絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カレー

2021.5.12wed

南インドカレーが味わえる「タネヲマク」がオープン【岐阜・多治見】

「多治見駅」から徒歩で約15分、バスで5分ほど。陶器屋や飲食店が集まる「オリベストリート」に新しい店が仲間入りしました。

2021年3月、瑞浪市から移転オープンした「タネヲマク」は、珍しい南インドカレーの店。

瑞浪市から移転し、改装した新店舗で再スタート

数種類のカレーやおかず、ご飯を一皿に盛り付けた、現地流の定食プレート“ミールス”を提供しています。

元々は瑞浪市でカフェを始めた、店主の増田さん。提供しやすいカレーをランチにしようと、かつてインドを訪れた際に食べた味を独学で模索しました。

「インドの食堂に入ったとき、色々なカレーやおかずをドバーっとどんどんプレートに盛られて。混ざり合って何を食べてるのか分からなかったんですが(笑)、それがとてもおいしかったんです。」

帰国後、カフェで提供し始めた南インドカレーは当時珍しかったこともあり、県外からのファンも店を訪れるように。この度、名古屋からのアクセスも良い多治見市で、再出発を決めました。

広々とした店内はセルフサービスで

前店からかなり広くなった店内は、新しくオープンしたとは思えないほど、温かみのある落ち着く空間。
奥にカウンターがあり、そこでメニューを注文します。

最初に会計を済ませるセルフサービスや、カウンター上のボックスなど、店内はインドのフードコートを意識したんだとか。

飾られている雑貨やインテリア、カトラリーも素敵で、隅々まで見入ってしまいます。店内には、雑貨の販売コーナーも。

店は、最初からすべて図面を引いて一気に工事するのではなく、「ここはどうしよう?」と大工さんと相談しながら、少しずつ作り上げていったそう。看板など、増田さんが手作りした箇所もあります。

南インドカレーのミールスをいただきます!

ランチは「VEG MEALS(ベジミールス)」(1000円)の一つのみ。そこに日替わりの「NON VEG TOPPING」(300円、この日は「フィッシュマサラ」)や、移転前から出しているという「ミニチャイ」(200円)などを、好みに合わせて注文します。

南インドのカレーを忠実に再現しつつも、「毎日でも食べたくなるやさしい味」を意識。カレーやおかずは小分けのカップに入れ、初心者にも食べやすいよう工夫されています。

甘い・辛い・酸っぱい・苦いなど、様々な味わいが一皿に盛り込まれていて、食べ応え満点。この日の内容は、写真右下から左回りに以下のようなメニューでした。

●トーレン
キャベツのココナッツ炒め
●フィッシュマサラ
日替わりのノンベジトッピング
●サンバル
日本の味噌汁的な、野菜のカレー
●ラッサム
“ジュース”という意味。シャバシャバしていて酸っぱい
●ヨーグルト
食後のデザートにすっきりと
●ダル
ご飯の上にかかっている、豆のカレー
●パパド
パリパリの豆のせんべい
●レモンのピクルス
衝撃の味!実際に食べて、確かめてみてください。

手間暇かかった一つひとつのおかずは、それぞれを味わった後、ぜひ混ぜながら食べてみてくださいね。

「岐阜の旅ガイド」でも掲載中!
https://www.kankou-gifu.jp/

南インドカレーが味わえる「タネヲマク」がオープン【岐阜・多治見】

店名
タネヲマク
営業時間
11:30~16:00(LOは15:00)
定休日
不定休(公式SNSを要確認)
場所
岐阜県多治見市小路町3
駐車場
なし
カード使用
カード・電子マネー不可
平均予算
1000
Instagram
https://www.instagram.com/tanecurry/?hl=ja

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

南インドカレーが味わえる「タネヲマク」がオープン【岐阜・多治見】

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Moeko Mizuno
  4. 南インドカレーが味わえる「タネヲマク」がオープン【岐阜・多治見】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。