絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#レシピ

2021.3.20sat

人気店の直伝レシピ!ショウガ味噌 焼きおにぎり&ニンジンサラダの作り方【トド(TT" a Little Knowledge Store)】

「トド」の相性で親しまれる「TT” a Little Knowledge Store」が教える「ショウガ味噌 焼きおにぎり」「ニンジンサラダ」。オープン時から続く定番の味を、料理長の奥村さんに伝授いただきました。

【連載レシピ】人気店の直伝レシピ!ショウガ味噌 焼きおにぎり&ニンジンサラダの作り方【トド(TT” a Little Knowledge Store)】

「TT” a Little Knowledge Store」

「これでニンジン嫌いを克服しました!」「レシピを教えてほしいです」そんな声が寄せられるのが、星ヶ丘のレストラン「トド」のニンジンサラダです。

10年以上も前にレシピを考案したのは、管理栄養士の資格をもち、すべてのメニュー開発を任せている奥村さん。自信が好きではなかったニンジンを、どうすれば自分とお客さんがおいしく食べられるのか考え抜き、試行錯誤を繰り返したと言います。

作るときは、手軽にできる「ショウガ味噌 焼きおにぎり」もぜひ一緒に。「スパイスや甘酒などを一緒に加えることで、定番の料理にも深みが出て、おいしくなりますよ」とのこと。

材料

【ニンジンサラダ】
ニンジン…2本(約300g)
塩…適量
●玉ネギドレッシング
新玉ネギ(玉ネギでも可)…1個
酢…60ml
サラダ油…60ml
きび砂糖…35g
塩…13g
ニンニク…1/2片
A
クミンパウダー…小さじ1
クミンシード…ひとつまみ
カルダモンパウダー…小さじ⅓
【ショウガ味噌焼きおにぎり】
みりん…大さじ½
雑穀米(炊いたもの)…茶碗2杯分
アサツキ…適量
B
ショウガ(すりおろし)…30g
味噌…200g
甘酒…60g
きび砂糖…60g

作り方(調理時間:各20分)

ニンジンサラダ

1. 皮をむいたニンジンを横半分に切り、2mmの厚さの千切りにします。ボウルに入れ、塩を振って軽く混ぜ、10分ほど置いて水分を抜きます。

2. ●玉ネギドレッシングを作る。玉ネギをミキサーに入れやすいサイズにカットし、10分ほど水(分量外)にさらして、辛みを取ります。次に、調味料をすべて合わせ、ニンニク、水を切った玉ネギとともに、ミキサーにかけます。

3. (1. )を水ですすぎ、かたく絞ります。(2. )と(A)を加え、和えて完成です。

ショウガ味噌 焼きおにぎり

4. みりんを鍋に入れて中火にかけ、アルコールを飛ばします。(B)を加え、味噌ときび砂糖が溶けるまで煮詰めます。

5. 温かいうちに、雑穀米を丸めます。

6. (5.)の表面に(4. )を塗り、900Wのトースターで5分、表面が焦げるまで焼きます。

7. 仕上げに、アサツキを散らします。

ドレッシングやショウガ味噌は、他の野菜、料理にも使えます。冷蔵庫に常備しておきたい味です。

※掲載内容は2021年3月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

人気店の直伝レシピ!ショウガ味噌 焼きおにぎり&ニンジンサラダの作り方【トド(TT" a Little Knowledge Store)】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. レシピ
  4. 人気店の直伝レシピ!ショウガ味噌 焼きおにぎり&ニンジンサラダの作り方【トド(TT" a Little Knowledge Store)】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。