絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2020.12.6sun

カヌレにフィナンシェ「Buttery(バタリー)」で選ぶ手土産ギフト【名駅】

2019年、名駅から歩いて約5分のところに開店した、焼き菓子専門店「Buttery(バタリー)」。カヌレやフィナンシェなど、素材にこだわった焼き立てのお菓子を販売しています。店名の通り「バター」を主役にしたお菓子は、手土産ギフトにぴったり。

11月24日には、オープン1周年を記念して、メディア・関係者向けのレセプションを開催。編集部の焼き菓子好きがお邪魔しました。

カヌレにフィナンシェ「Buttery(バタリー)」で選ぶ手土産ギフト【名駅】

「バタリー」とは?

お店は名古屋駅から5分ほど歩くと到着する、大通りから少し入った閑静な公園前にあります。元々は「バターの可能性を追求した、焼きたての焼き菓子を提供できるパティスリーを作りたい」とスタートしたそうです。

ギフトを買い求める人はもちろん、午後のおやつを求めて、近隣で働くオフィスワーカーたちも多く訪れるそう。

店内に入るとまず目に入るのは、大きなショーケース。お菓子作りには、添加物や保存料はなるべく加えず、素材のおいしさを生かすこと、焼き立てを提供することを追求しています。

ニューヨークのデザイナーがデザインしたという、個性的なボックスもお店の注目ポイント。
箱に詰められた焼き菓子セットの他、好きな箱に自分の好きなお菓子を選んで入れてもらうこともできます。可愛らしい箱は、もらうだけでテンションが上がりますね!

人気のメニューをご紹介

プリン(270円+税)

口の中でとろける、滑らかなプリンはリピート率ナンバーワン! 余計なものは加えず、厳選されたシンプルな材料のみを使用し、手作りにこだわっています。

焼きたてフィナンシェ(右280円~+税)

フランス産の深みとコクのある発酵バターを使用した、香り高い一品。外側はカリっと、中はふっくらとした、焼き立てのフィナンシェが食べられるのはここだけです。
この日は特別に店内でいただきましたが、感動的な食感に、編集部も驚き…!
※通常イートインはできません

店頭にはプレーンを含め、常時3、4種類ほどが並んでいます。当日焼き上げ、ショーケースに並べられたものの他、個包装された日持ちのするものも用意されています。

季節によって、様々なフレーバーを用意。この日はミルクチョコレートをコーティングした「チョコレートフィナンシェ」(290円+税)や「抹茶のフィナンシェ」(280円+税)などがありました。

焼きたてカヌレ(240円~+税)

同じく焼き立ての食感とラムの香りが特長のカヌレ。その日中に食べるのが、絶対的におすすめです!

店内奥には、カヌレを焼き上げるオーブンがあり、完成間近のカヌレを近くで見ることができます。オーブンは日本では数台しかない特別なもので、焼きむらのない美しい仕上がりになるそう。

天板がぐるぐると回転して加熱する特別なオーブンは、密閉性が高く、外はカリカリ、中はモチモチに仕上がります。

季節のケーキ

※掲載内容は、2020年12月時点の情報です

焼き菓子はもちろん、フレッシュなフルーツを生かした、煌びやかなケーキも用意。

焼き菓子はもちろん、フレッシュなフルーツを生かした、煌びやかなケーキも用意。

カヌレにフィナンシェ「Buttery(バタリー)」で選ぶ手土産ギフト【名駅】

イベント名
Buttery(バタリー)
営業時間
10:30~18:30
定休日
火曜、第3水曜
駐車場
なし
カード使用
カード・電子マネー可
問い合わせ
0525643553
公式サイト
https://www.buttery.jp/

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

カヌレにフィナンシェ「Buttery(バタリー)」で選ぶ手土産ギフト【名駅】

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Moeko Mizuno
  4. カヌレにフィナンシェ「Buttery(バタリー)」で選ぶ手土産ギフト【名駅】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。