ローディング

〈バーミキュラ〉の鍋で炊き上げたパエリア専門店「グルマンプラス」がオープン。気になるランチをチェック【西区・浄心】

2021.01.07〈Thu〉

最終更新日:2021/01/05

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/01/05

名古屋・西区にパエリア専門店「グルマンプラス」が、2020年10月にオープン。〈バーミキュラ〉の鍋で炊き上げた、人気のパエリアランチをお目当てに、予約がいっぱいになることも。そんな同店の魅力をお伝えします。

〈バーミキュラ〉の鍋で炊き上げたパエリア専門店「グルマンプラス」がオープン。気になるランチをチェック【西区・浄心】

〈バーミキュラ〉の鍋で炊き上げたパエリア専門店「グルマンプラス」

「この地域でできたおいしいものを食べて、笑顔になってもらいたい」

そう話すのは、オーナーシェフの伊藤さん。2020年10月にオープンした「グルマンプラス」は、名古屋市西区にあるパエリア専門店です。

同店の名物料理は「パエリア」。フランスで修業を重ねた伊藤さんが手掛ける「パエリア」は、地産地消の食材を使用し、〈バーミキュラ〉の鍋で炊き上げた、店のスペシャリテです。

スペイン料理なのか、フランス料理なのか、あるいは、そのどちらでもないのか……。「〇〇である」とひと言では片付けられない、複雑で奥深い味わいが魅力の一皿。伊藤さんに、おいしさの秘密について伺いました。

「もう自分でレストランはやらない」つもりだった

フランスで約4年間の修業経験を持つ伊藤さん。2007年から約10年間、名古屋・御器所のフレンチレストランを営んだ後、「もう自分でお店はやらない」と決断していたと言います。

伊藤さん  新型コロナウイルスが流行っており、おいしいものを食べたり、どこかに出かけたり、何もかも我慢しなければならない。でも、おいしい料理で、心も身体も癒してもらいたい!そう思って「今」のオープンを選択しました。

デリバリーでも、おいしいものは食べられるかもしれませんが、レストランで食事する特別感は、非日常感を味わえる、癒しの時間だと思っています。お客さんが、「また明日もがんばろう!」と元気になってもらいたくて、またお店をやろうと決めました。

ーーフレンチ出身の伊藤さんが、スペイン料理であるパエリアの専門店を始めようと思ったきっかけは、何でしょうか?

伊藤さん  一つは、前に働いていた「グルマン」でも人気だったこと。もう一つは、息子が小麦アレルギーということもあり、メインとしてお米を使った料理「パエリア」に行きついたことです。なので、うちでは小麦は一切使用していません。

「この店はスペイン料理?」ってよく周りから聞かれますが、フレンチに近いですね。うちのは「フレンチパエリア」と言っています(笑)。

ーー面白いですね!「フレンチパエリア」は、一般的なパエリアと比べて、どのような特徴がありますか?

伊藤さん  一般的なパエリアは、大きなパエリア鍋で蓋をせず、具材とお米を一緒に炊き上げますが、うちは具材と別で、蓋をして米を炊きます。別で調理した食材は、最後に米の上に乗せるんです。

伊藤さん  フレンチの特徴として考えているのは、一皿の上にメインの食材、付け合わせ、ソースの3種類が複雑に絡み合って、良いハーモニーが生まれること。それを、パエリアで表してみるならば、メインのご飯、付け合わせの肉や野菜、名古屋コーチンのブイヨンなんです。

ーーフレンチのエッセンスが凝縮された一皿なんですね。あと特徴的だと思ったのが、〈バーミキュラ〉の鍋を使っていることだと思いました!

伊藤さん  〈バーミキュラ〉の鍋を使う理由は、密閉性がとても高いため、中の水分が飛びにくく、さらに圧力が高まるので、お米がすごくおいしく炊けるからです。また、愛知県の企業という点でも、地元のいいものを使いたい思いから、使っています。

地元の魅力がギュッと詰まったパエリア


日替わりの前菜がセットになった「高原コーチンのパエリア」のランチ(税込2300円)

「グルマンプラス」のランチは、定番2種類、週替わりパエリア2種類の中から選べるパエリアと前菜がセットに。中でも一番人気なのが、豊田市・稲武町で育った、名古屋コーチンを使った「高原コーチンのパエリア」です。

伊藤さん  標高1100mの牧場でのびのびと育った名古屋コーチンは、肉の甘みとうま味が凝縮されています。一般的な名古屋コーチンよりも、弾力とうま味が強く、本当においしくて、多くのお客さまから、ご注文いただいています。


日替わりの前菜の一例(上から右回りに、水菜のブラマンジェ、ホタテのエスカベッシュ、洋ナシとクリームチーズとミモレットのサラダ、サツマイモのスープ)

「グルマンプラス」の素材へのこだわりは、他にもたくさん。豊田市の契約農家から仕入れた野菜や、愛知県産の肉を使用しています。

さらに、お皿も常滑焼を使用するなど、うつわやカトラリーにもこだわりが光ります。

開放感のあるおしゃれな店内で、ゆったりと贅沢なひとときを

ゆったりと座れる、広々とした座席も魅力のひとつ。同時間帯にご案内するお客様の数を制限するなど、新型コロナウイルス感染症対策もしっかりしています。

席数が少ないので、電話または公式Instagramでの事前予約がおすすめです。

また、ディナーは完全予約制。夜は「シェフお任せのコース」(税込6500円)に、締めでパエリアが楽しめます。料理にぴったりなワインも、グラスで赤・白それぞれ2種類あり、とっておきのディナーにも◎。

伊藤さんの手掛ける「グルマンプラス」の料理を、ぜひ食べてみてください。そのおいしさに、自然と笑顔になるはずだから。

※掲載内容は2021年1月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。

〈バーミキュラ〉の鍋で炊き上げたパエリア専門店「グルマンプラス」がオープン。気になるランチをチェック【西区・浄心】

店名

グルマンプラス

定休日

日・月曜

場所

名古屋市西区城西3-10-5

駐車場

なし

カード使用

カード・電子マネー可

問い合わせ

052-325-5518

2021.01.07〈Thu〉UP

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line