ローディング

【連載コラム】編集部ミズノの「妄想カフェオープンしました」7日目:コーヒーとクッキー缶

2020.11.12〈Thu〉

最終更新日:2020/11/12

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2020/11/12

こんにちは、いらっしゃいませ。KELLY編集部兼、妄想カフェ店長のミズノです。

だんだん寒さも本格的になり、もうすぐにクリスマス、そして年末年始がやってきますね。

いつも月末~月初めに月刊ケリーの入稿があるのですが、年末の特別進行で今年はクリスマスが入稿日となっています(涙)。楽しい気分に浸る暇はなさそうですが、、今年も最後まで頑張っていきたいと思います。

さて、本日はこちらを作ってみました。良かったら最後までゆっくりご覧になっていってください。

【連載コラム】編集部ミズノの「妄想カフェオープンしました」7日目:コーヒーとクッキー缶

【本日のドリンク】GOLPIE COFFEE(ゴルピーコーヒー)のコーヒー



先日取材が終わった後、カメラマンさんに連れられて、初めて川名の「GOLPIE COFFEE(ゴルピーコーヒー)」さんへ行きました。

店内では、スペシャルティコーヒーのシングルオリジンと、オリジナルブレンド、コーヒー器具などを販売。

商品を見ている間にスタッフの方がコーヒーの試飲を出して、豆について色々と教えてくださったのですが、強いコーヒー愛を感じる丁寧な接客、語る姿勢が印象的でした。

コーヒーは飲む人の好みはもちろん、生活スタイルや飲むシーンもバラバラ。そんな中で、お客さん一人ひとりにあったデイリーのコーヒーをしっかり提案してくれる、心強さを感じました。メールアドレスを登録すると、「ゴルピーコーヒー通信」なるメールマガジンを受け取ることもできます◎

普段家では豆からコーヒーを淹れないのですが、便乗して中煎りの「あじわいブレンド」(挽いてもらったもの)を購入。

なかなかゆっくりコーヒーを淹れる習慣はないのですが、飲みやすくて良い買い物でした。

GOLPIE COFFEE(ゴルピーコーヒー)
名古屋市昭和区駒方町2-4-2
地下鉄「川名駅」より徒歩で約3分

【本日のスイーツ】5種のクッキー缶



最近、名古屋・東海三県では、焼き菓子のお店が増えています。店舗を持たずにイベント出店をしていた方が、実店舗をオープンされたり、焼き菓子に特化した専門店が新しくできたりしているようです。

今まではケーキ屋さんの隅の方に置かれていた焼き菓子ですが、今やメインとして提供している店も珍しくありません。

その中でも人気のメニューが、クッキーをぎっしり詰めたクッキー缶。色んな味が楽しめる上、心しめつけられる見た目のかわいさに、自分用にもギフトにもほしい!と思うものが多いです。ただ、ネット販売でも売り切れの場合が多く、人気のものほどなかなか手に入らないんですよね…(涙)。

ということで、休みの日にクッキーの練習がてら、たくさん焼いて作ってみました。



今回、レシピは川地あや香さんの『おやつとスプーン』(PIE International)を参考にさせていただきました。レシピはもちろん、金工作家として活躍する川地さんが作られた器やカトラリー、写真も素敵で、おすすめの一冊です。

今までクッキーはバターとグラニュー糖、卵の一般的なレシピで作っていたのですが、川地さんのレシピは、菜種油やメープルシロップ、甜菜糖などを中心に構成されています。

バターのクッキーは、口に入れた瞬間から甘くておいしいのですが、今回作ってみたものは、噛むほどにじっくりおいしい…!という感じでした。



できたのは全部で5種類。基本のプレーンの他、紅茶やベリーなども作ってみましたが、微妙に生地の柔らかさや材料の配合が異なり、どれもおいしくできました。
箱にはサイズの大きいものから入れていき、四角など、大きさが調整できるものは最後に焼いて詰めていきます。



焼く前のクッキーがたくさん並んでいる風景、かわいいですよね…(尊い)。今回はやや深めの箱を使いましたが、もっと小さな箱でクッキー2種類~でも十分可愛いものができるようです。クリスマスのプレゼントなどに、ぜひ皆さんもやってみてはいかがでしょうか。



今月もご来店をありがとうございました。(よく考えたら、クッキー缶を出すカフェってあんまりないですが…笑)。
来月のオープン日は12月12日(土)です。それではまたのご来店、お待ちしております。

これまでの開店記録はこちら
【妄想カフェオープンしました】
1日目2日目3日目4日目5日目6日目

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line