300円前後というお手ごろさも人気の理由。お手ごろだけど、ちゃんとおいしいのが名店ならではのポイントです。

こちらが、ケーキのメニュー表です。この柄のハンカチがあったら、絶対欲しい…!(心の声)私がこれまでに通って食べたケーキの数々を写真とともにお届けします。

【Cake Menu 1】ショートケーキ(税込280円、写真手前)


甘いクリームと、ふわふわのスポンジがちょうど良い塩梅。「ボンボン」のショートケーキは、四角形であることが特徴的です。

【Cake Menu 2】スペシャルショート(税込380円)


こちらはちょっとリッチな「スペシャルショート」。上の「ショートケーキ」のスポンジよりも、なんとなくしっとり感があるような…!?

【Cake Menu 3】レモンロール(税込280円)


レモンクリームをスポンジでぐるぐるロール状にした一品。クリームの爽やかな酸味がたまりません。この日は仕事終わりに寄ったので、夜の静かな時間帯が新鮮でした。

【Cake Menu 4】エクレア(税込230円)


中には、とろ~りクリームがたっぷり!素手でガブッといきたかったですが、フォークが添えられていたので、上品にいただきました…

次のページ…
まだある!心躍る洋菓子の数々

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line