絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2021.2.19fri

「東山動植物園」にレッサーパンダ舎がオープン!気になる公開日や名前をチェック

コロナ禍であっても、2021年は最新施設のオープン&待望のリニューアルオープンラッシュ!2021年春には、名古屋市「東山動植物園」に待望のレッサーパンダ舎がオープンするということで、最新情報をお届けします。

「東山動植物園」にレッサーパンダ舎がオープン!気になる公開日や名前をチェック

日本でもトップクラスの飼育数を誇る、名古屋市内の定番観光スポット「東山動植物園」。今春は、アジアゾーンにあるアジアの高地エリア内に、絶滅危惧種に指定されているレッサーパンダが仲間入り。高低差のある地形を生かした動物舎になり、様々な角度から見ることができます。

個性豊かな3頭が大集合!レッサーパンダのプロフィール

愛くるしい顔立ちやつぶらな瞳、ふさふさの尻尾、直立歩行する姿などが全国的にも人気の高いレッサーパンダ。東山動植物園では、2018年生まれのまるこちゃん、ずんくん、2019年生まれの令くんがお待ちかねで、今後動物園を引っ張っていくアイドルになること間違いなし。

まるこ(メス/2歳)

物怖じしないりんご姫。りんごがあれば何でもできる!ほど、りんごが大好きで元気な女の子。頼円から数カ月経った今でも、りんごちょうだいのアピールはナン

まるこ(メス/2歳)物怖じしないりんご姫。りんごがあれば何でもできる!ほど、りんごが大好きで元気な女の子。頼円から数カ月経った今でも、りんごちょうだいのアピールはナンバーワン。

ずん(オス/2歳)

いつものんびりマイペース。来園3日目でようやく人前でエサが食べられるようになった超慎重派。慣れない状況では10秒に1歩進むほどのスピード。気長にずんタイムに付き合って

ずん(オス/2歳)いつものんびりマイペース。来園3日目でようやく人前でエサが食べられるようになった超慎重派。慣れない状況では10秒に1歩進むほどのスピード。気長にずんタイムに付き合っているそう。

令(オス/1歳)

白わんぱくボーイ!部屋の台をかじってボロボロにしたり、驚異の身体能力でいけない場所へ行ったりと、わんぱくぶりを発揮。顔の毛色が薄くて白っぽいのが特

令(オス/1歳)白わんぱくボーイ!部屋の台をかじってボロボロにしたり、驚異の身体能力でいけない場所へ行ったりと、わんぱくぶりを発揮。顔の毛色が薄くて白っぽいのが特徴的です。

中央には、ガラス越しでより間近に感じられる屋内展示場も。

屋内展示場につながる空中通路がある南運動場。下からのアングルも楽しんで。

動物モチーフのキュートなキッチンカーでは、気軽に食べられるワンハンドグルメを販売しています。

オープン日の詳細は、公式サイトで発表されるため、欠かさずにチェックを!

東山動物園 レッサーパンダ舎

問い合わせ
052-782-2111(代)
住所
名古屋市千種区東山元町3-70
営業時間
9:00~16:50(最終入園は16:30)
定休日
月曜
駐車場
あり(有料)
公式サイト
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/
アクセス
地下鉄「東山公園駅」より徒歩で約3分

※掲載内容は2021年2月時点の情報です

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「東山動植物園」にレッサーパンダ舎がオープン!気になる公開日や名前をチェック

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. おでかけ
  4. 「東山動植物園」にレッサーパンダ舎がオープン!気になる公開日や名前をチェック

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。