絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

大型の映像作品やアトリエの再現でバンクシーを身近に感じられる。

大型3面スクリーンで、これまでの活動の全貌が分かる映像作品や、「アーティスト・スタジオ」を再現したインスタレーション作品など、姿を見たことがないバンクシーをより身近に感じられる展示も見どころの一つです。

作品のイメージをインパクトのある映像で体験する「マルチメディア・ホール」。展覧会の冒頭に登場し、一気にバンクシーワールドへ引き込まれていきます。

「アーティスト・スタジオ」には、制作時に使っているであろうスプレー缶やステンシルの型が置かれ、実際の雰囲気を感じられます。

来場者による投票システムでみんなが思うバンクシー像をチェック。

今回の巡回展すべての企画・製作を行っているアレクサンダー・ナチケビア氏は、「ここで感じたことを覚えて、問題を考えて、周りの人たちに自分の言葉で発信してほしい」と語ります。

#BANKSYJAPANとつけて、SNSで投稿してももちろんOKですが、今回はバンクシーが「天才」か「反逆者」か、自分の思うままに投票できるシステムを公式サイト上に導入しているので、今まで作品を観た人の考えを受け取りながら、自分の考えを発信してみよう。

バンクシー展 天才か反逆者か

開催日時
~6月20日(日)
10:00~20:00(最終入場は19:30)
※5月17日(月)からは9:00~20:00(最終入場は19:30)
定休日
会期中無休
場所
旧名古屋ボストン美術館(名古屋市中区金山町1-1-1)
料金
一般1800円、大学・専門・高校生1600円、中学生以下1200円(土・日曜、祝日は+200円)
公式サイト
https://banksyexhibition.jp/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

『バンクシー展』が「旧名古屋ボストン美術館」で開催! 気になる展示作品や見どころを紹介

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. KELLY Editors
  4. 『バンクシー展』が「旧名古屋ボストン美術館」で開催! 気になる展示作品や見どころを紹介

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。