ローディング

【連載コラム】編集部ムラセの「人生初のポン活」-LEVEL.7- 愛知の洋菓子店のポンタ君ケーキめぐり

2021.02.27〈Sat〉

最終更新日:2021/02/27

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/02/27

こんにちは。編集部ムラセ(@mamimumemuco)です。

2月も、あと数日ですね。明日、愛知・岐阜の緊急事態宣言が解除され、穏やかな春がきますように。予防対策を続けながら、これからの季節に期待しています。3・4月には、クラブツーリズム ×『ケリー』コラボ日帰りバスツアーの開催が決定!名古屋駅発!化粧台トイレ付きバスで行く、イチゴ狩りとお花見、観光が一日で叶う欲ばりな内容です。ぜひチェックしてみてくださいね。

編集部ムラセの「人生初のポン活」

昭和生まれの私は、昔から愛されているものに心が惹かれがちなのですが、「時代がどんどん変わる中で、大切にしたい宝物ってあるなぁ」と思い、2月のステイホーム期間に、外出時の新しい楽しみとして、ずっと気になっていた「ポンタ君」の生息確認をする活動を開始。用事がある地名に加えて、「洋菓子 ポンタ」「洋菓子 たぬきケーキ」などと検索し、自分へのお土産を買ってきました。

春日井市・勝川「エンペラー」


2月14日(日)のバレンタインにおうかがいしまして、引っ切りなしにお客さんが訪れていました。ポンタちゃんのショーケースが空っぽだったので、売り切れか!と焦りましたが、スタッフさんの「ポンちゃんは?」の呼びかけで、奥の厨房からお出まし。あっちこっち見ているのが、きゅんとします。

念願の「ポンタちゃん」はあっさりしていて、食後にもペロリ。一緒に購入した、大きなイチゴのチョコレートがけも、ジューシーで美味でした◎

瑞穂区・新瑞橋「お菓子工房 オランダ」


閉店ギリギリにおうかがいしたので、ショーケースにぽつんと「たぬき」がいました。イチゴちゃんのみでしたが、ベーシックなチョコレートバージョンも販売。『たぬきケーキめぐり』の著者・松本よしふみさんとの共同開発による、「たぬきケーキガチャ」も注目です。


家に帰って撮影を。寄りもいいですが、引きもいい!見つめてくる姿と、アーモンドのしっぽがたまりません。

昭和レトロと言えば、3月23日(火)のケリーは、『喫茶店と、モーニング』特集。喫茶店好きな編集部が、思いを込めて鋭意制作中です。「最近流行りのネオ喫茶で、ポンタくんを販売していただけないかしら…」と祈りつつ、まだ始まったばかりの「ポン活」を行いたいと思います。

これまでのコラム






※掲載内容は2021年2月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line