ローディング

名古屋城「金シャチ横丁」最新案内!ひつまぶしランチや食べ歩きグルメ、お土産も

2021.05.01〈Sat〉

最終更新日:2021/05/12

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/05/12

名古屋城のまさにお膝元にある「金シャチ横丁」は、名古屋ならではのおいしいもの=「名古屋めし」が集結するグルメストリートです。名古屋の名店・老舗12店が集う「義直ゾーン」と、新進気鋭の7店が立ち並ぶ「宗春ゾーン」の二つのエリアからなり、どちらも入場料はかからず利用できます。

観光や出張で「せっかく名古屋に来たのだから、おいしい名古屋めしを満喫したい!」という人から、「実は普段、ひつまぶしや味噌カツなどをあまり食べたことがない…」という地元の人まで、名古屋グルメの人気店が19店舗集い、「何を食べよう?」と見比べながら選べる「金シャチ横丁」は、ぜひ足を運んでいただきたいスポットです。

趣向を凝らした食べ歩きグルメや、お土産も充実。今回は、各店の店主に定番メニューのほか、ぜひ味わってほしい“隠れたおすすめメニュー”も教えてもらいました!さらに、金シャチ横丁とあわせて訪れたいスポットも紹介。どこよりも新しく詳しい「金シャチ横丁の楽しみ方」を、ぜひご覧ください!

名古屋城「金シャチ横丁」最新案内!ひつまぶしランチや食べ歩きグルメ、お土産も

個性の異なる「義直ゾーン」と「宗春ゾーン」、それぞれの魅力は?

「金シャチ横丁」へのアクセス

金シャチ横丁は、名古屋の2大中心街である名古屋駅と栄から、アクセスしやすい立地にあります。「名古屋駅」からは、地下鉄東山線で2駅の「栄駅」で名城線に乗り換え、さらに2駅先の「市役所駅」で降りればOK。7番出口の階段(下写真)を上がると、目の前に宗春ゾーンが現れます。

「金シャチ横丁」フォトスポット

車の場合は、名古屋駅から10分ほど。市営バスを利用するなら、義直ゾーンへは「名古屋城正門前」バス停が、宗春ゾーンへは「市役所」バス停が最寄りになります。

「金シャチ横丁」への行き方

「金シャチ横丁」の看板

一方、名古屋城の南側、正門近くにあるのが「義直ゾーン」です。正門前駐車場に車をとめて、名古屋城の立派な石垣や内堀を眺めながら少し歩くと、江戸時代の城下町を再現した義直ゾーンが見えてきます。

義直とは、初代尾張藩藩主の徳川義直のこと。父、家康の教えを守り、実直に藩を治め、名古屋発展の基盤を作り上げた義直にあやかって、こちらのゾーンには、名古屋を代表する名店や老舗が軒を連ねます。

「金シャチ横丁」の入口

「金シャチ横丁」の外観

東門の前に広がる「宗春ゾーン」の宗春とは、7代藩主・徳川宗春のことです。派手好きで、経済を刺激する政策を次々と打ち出し、名古屋を繁栄に導いた破天荒なお殿様として知られる宗春にちなんで、こちらには名古屋の食文化に新風を巻き起こす、個性あふれる7店舗が集結しています。

宗春ゾーンについては後半で詳しく紹介するとして、まずは義直ゾーンから見ていきましょう!

▼「義直ゾーン」案内図
金シャチ横丁「義直ゾーン」案内図

▼「宗春ゾーン」案内図
金シャチ横丁「宗春ゾーン」案内図

義直ゾーンで名古屋めしを堪能! ひつまぶしに味噌カツ、名古屋コーチンも

「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」の外観

ひつまぶし名古屋備長

最初に訪れたのは、「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」です。お店に入るときに注目してほしいのが、入り口に向かって左手にあるガラス張りの大きな窓。実はここから、職人さんが手際良くうなぎを焼く様子が見学できます(ガラスは、備長炭によって熱くなっているので、触れないようにご注意を)。

「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」のうなぎ焼き場

「ひつまぶし名古屋備長」では、注文を受けてから、一尾一尾、うなぎを焼いています。その焼き方は、「地焼き」という関東では珍しい方法を採用。地焼きには蒸しの工程がなく、備長炭の高温・遠火で生の状態から焼き上げることで、外側の皮はパリっとしながら、中の身はふんわりとやわらかく、旨みが詰まった状態に仕上がるのです。

「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」のうなぎタレ

焼き上げたうなぎを、丸ごとどっぷりと浸けて仕上げるタレは、古くから醸造文化が盛んな地元愛知の「たまり醤油」や「みりん」を使ったタレを注ぎ足し、注ぎ足ししてきたもの。タレに沈めたあと、再度炭火で炙ることで、香ばしさとツヤが高まるそうです。

「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」のひつまぶし

「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」の「上ひつまぶし」

定番は、「ひつまぶし」(3740円/上写真)や「上ひつまぶし」(4675円)など。金シャチ横丁店限定の「金シャチひつまぶし」(7260円/下写真)は、1尾半のうなぎとごはんをミルフィーユ状に重ね、最後に金箔をあしらった贅沢な一品。観光で訪れた方はもちろん、地元の方にも人気だと、スタッフの近藤さんが教えてくれました。

「ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店」の内観

店内の壁には、1膳目はそのままうなぎの味を楽しみ、2膳目は薬味を加えて、3膳目はだしをかけてお茶漬けにして味わうという、「ひつまぶしのおいしい食べ方」も紹介されています。ぜひ、名古屋で長く愛されるひつまぶしを堪能してください!

ひつまぶし名古屋備長 金シャチ横丁店(義直ゾーン)

営業時間
平日/10:30~17:30(LOは16:00)
土日祝/10:30~15:30(LOは15:00)、16:30~19:00(LOは18:30)
定休日
月曜
カード・電子マネー

問い合わせ
052-223-5777

鳥開総本家

「鳥開総本家」の内観

次に訪れたのは、隣にある「鳥開総本家」です。「名古屋コーチン」という地鶏の名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。日本三大地鶏に数えられ、卵をよく産み、肉質は歯ごたえがあって、コクのある旨みが特徴。

名古屋駅西口で焼き鳥店として創業した鳥開は、名古屋コーチンをはじめ、地元のいい食材を広めていきたいと、地産地消を大切にしながら鶏料理専門店を営んでいます。

「鳥開総本家」の名古屋コーチン親子丼

代表的なメニューは、「全国丼グランプリ」で5年連続金賞を受賞した「名古屋コーチン親子丼」(1500円/上写真)と、「日本唐揚協会からあげグランプリ」手羽先部門で3年連続最高金賞を獲得した「名古屋コーチン手羽先唐揚げ(5本)」(1250円)です。

店長の菊川さんにおいしさの秘密をうかがったところ、「名古屋コーチン親子丼」には、三つ葉や玉ねぎなどの食材はあえて加えず、まさに名古屋コーチンの上質なモモ肉と濃厚な卵のみで作っているそうです。

シンプルだからこそ、素材の鮮度や質、卵をとじる火加減やタイミングが重要とのこと。中でも玉子は、ふんわりととじた上に、濃厚な卵黄をプラスすることで、よりコクが感じられる一杯になっています。

「鳥開総本家」の名古屋コーチン手羽先唐揚げ

一方、「名古屋コーチン手羽先唐揚げ」は、赤ワインと醤油をベースにした秘伝のタレの上に、スパイスを配合したオリジナルの塩を振りかけています。名古屋めしと言うと、“濃い味”を想像される人も多いかもしれませんが、鳥開総本家の手羽先はコクがあってジューシーでありながら、食べやすいのが特徴です。

このほか、「専門店のだし巻き玉子」(600円)や「名古屋コーチン玉子の濃厚プリン」(460円)も、ぜひ味わってみたいメニューです。

鳥開総本家(義直ゾーン)

営業時間
平日/10:30~17:30(LOは17:00)
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-218-2422

矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の内観

続いて、1947年創業の味噌カツの老舗「矢場とん」を紹介しましょう。「味噌カツ」というと、特に県外の方は「くどそう…」と思われるかもしれません。けれど、「矢場とんの『みそかつ』はくどくなく、ペロリと食べられるのがウリなんです」と店長の山下さんは話します。

ポイントは、「秘伝のタレ」と「上質な豚肉」、「揚げ方」の3つのバランスにあります。まずは、秘伝のタレですが、サラサラしているのが特徴。だから、トンカツにたっぷりかけても、さっぱりと食べられます。それでありながら、一年半熟成した豆味噌をベースに、豚のスジ肉をじっくり煮込むことで、コクと旨みの濃いタレに仕上がっています。

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」のわらじとんかつ御膳
「わらじとんかつ御膳」(2000円・単品1400円)

次に豚肉は、鹿児島や宮崎といった南九州のなるべくストレスのない環境で育った、良質なものを厳選しています。さらに、焼酎の搾りカスなどのエサにもこだわることで、甘みのあるやわらかい肉質に。「その証拠に、矢場とんではハンマーで肉を一切叩くことなく、そのまま使用しています」と山下さん。

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」のカツを揚げるシーン

最後に、揚げ方ですが、今回は特別に、揚げる様子を見学させてもらいました。パン粉は「ふんわり&カリッ」と仕上がるよう、2種類をブレンド。油も、植物性サラダ油にラードを合わせることで、胃もたれすることのない油切れを実現しています。

もちろん、揚げる長さやタイミングも重要。山下さんは衣の色だけでなく、揚げるときに出る泡やその音の変化にも注目し、最適なタイミングを見極めているそうです。

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の極上リブ鉄板とんかつ

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の極上リブ鉄板とんかつ

この日は、人気メニューの一つである「極上リブ鉄板とんかつ」(単品1500円)を味わいました。名古屋めしらしいアツアツの鉄板の上に、一面のキャベツと厚い豚肉がのり、目の前でたっぷりの味噌ダレをかけてくれます。

熱されて甘みを増したキャベツと、旨みの濃いリブロースが合わさって、一皿ペロリと完食してしまいました。

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の黄金みそかつ御膳

このほか「わらじとんかつ御膳」(2000円・単品1400円)や、金箔がまぶされた「黄金みそかつ御膳」(3100円・単品2500円/上写真)も人気だそうです。

矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店(義直ゾーン)

営業時間
平日10:30~17:30(LOは17:00)
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-231-8810

義直ゾーンで味わいたい! スイーツ&食べ歩きグルメ

「那古野茶屋」の外観

那古野茶屋

名古屋めしを味わったあとは、甘いものやテイクアウトグルメを楽しみましょう。「那古野茶屋」では、だんごやわらび餅、あんみつアイス、抹茶パフェ、かき氷(季節限定)などの甘味が堪能できます。

こちらを営むのは、1634年に名古屋城から南にのびる本町通りに開業した「両口屋是清」。二代目のころから尾張藩の御用菓子も務め、定期的にお城に通い、希望を形にした和菓子を届けてきたそうです。

そうした長年にわたり培ってきた技術や素材を選ぶ目を生かしながら、那古野茶屋では、名古屋城を散策したあとに気軽に楽しめるような、遊び心あふれる甘味を届けています。

「那古野茶屋」の金シャチ横丁だんご

「那古野茶屋」の金シャチ横丁だんご

例えば、「金シャチ横丁だんご」(850円)は、網の上であぶりこげ目がついたら、みたらしか醤油ダレをつけて味わいます。そうしたひと手間が楽しく、子どもからお年寄りまで、あらゆる世代に人気だそうです。

素材は国産のものを使い、米粉と餅粉の配合も何通りも試して作っているだんごはモッチモチで、みたらしと醤油、どちらのタレにもよく合います。

「那古野茶屋」の金シャチ横丁わらび餅

わらび粉で作る「金シャチ横丁わらび餅」(750円)は、味付けを「きなこ」と「抹茶」から選べます。

「抹茶には、香りと苦味を楽しんでいただけるよう、あえて甘みは加えていません。また、蜜も黒蜜ではなく、より優しい甘さの和三盆糖で作り、抹茶の味わいが引き立つよう心がけています」と、担当の中嶋さんは教えてくれました。

「那古野茶屋」の内観

名古屋城の内堀に面する大きな窓からは、桜や新緑、紅葉など四季折々の景色が楽しめます。木々の葉が落ちる冬は、この窓から天守閣も眺められるそうですよ!

「那古野茶屋」の内装

明治25年より使われてきたシャチホコの木型が店内に。これをもとに、ミニチュアサイズの御干菓子を新たに作ったそうです。

那古野茶屋(義直ゾーン)

営業時間
平日10:30~17:30(LOは17:00)
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-212-7237

名古屋とうふ 河口

「名古屋とうふ 河口」の内観

次に紹介する食べ歩きグルメは、昭和9年に名古屋市中区で創業した「名古屋とうふ 河口」で味わえる、豆腐一丁を丸々使った「金箔豆腐ソフト」(900円)と、愛知県産大豆「フクユタカ」で作った豆腐を使用した「田楽(3本)」(500円)です。

「名古屋とうふ 河口」の金箔豆腐ソフト

「名古屋とうふ 河口」の金箔豆腐ソフト

「名古屋とうふ 河口」では、創業以来素材にこだわり、大豆はフクユタカをはじめ、国内産を使用。にがりも自然海塩にがりを選び、水もクセのない地元の井戸水を使ってきました。

「金箔豆腐ソフト」は、豪華な見た目のインパクトとは真逆で、豆腐を使ったクリームはさっぱりとした優しい味わいです。

「名古屋とうふ 河口」の田楽

田楽は、大豆の濃厚な旨みギュッとつまった豆腐と、味噌の風味がマッチしていて、あっという間に3本平らげてしまいました!

「名古屋とうふ 河口」の豆腐

店内では、豆腐自体も販売。ソフトクリームや田楽に使用している豆腐も、お土産に買って帰ることができます。

名古屋とうふ 河口(義直ゾーン)

営業時間
平日10:30~17:30(LOは17:00)
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード

問い合わせ
052-231-8810

食べ歩きグルメいろいろ

ここまで紹介してきた各店でも、食べ歩きグルメを提供しています。「鳥開総本家」では、「濃厚たまごソフトクリーム」や「国産若鳥ももの唐揚げ(5個)」(730円)などがテイクアウトできます。

「鳥開総本家」の濃厚たまごソフトクリーム

「濃厚たまごソフトクリーム」は、クリームに卵黄を混ぜることで、カスタードのような濃厚な味わいに。色自体もほのかな黄色で、卵黄のコクが感じられます。

「鳥開総本家」の国産若鳥ももの唐揚げ

「国産若鳥ももの唐揚げ」は、「第6回からあげグランプリ®」中日本しょうゆダレ部門で最高金賞に輝いた一品。一つ一つが大きくジューシーで、生姜とニンニクが効いて、ご飯がほしくなる味わいです。手土産に最適な箱(写真)のほか、食べ歩き用のカップに入れてもらうこともできます。

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」の串かつ(5本)

「矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店」では、味噌カツの元祖とも言える「串かつ(5本)」(800円)がテイクアウトできます。

名古屋では、どて煮を出す屋台で、味噌にお客さんが串かつをつけて食べたところから、味噌カツが生まれたと言われています。矢場とんも、そんなどて煮や串かつを出すお店から創業したそうです。テイクアウトの串かつにも、南九州産の豚肉を使用。秘伝のタレとからしが付いてくるのもうれしいですね!

宗春ゾーンで、最新名古屋グルメを味わい尽くそう!

義直ゾーンをあとにして、次は宗春ゾーンへ。義直ゾーンの奥にある「名古屋城BBQパーク」の横を抜け、二之丸大手二之門をくぐり少し進むと、愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)が見えてきます。体育館を右手に見ながら進み、東門の脇を抜ければ、宗春ゾーンに到着。歩いて7分ほどの距離です。下の看板は、宗春ゾーンから義直ゾーンへの行き方を描いたものですが、参考にご覧ください。

▼義直ゾーンから宗春ゾーンへのアクセス
義直ゾーンから宗春ゾーンへのアクセス

あんかけ太郎

「あんかけ太郎」の外観

宗春ゾーンに移動して、最初に訪れたのは、名古屋市中区に「あんかけスパ」の店を3店舗営み、金シャチ横丁で4店舗目となる「あんかけ太郎」です。

あんかけスパは、名古屋めしの中でも一風変わったB級グルメというイメージをお持ちの人も多いかもしれません。私もその一人だったのですが、今回、店長の菊間さんの話を聞いて、実は野菜をたっぷり使ったヘルシーな料理なんだと、イメージががらりと変わりました。

「あんかけ太郎」のミラカン
「ミラカン」(スモール・目玉焼きトッピング/900円)

あんかけスパの特徴の一つであるソースは、まるでカレーのルーのように、大量の野菜を煮込んで作られています。まずは、玉ねぎとニンジン、少量のニンニクをしっかり炒め、そこにすりつぶした男爵ポテトとトマトソースを加え、じっくり煮込みます。さらに牛ミンチを加えて煮込み、3日間ほどかけて作り上げるそうです。

「あんかけ太郎」の内観

中でも、あんかけ太郎のソースは、大量の野菜をしっかり煮込むことでコクがあるのがポイント。子どもからお年寄りまで誰もが食べやすいよう胡椒辛さは抑え、マイルドな味に仕上げています。

サイズは、スモール(250g)からメガ(1000g)まで7種類から選べ、ミートベース、野菜ベース、エッグベース、フライベースなど種類も豊富。トッピングも選べるので、何度訪れても異なる味わいが楽しめます!

「あんかけ太郎」のイタリアン

定番は「ミラカン」(スモール830円)や、アツアツの鉄板で出される「イタリアン」(スモール920円/上写真)などですが、それと並ぶほど人気で、リピーターも多いという「台湾スパ」(スモール830円 ※下記写真はレギュラー930円)を、今回は味わいました。

「あんかけ太郎」の台湾スパ

台湾スパの特徴は、一味唐辛子と輪切り唐辛子で炒め、さらに豆板醤を加えてピリ辛に仕上げたミンチ肉。その味わいは、マイルドなソースやもちもちの太麺と相性抜群です。

「あんかけ太郎」の内観

2021年の夏には、「名駅地下街サンロード」にも新店舗がオープン予定とのこと。名古屋ならではの「あんかけスパ」に惚れ込んだオーナーが、そのおいしさを多くの人に知ってほしいと営むあんかけ太郎に、ぜひ立ち寄ってみてください!

あんかけ太郎(宗春ゾーン)

営業時間
平日/11:00~15:30 17:30〜20:00
土日祝/11:00〜18:00
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-212-5554

SHIROMACHI GRILL(城町グリル)

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」の内観

次に訪れたのは、2021年3月16日にリニューアルしたばかりの「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」です。こちらでは、オリジナルのスパイスカレーと本格的なカフェメニューが楽しめます。

大切にしているのは、「スパイスカレーが好きな人はもちろん、初心者の方も食べやすい、本格スパイスカレーを届けることです」と教えてくれたのは、店長の田中さん。

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」のバターチキンカレー

そんなお店のコンセプトを代表する一品が、「店仕込み自慢のバターチキンカレー」(1000円)です。バターとチキン、トマト、しめじをじっくりと煮込み、コクのあるマイルドな味わいに。アクセントにパクチーが添えられています。

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」のB・V・Gカレー

「B・V・Gカレー」(1100円)も人気メニューの一つ。B・V・Gとは、ベーコン・ベジタブル・グリーンの略。グリーンカレーというと辛いイメージがありますが、こちらのグリーンのルーは、ほうれん草のペーストをベースにしています。そのため、とってもマイルドで食べやすいのが魅力。野菜たっぷりで、体に優しいのもうれしいポイントです!

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」の焼き窯

ちなみに、ナンは店内の窯から焼き立てを提供。カレーメニューを注文すると、ナンかご飯が選べ、どちらも食べ放題となっています。さらに、サラダとソフトドリンク(店内では飲み放題)が付いて、かなりおトク!

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」のSHIROMACHI MEAL SET

もう一品、代表的なメニューが「SHIROMACHI MEAL SET」(1600円)です。全6種類あるスパイスカレーの中から、好きなカレーを2種類セレクト。そこに、手作りしているタンドリーチキンと、本日のアジアン総菜、インドの薄焼き煎餅のパパド、ご飯orナン、サラダ、ヨーグルトが付きます。

この日は、エビ2匹とあさり、イカを赤ワインビネガーで煮込みさっぱりと仕上げた「シーフードビンダルカレー」と、ひき肉を半日かけて煮込み旨みを凝縮した「キーマカレー」をチョイスしました。

「スパイスカレーから窯焼きのナン、タンドリーチキンまで、すべて店内で手作りしているからこそ、誰もが食べやすいマイルドな味わいが実現できます」と店長の田中さん。ぜひ、おいしいスパイスカレーを堪能してください!

「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)」の外観

SHIROMACHI GRILL(城町グリル)(宗春ゾーン)

営業時間
11:00~21:00(LOは20:00)
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-212-8448

cafe diner POP OVER(カフェダイナー ポップオーバー)

「cafe diner POP OVER(カフェダイナー ポップオーバー)」の外観

続いておじゃましたのは、自家製パンの「ポップオーバー」と氷温熟成のステーキをはじめとした肉料理が自慢の「cafe diner POP OVER」です。この日は、新緑に包まれたテラス席(上写真)を選びました。

「ポップオーバー」とは、「弾けて飛び出す」という意味が由来のパンで、シュー生地のように中は空洞になっていて、外側がサクサク、中身はしっとりモチモチの食感が楽しめます。野菜やハム、チーズなどを合わせれば食事メニューとして、フルーツやアイスを合わせればスイーツとして、いろんな味わい方ができるのが魅力です。

「cafe diner POP OVER(カフェダイナー ポップオーバー)」のポップオーバーケーキ

注文したのは、5月末まで(予定)の季節限定で提供されている「たっぷりいちごと【練乳】のポップオーバーケーキ」(980円)。

自家製のポップオーバー生地は、外はサクサク、中はもっちりとしていて、見た目よりも軽くパクパクと食べられます。甘酸っぱいイチゴが驚くほどたくさん使われていて、優しい甘さの練乳とよく合います。

「cafe diner POP OVER(カフェダイナー ポップオーバー)」の金シャチ パフェ デ ゴザール

もう一つ、写真映えする見た目にひかれたのが、「金シャチ パフェ デ ゴザール」(1210円)です。

忍者をモチーフにしたかわいい大福の頭巾は牛皮で、シャチホコや手裏剣はクッキーで手作り!グラスの中には、イチゴや生クリーム、イチゴのジェラート、パンナコッタなどがたっぷり詰まっています。

「cafe diner POP OVER(カフェダイナー ポップオーバー)」の忍者アイス

テイクアウトでも楽しめる、ミニサイズの「忍者アイス」(540円)もあります。取材時は、春限定で桜の花びらがあしらわれていましたが、通常はピンクの手裏剣が添えられるそうです。頭巾の中には、たっぷりのバニラアイスが詰まっていて、刀はポッキーで作られています。

cafe diner POP OVER(カフェダイナー ポップオーバー)(宗春ゾーン)

営業時間
9:30~17:00
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-212-5560

名古屋や東海エリアのお土産も豊富にラインナップ

「えびせんべいの里」の外観

えびせんべいの里

最後に、名古屋や愛知の魅力が詰まった「お土産」をゲットしたいと、もう一度、義直ゾーンへ。知多半島・美浜町に本店や工場を構え、「中部国際空港 セントレア」や、伊勢湾岸自動車道の「刈谷ハイウェイオアシス」などにも出店する「えびせんべいの里」におじゃましました。

「えびせんべいの里」の内観

「えびせんべいの里」では、1gでも多くのエビが入ったおいしいせんべいを作るために、社長自らが直接出向いて買い付けを行っています。良いエビがあれば、時には海外にまで出かけることもあるそうです。

「えびせんべいの里 金シャチ横丁店」には、常時30種類ほどのせんべいが山積みで販売されています。その中から、店長の加藤さんに人気のせんべい6種類を教えてもらいました。

「えびせんべいの里」のはません えびうす焼
「はません えびうす焼」(個包装タイプ、通常タイプともに540円)

「うす焼」の名で親しまれる、えびせんべいの里の看板商品。すり身にしたエビを練り込み、うすく焼き上げたせんべいは風味が豊かで、パリパリとした食感もクセになります。

「はません えびうす焼」のえびせんいろいろ
「えびせんいろいろ」(右/540円)、「小袋ミックス」(左/648円)

いろんな種類を一度に味わえることで人気の2種類。「えびせんいろいろ」には約10種類のせんべいが入ってボリューム満点! 「小袋ミックス」は、約8種類のせんべいが食べきりサイズに小分けされているので、お客さんに出す際にも便利です。

「はません えびうす焼」のチーズサンドと多幸・たこの唐揚げ
「チーズサンド」(手前/540円)、「多幸・たこの唐揚げ」(1080円/奥)

「チーズサンド」は、えびせんべいの香ばしさとチーズがよく合う一品。こちらは、1枚ずつ個包装されています。「多幸・たこの唐揚げ」は、イイダコを丸ごとプレスして焼いたあと、フライにしています。ボリュームもあって人気の商品だそうです。

えびせんべいの里と言えば、店頭での試食も名物ですが、現在(2021年4月時点)は休止中とのこと。ただし、美浜本店と静岡県の御殿場店では、感染防止対策をして試食を再開しているそうです。新型コロナウィルスの状況が落ち着いたら、他の店舗も再開を予定しているそうです。

えびせんべいの里(義直ゾーン)

営業時間
10:30~17:30
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-212-5188

なごみゃ

「なごみゃ」の外観

最後に訪れたのは、名古屋や東海地区にゆかりのあるアイテムや、金シャチ横丁のオリジナル商品、地元の伝統工芸品など、さまざまなお土産がそろう「なごみゃ」です。こちらでは、スタッフの柴田さんに、人気のお土産を教えてもらいました。

「なごみゃ」の金鯱ラスク
「金鯱ラスク」(972円)

名古屋の喫茶店でモーニングに出されるパンをはじめ、ホテルやレストランなどにも長年パンを届けてきた「本間製パン」が手がける商品。サクサクのラスクのうえに小倉粒を乗せ、喫茶店の「小倉トースト」を再現しています。「なごみゃ」のスタッフの皆さんも大好きな一品だそうです。

「なごみゃ」の小倉バター
「小倉バター」(594円)

焼き立てのトーストに塗るだけで、名古屋の喫茶店名物「小倉トースト」が自宅で再現できます。愛知県内の会社が手がけています。

「なごみゃ」のオリジナルあぶらとり紙
「オリジナルあぶらとり紙」(15枚入り・275円)

金シャチ横丁限定、金箔入りのあぶらとり紙。黄金色に輝くなかに、名古屋城の天守閣がデザインされています。15枚で275円という手頃な価格も、人気のポイント。

「なごみゃ」のなごみゃオリジナル枡(クッキー入り・アーモンド入り)
「なごみゃオリジナル枡(クッキー入り・アーモンド入り)」(594円)

金鯱や金シャチ横丁のロゴが焼印されたオリジナルの枡に、地元の百貨店に店を構える洋菓子店が作るクッキーなどを詰め込んだ、ここだけでしか入手できないアイテム。

「なごみゃ」ののり子さんシリーズ
「のり子さんシリーズ」

名古屋の老舗海苔問屋が開発した「のり子さんシリーズ」は、新たな名古屋土産として人気に。味付け海苔やふりかけなど、全種類がそろうのは「なごみゃ」だけとのこと。

「なごみゃ」の内観

なごみゃ(義直ゾーン)

営業時間
10:30~17:30
定休日
無休(名古屋城に準ずる)
カード・電子マネー

問い合わせ
052-212-8164

名古屋城BBQパーク

2021年3月19日(金)より、義直ゾーン広場には、期間限定で手軽にキャンプ体験ができるビアガーデン「名古屋城BBQパーク」がオープンしています。おしゃれでかわいいテントで、手ぶらでデイキャンプのようなBBQが楽しめ、しかも飲み放題・食べ放題! 詳しくは、以前に「日刊ケリー」で紹介した記事をご覧ください。

▼詳しくはこちら

金シャチ横丁と合わせて訪れたい、期間限定の特別展

「名古屋城金シャチ特別展覧」の様子

金シャチ横丁の取材を終えた後、もう一箇所、ぜひ訪れたかった場所へ。それがこちら!「名古屋城金シャチ特別展覧」です。

2021年7月11日(日)までの期間、名古屋の都心にある「栄・ミツコシマエ ヒロバス」では、名古屋城から地上に降り立った、本物の金シャチを間近に目にし、直接触れることができます。

「名古屋城金シャチ特別展覧」の様子

「名古屋城金シャチ特別展覧」の様子

城外で長期間にわたる金シャチの展示は、なんと約150年ぶりとのこと。この機会に、金シャチ横丁とあわせて、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? チケットは事前購入が可能。詳細は下記の公式サイトでご確認ください。

名古屋城金シャチ特別展覧

場所
栄・ミツコシマエ ヒロバス
期間
2021年4月10日(土)〜7月11日(日)
時間
10:00〜20:00(最終入場は閉場30分前まで)
入場料
500円(小学生以上)
公式サイト
https://kinshachi2021.jp

金シャチのいない名古屋城が見られるのも今だけ!

金シャチのいない名古屋城

こちらの写真は、現在建て替え中の「ホテルナゴヤキャッスル」の方角から撮影した天守閣。屋根の上に見慣れた金シャチがないと、やはり違和感がありますね。観覧料500円を支払って城内に入れば、より近くで天守閣が見られます(内部の見学は休止中)。この今しかない機会に、金シャチ横丁とあわせて名古屋城や本丸御殿へ、ぜひ訪れてみてください!

各ゾーンの駐車場と、利用方法を紹介

駐車場は、金シャチ横丁専用の駐車場はなく、名古屋城の「正門前駐車場」(8:45〜21:30)と「二の丸東駐車場」(8:30〜22:30)を利用します。上の案内図にもありますが、義直ゾーンに近いのが「正門前駐車場」、宗春ゾーンに近いのは「二の丸東駐車場」です。

普通車の駐車料金は、30分以内ごとに180円。支払いは現金のみで、クレジットカードや電子マネーは利用できないのでご注意を!

「金シャチ横丁」の正門前駐車場
「正門前駐車場」(8:45〜21:30)  

「金シャチ横丁」の二の丸東駐車場
「二の丸東駐車場」(8:30〜22:30)  

金シャチ横丁

場所
義直ゾーン/名古屋市中区三の丸1-2-3〜5
宗春ゾーン/名古屋市中区二の丸1-2〜3
営業時間
義直ゾーン/10:30〜名古屋城閉門30分後まで(※閉門時間は季節により異なる)
宗春ゾーン/平日11:00〜22:00、土・日曜、祝日10:30〜22:00
定休日
無休(名古屋城に準ずる)※店舗により異なる
駐車場
義直ゾーン/正門前駐車場(8:45〜21:30)
宗春ゾーン/二の丸東駐車場(8:30〜22:30)
入場料
散策自由
カード
※店舗により異なる
電子マネー
※店舗により異なる
問い合わせ
052-951-0788(運営会社:日本プロパティマネジメント株式会社 ※受付時間10:00〜17:00 、土・日曜、祝日を除く)
公式サイト
https://kinshachi-y.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/kinshachi_yokocho/


※掲載内容は2021年4月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line