絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

初夏におすすめ!星野リゾートの人気ホテル4選。家族やカップル旅行にもぴったりな宿を厳選
#おでかけ

2021.5.15sat

初夏におすすめ!星野リゾートの人気ホテル4選。家族やカップル旅行にもぴったりな宿を厳選

全国各地でさまざまな楽しみ方ができる、ハイクオリティな憧れのお宿「星野リゾート」。今回は、家族やカップル旅行にもぴったりな「リゾナーレ」ブランドから初夏におすすめしたい宿をご紹介します。大自然をおしゃれに楽しめる、夏のプランは要チェック!

初夏におすすめ!星野リゾートの人気ホテル4選。家族やカップル旅行にもぴったりな宿を厳選

リゾナーレ八ヶ岳[山梨・北杜市]

「リゾナーレ八ヶ岳」は、標高960mに位置する広大なリゾートです。世界的な建築家「マリオ・ベリーニ」によって築かれたスタイリッシュなお部屋には、ワインをイメージするボルドーカラーで八ヶ岳が描かれています。

「リゾナーレ八ヶ岳」は、この土地のワインと食事のマリアージュやワイナリー巡りなど、大人が楽しめるプランが豊富なのが魅力。この土地にこだわったワインがそろう「八ヶ岳ワインハウス」もあります。

夏は「八ヶ岳マルシェ2021」も開催!

マルシェで買って、その場でパクッ!ひとり用BBQ台で青空レストラン
昼と夜の寒暖差が大きくて晴天率が高い八ヶ岳エリアは、野菜や果物が育ちやすいエリア。そんな自然環境を生かして育った、おいしい野菜や果物が並ぶマルシェが、メインストリート「ピーマン通り」で開催されます。今年で12年目となり、2021年はさらにパワーアップ!野菜や果物で、通りがより一層カラフルに彩られます。

マルシェで購入した野菜は、グリルして食べることができ、お昼の時間帯は、野菜やソーセージなどを購入してBBQも可能。

生産者と対面販売なので、おいしい食べ方などを直接聞けるのもうれしい!生産者が自信を持っておすすめする食材を、青空の下で楽しんでみてはいかがでしょうか。

八ヶ岳マルシェ2021
期間/2021年7月17日~8月31日
時間/9:00~17:00
料金/入場無料

お問い合わせ
0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
場所
山梨県北杜市小淵沢町129-1
営業時間
IN15:00/OUT12:00
料金
大人1泊2万4000円~(2名1室利用時の朝食付き、1名分料金)
公式サイト
https://risonare.com/yatsugatake/

▼「リゾナーレ八ヶ岳」の過去の体験レポートはこちら!

Check!

春のときめき「八ヶ岳ロゼタウン」で乾杯♪ TRIP.01 山梨|星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

春のときめき「八ヶ岳ロゼタウン」で乾杯♪ TRIP.01 山梨|星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

非日常的かつ特別感があり、新しい旅を提案してくれる「星野リゾート」は、旅好き女子の憧れ。この連載では、知的好奇心旺盛で感性豊か、そして何より「星野リゾートLOVE!」な『月刊ケリー』編集長とともに、注目施設を毎月訪れ、現地の魅力を丸ごと発信していきます。この時期ならではの滞在プログラムを、休日旅の参考にするのはもちろん、見ているだけでも、旅した気分に♪ 記念すべき連載第1回目となる今回は、「リゾナーレ八ヶ岳」のペア宿泊券が当たる(2019年5月15日応募締切)ので、要チェックです!   profile 『月刊ケリー』編集長・堀井好美 「星野リゾート」をこよなく愛し、国内外の38施設を制覇するのが夢!生粋のワイン好きでもある。   鮮やかなロゼカラーの街並みがお出迎え 自然豊かな八ヶ岳のリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」へのアクセスは、名古屋から車で約2時間半。宿泊はもちろん、日帰りでも楽しめるので、東海エリアの人たちにも人気の施設です。季節ごとに行われるイベントのファンも多く、2019年3月16日(土)~4月21日(日)は、「八ヶ岳ロゼタウン」を初開催中。ワクワクする春の到来を告げるように、ホテルのメインストリートである「ピーマン通り」は、その名のとおり、ロゼカラーの装飾で彩られた「ロゼストリート」に。華やかな景色を目の前にして、編集長も「私はプライベートと仕事含めて、10回以上訪れていますが、イベントは初めてなので、とても楽しみ!これは、SNSにアップしたくなりますね」と、期待に胸が高鳴る様子で、スマホ撮影を始めました。   ワインリゾートならでは!ロゼワインを楽しみ尽くす 「八ヶ岳ロゼタウン」イベントでは、ホテルの様々な場所でロゼワインを堪能できます。山梨・長野エリアのワインを気軽にテイスティングできる「YATSUGATAKE Wine house」では、期間限定ロゼワインを豊富にラインナップする、「ロゼワインフェア」を実施。   「山梨県と長野県は、日本有数のワインの産地。日本初の「ワインリゾート」をコンセプトとした施設だからこそ叶う、ワインにまつわる文化体験はいつも新しい発見があります。海外で流行っているロゼワイン、普段あまり飲む機会がないので、興味津々ですね」と編集長も、早速テイスティング。辛口から甘口まで、個性豊かなロゼワインを並べてみると、カラーが全然違うのも驚きます。   施設内のレストラン(一部除く)では、「BYO自由化宣言」と題して、ワインを持ち込み料無料で楽しめます。お気に入りを見つけたら、早速購入して、「BYO」にトライ。編集長は、「ダイヤモンド酒造」の「シャンテ Y・A ロサード est」に決めました。「イチゴのような甘い香りと、すっきりとした辛口のバランスが好み」。   ロゼワインと、カジュアルなビュッフェ料理のペアリング お気に入りのワインとともに、ビュッフェレストラン「YYgrill」でランチ。「ロゼワインは、ハーブとスパイスが香るアジア料理や、フレッシュな野菜、デザートまで幅広く合います」。   食後は客室で、のんびりロゼワインタイム。「ワインリゾートを象徴する、ボルドーカラーの空間が素敵ですよね。広々としたメゾネットタイプだから、プライベート感があり、ゆっくりくつろげます」。   知れば知るほど、味わい深い「ワインの学校」 毎日開催される、宿泊者限定プログラム「ワインの学校」も、「八ヶ岳ロゼタウン」イベント期間中は、ロゼワインがテーマ。「ロゼワインは、ビギナーの方でも親しみやすいワインです。醸造方法や料理との相性、温度変化による味わいの違いなどを学んでいただき、さらなる魅力を満喫してくださいね」とスタッフの佐藤裕夏さん。   ロゼ色の海を眺めて、ぬくぬくリラックス 夕方から夜にかけて、プール「イルマーレ」が、ピンク色のフロートでロゼカラーに染まり、フォトジェニックな「ロゼ色の海」に変化します。常夏のビーチで、ひんやりとしたロゼワインを楽しむ「ビーチサイドロゼ」も提供。   メインダイニング「オットセッテ」でのディナーは、特別コース「ヴィノ・エ・ヴェルドゥーラ」を。野菜を主役に組み立てられたイタリア料理のコースには、シェフの斬新な技とアイデアが光ります。一皿ごとにペアリングしたワインとともに堪能することができ、目と舌が喜ぶサプライズの連続!「野菜とワインのマリアージュは、ここでしかできない美食体験です。赤と白のワインも種類豊富で奥深く、おいしく楽しい世界に夢中」と、編集長も思わず唸ります。   お楽しみは、まだまだ続く。客室でロゼワインに浸る夜 「YATSUGATAKE Wine house」で、好みのワインを、ナッツやチーズなどのスナックと一緒に詰め込んだ客室専用のアイテム「VINO BOX」でテイクアウト。「今夜はもちろん、2種類のロゼワインを飲み比べ。華やかな香りに包まれ、幸せな気持ちで満たされました。良い夜ですね」。   いい天気の翌日、朝食後は、19店舗が並ぶ「ピーマン通り」でお土産探し。編集長がここに来たら必ず立ち寄るのが、「八ヶ岳 清里ハム」。「自家製のサラミが大好きで!一緒に来た人に勧めたり、売り切れの場合はお取り寄せしたりするほど。皆さんも、ぜひ味わってほしいです」。   2019年3月15日(金)にオープンしたカフェ「マルサマルシェ クッキングスタジオ」では、「お気軽スイーツ作り体験」(1980円)が好評。旬のフルーツを使ったパフェやタルトなどを、自分で作って、食べて、楽しめます。「友だち同士はもちろん、小さなお子さんの思い出作りにもなりますね」。   充実した旅の締め括り。ロゼワイン片手に、ロゼタウン散策 「ロゼストリート」の中央には、キッチンカーが登場しています。3種類から選べる山梨・長野県のロゼワインや、「ロゼ色わたあめ」は、心躍るロゼ色の街並みにぴったり。「気持ち良い風に吹かれ、春を感じながら味わうロゼワインは、また格別です」。   胸キュン必至!3つのいちごのプチフールとワインのセット「スイートスイーツロゼ」(1500円)を、優雅に味わうのもおすすめ。「ロゼカラーの街並みやロゼワイン、いちごのスイーツ…と、女子の“好き”が詰まった2日間に、ずっとウキウキしました!」。春満開の笑顔で、編集長の春旅は終了です。   星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳(ホシノリゾート リゾナーレヤツガタケ) 住所 山梨県北杜市小淵沢町129-1 時間 IN15:00/OUT12:00 駐車場 あり カード 可 料金 大人1泊朝食付2万3000円~(2名1室利用時の1名分料金) 問い合わせ 0570-073-055(リゾナーレ予約センター)   公式サイト https://risonare.com/yatsugatake/ 公式Facebook https://www.facebook.com/HoshinoResortsRISONAREyatsugatake/ 公式Instagram https://www.instagram.com/season_risonare/   ※掲載されている情報は、2019年4月時点のものであり、変更となる場合があります。   PRESENT 「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」の1組2名ペア宿泊券をプレゼント!   応募締切は2019年5月15日(水) ※宿泊券の有効期限は、2019年6月1日(土)~10月31日(木)までチェックイン(除外日は、7月20日(土)~8月31日(土)) ※施設までの交通費は自己負担   応募フォーム https://forms.gle/zac3pnM1wPsyqAwk7

リゾナーレ熱海[静岡・熱海市]

熱海の街と海を一望できる、丘に建つリゾート「リゾナーレ熱海」。館内に居ても海を感じられるよう、青を基調としたデザインを取り入れ、最上階には白い砂浜を敷き詰めたカフェ「ソラノビーチ Books&Cafe」も。素足でくつろげば、本物のビーチみたい!

屋外には、樹齢300年のくすのきを利用したアスレチックやツリーハウスがあり、大人もワクワクが止まらない空間になっています。

一日一組だけの特別プラン「花火女子旅」に注目!

一日一組だけの特別プラン!花火尽くしの幻想的な滞在
熱海で有名な海上花火大会。その開催日の滞在を花火一色に染めてくれる滞在ができるのが、このリゾナーレ熱海。打ち上げられた花火は空に広がり、海にもキラキラと反射します。街のイルミネーションと相まってさらに美しい景色が見られる、極上の空間です。

テラス付きの客室で、夜風を感じながらの線香花火で懐かしい気分になれます。

このプラン限定のスイーツ。青いジュレは相模湾、チョコレートは夜空、飴細工で花火を表現しています。

夜空に広がる花火を、特等席のテラスから眺められるだけでなく、花火大会をイメージしたスイーツも食べられたり、客室テラスでの線香花火体験ができたり…と、楽しみが満載です。

花火女子旅
日時/2021年7月30日~12月18日の熱海会場花火大会開催日

お問い合わせ
0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
場所
静岡県熱海市水口町2-13-1
営業時間
IN15:00/OUT12:00
料金
大人1泊2万4000円~(2名1室利用時の朝食付き、1名分料金)
公式サイト
https://risonare.com/atami/

▼「リゾナーレ熱海」の過去の体験レポートはこちら!

Check!

爽快な絶景&アクティビティを満喫♪ TRIP.03 静岡|星野リゾート リゾナーレ熱海

爽快な絶景&アクティビティを満喫♪ TRIP.03 静岡|星野リゾート リゾナーレ熱海

「星野リゾートLOVE!」な『月刊ケリー』編集長が、いま最も旬な注目施設を訪れ、現地の魅力を丸ごと発信する連載企画。第3弾は、全室オーシャンビューで、熱海の海&山が一面に広がる「リゾナーレ熱海」へ。山の立地を生かしたアクティビティや砂浜のカフェなど、ここならではの楽しみがいっぱいです。カフェで人気の「オリジナルコーヒー」のプレゼント企画(7月15日応募締め切り)もお見逃しなく!   profile 『月刊ケリー』編集長・堀井好美 「星野リゾート」をこよなく愛し、国内外の38施設を制覇するのが夢!これまで幾度も訪れている「リゾナーレ熱海」の絶景に、いつも感動。   緑と青が織り成す絶景は、最高のおもてなし! 日本有数のリゾート地・熱海は、海と山に囲まれた自然豊かな場所。ここ「リゾナーレ熱海」は山側に建ち、熱海名物の花火と、海の青を基調にデザインされています。全室オーシャンビューで、穏やかな海を行き来する船を見ていると、すっかり非日常に!2019年4月にはフロアが改装され、最大6名が宿泊できる「テラスリビングスイート」と「テラスリビングコーナー」が完成。「部屋はもちろんのこと、テラスも広々としているので、テラスでティータイムなんて素敵な過ごし方もできますよ」と編集長。暮らすような滞在に、胸がときめきます!   天候&日焼けの心配なし!大人の砂浜で、さっそくリゾート気分に この「リゾナーレ熱海」での楽しみの一つが、最上階にある「ソラノビーチ Books&Cafe」。ひんやりとした砂が、素足にとっても心地いい!ブックシェルフには、写真集や旅の本などが約600冊スタンバイ。リラックスという言葉以外が見つからない過ごし方を叶えてくれます。   この「ソラノビーチ Books&Cafe」では、9月1日(日)まで「カンカンビアガーデン」が開催中です。様々な味わいのクラフトビールと、それに合う缶詰約100種類を準備。ツナから静岡おでんまで、バラエティ豊かな缶詰が揃っています。写真は、伊豆の海洋深層水を使った、「宇佐美麦酒酒造」の〈USAMI ゴールデンエール〉と相性ぴったりな、「イベリコ豚とオリーブのオレンジソース」(株式会社いちまる)、「美味しい鱒味付け 昆布仕込」(伊藤食品株式会社)、「オイルサバディン ブラックペッパー」(有限会社かねはち)。缶詰生産が盛んな静岡ならではのものを中心に、全国からおいしい缶詰を取り寄せています。   今回のプレートを選んでくれたのは、「缶シェルジュ」の飯村恵子さん。「缶詰がたくさんありすぎて、困るほど!でも、缶シェルジュの方のおすすめがあれば、迷うこともなくて安心です」と編集長。   まろやかな肌当たりの温泉。ヒバの香りに包まれて、の~んびり 窓の外には視線を遮るものがなにもないので、湯船に浸かりながら、相模湾と熱海の街を一望できます。熱海温泉は、体が温まりやすく、冷めにくい塩化物泉。隣にはヒバの木のお風呂もあるので、香りにも癒されます。   熱海名物の花火に囲まれて、地の魚介を楽しむ 熱海の名物ともいわれる、海上花火大会。その壮大な華やかさを、レストランの空間にして表現した、和食ダイニングがユニークです。「花火に包まれて食事ができるなんて、幻想的ですね」と編集長。   夕食も、細部までこだわりたっぷり!器は相模湾を疾走する船、お盆は木彫りで波の模様を表しています。八寸が盛られた「宝楽盛り」には、海老とブロッコリーの松風、川海老から揚げ、つぶ貝の柔らか煮など、地の利を生かしたものがずらり。   牛肉と、静岡が日本一の漁獲量を誇る金目鯛を、しゃぶしゃぶに。「金目鯛は脂がのっているので、しゃぶしゃぶにすると、甘みが増しておいしい!しゃぶしゃぶのスープは、フレッシュトマトを使ったスッキリしたものや、干し椎茸のだしが効いたものなど3種類。いろいろな味わいで、満足度が高いですね」   デザートには、夏限定のラムネのゼリーを。氷の器に盛られたデザインも素敵!   樹齢300年のくすのきの上で、大人のためのバータイム★ 樹齢300年のクスノキの上にあるツリーハウスは、まるで物語の世界から飛び出したような、ロマンチックな雰囲気。日中はドリンクと焼き菓子を楽しむアクティビティ、夜は夏の間だけ、お酒を楽しむバータイムのアクティビティがあります。ランタンを持ってツリーハウスに向かった先には、ムード満点な空間がお待ちかね!   ツリーハウスでバーを満喫。お酒と一緒に、静岡で人気のビーントゥーバーのチョコレートやおつまみを。「昼間の爽快感とは違った、森の静けさと星空にうっとり。大人ならではの楽しみ方ですね」 部屋で、今日を締めくくるお楽しみ! 今日1日を振り返りながら、締めにはしっとりと線香花火。「このパチパチと弾ける音と火薬の香りが、とっても懐かしいです」と編集長。テラスには、花火専用の銅板が用意されているので、気軽に楽しめます。   色鮮やかなブッフェで、朝のパワーチャージ スタジオビュッフェ「もぐもぐ」は、ブルーの空間の中にカラフルな食材が並び、入店するだけでも気分がアップ。こちらも、海や山の幸をふんだんに使った料理が揃っています。パン系は、一つひとつが小さめサイズ。可愛いだけじゃなく、いろいろ選べるのがうれしい!   彩りが鮮やかなサラダ、あおさ入りのオムレツなど、静岡らしい食材がしっかり味わえます。「料理のジャンルも様々なので、子どもからお年寄りまでが、楽しそうに食事をされているのが印象的でした」。   朝食後は、伊豆七島がデザインされた「アクティビティラウンジ」をぶらり。高さ6.5mもの巨大なクライミングウォール「親子の北壁」は、ファミリーに大人気。   その隣「NATURE WINDOW」では、熱海に生息する海や森の生き物について展示。グラフィック要素も強く、大人も好奇心をくすぐられる内容です。「見ていると、もっともっと熱海を知りたくなる気分に…。その楽しみは、次の滞在にとっておこう♪」。と再訪を誓い、今回の旅は終了です。 料金 大人1泊朝食付2万1000円~(2名1室利用時の1名分料金)   ※掲載されている情報は、2019年6月1日時点のものであり、変更となる場合があります。   PRESENT 「星野リゾート リゾナーレ熱海」のオリジナルコーヒー豆を3名にプレゼント!   応募締切は2019年7月15日(月・祝)  

リゾナーレ那須[栃木・那須町]

「リゾナーレ那須」は、農家の営みと観光を掛け合わせた「アグリツーリズモリゾート」をコンセプトに展開する施設。滞在中のプランは、土地のおいしい野菜を食べられるのはもちろんのこと、農家の手仕事や、時期によっては収穫体験もできます。おしゃれな農業に触れられるのは、このリゾートならでは。

写真は、1階にリビング、2階にベッドルームを備えたメゾネットタイプの部屋。窓からは、田んぼや山々を一望できます。

アクティビティの拠点で、カフェも備える「POKO POKO」。円錐型は、周辺の山をイメージしています。

期間限定!おしゃれなバー空間「アグリビアガーデン」

夏の野菜やハーブを使った爽やかなドリンクで乾杯!
日が沈み、心地よい農園の風を感じる夕方から「アグリビアガーデン」がスタート。通常、昼間だけ利用できる「グリーンハウス」も、期間限定でバー空間に変身します。

ドリンクは、レッドアイやモヒート、紫蘇ジュースなど、夏の農家の食卓に登場する食材を使ったものが勢ぞろいします。写真は、夏野菜の代表・トマトのジュースをビールで割った「レッドアイ」。

天気のいい日は、田んぼの畔にできた特別空間で夕涼みを。那須の山を望む特別席やハンモックに揺られながら、満点の星空を眺めることもできる、大自然の中のアグリツーリズモリゾートならではの時間を過ごせます。

アグリビアガーデン
期間/2021年6月18日~9月30日
時間/17:00~20:00
料金/参加無料

お問い合わせ
0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
場所
栃木県那須郡那須町高久乙道下2301
営業時間
IN15:00/OUT12:00
料金
大人1泊2万4000円~(2名1室利用時の朝食付き、1名分料金)
公式サイト
https://risonare.com/nasu

リゾナーレトマム[北海道・占冠村]

約1000ヘクタールの広大な敷地の高台に立つ、オールスイートのホテル「リゾナーレトマム」。空中遊泳さながらの絶景が楽しめる「雲海テラス」は、標高1088mにあり、雲に浮かんでいるような体験ができます。

展望ジェットバスとプライベートサウナを完全完備した客室は、長期滞在にぴったり。自然を満喫するアクティビティ、スパ・トリートメント、バリエーション豊かなレストラン…と、誰と訪れても楽しく過ごせる空間です。

動物たちに癒される「巨大牧草ベッド」

ふかふかの牧草でゴロン。牧歌的風景に癒されて
広大な「ファームエリア」に、全長約30mもの牧草ベッドが登場!放牧された牛を眺めながら、夏の爽やかな風と牧草の柔らかな感触に身をゆだねれば、あまりの心地良さにうたたねしてしまいそう。

「巨大牧草ベッド」には、ゆったりくつろげるように、ブランケットやクッションも用意。動物たちのかわいらしさにときめくようなスポットやアクティビティもあります。

「羊とお昼寝ハンモック」では、本物の羊を数えながらウトウト…。

郵便局員に扮したヤギに食べられずにハガキの投函ができるかどうか。ドキドキ!

巨大牧草ベッド
期間/2021年7月1日~9月30日
時間/10:00~16:00

お問い合わせ
0167-58-1111(星野リゾート トマム 代表電話)
場所
北海道勇払郡占冠村字中トマム
営業時間
IN15:00/OUT11:00
料金
大人1泊2万1900円~(2名1室利用時の朝食付き、1名分料金)
公式サイト
https://www.snowtomamu.jp/

▼「リゾナーレトマム」の過去の体験レポートはこちら!

Check!

トマムのファーム滞在で、動物たちに癒される!TRIP.06 北海道旅~後編~|星野リゾート リゾナーレトマム

トマムのファーム滞在で、動物たちに癒される!TRIP.06 北海道旅~後編~|星野リゾート リゾナーレトマム

旅好きがリピートする、極上ステイと最高のホスピタリティが素晴らしい「星野リゾート」。『月刊ケリー』編集長が毎月、旬な施設を訪れて、現地の魅力をお届けしている連載企画です。第6弾は、前回に続き、北海道旅をご紹介。「星野リゾート リゾナーレトマム」では、北海道ならではの自然と食、愛らしい動物たちに囲まれたステイを体験します。「オリジナルミニトートバッグとベイクドチーズ生サブレ」のプレゼント企画(9月15日応募締め切り)もお見逃しなく♪ photo / Tomomi Kitagawa 関連記事もチェック>>レアな旭川情報は、「OMO7 旭川」で手に入る! TRIP.05 北海道旅~前編~|星野リゾート OMO7 旭川【PR】 profile 『月刊ケリー』編集長・堀井好美 「星野リゾート」をこよなく愛し、国内外の38施設を制覇するのが夢。夏の「リゾナーレトマム」の滞在は初めて! リゾナーレトマムで開催中の、「とうきビアガーデン」で乾杯♪ 北海道滞在2日目は、「星野リゾート リゾナーレトマム」へ。爽やかな気候で緑あふれる景色は、北海道らしさ満点です!お腹を空かせて到着すると、夏季限定イベント「とうきビアガーデン」が開催中(8月31日まで)!北海道を代表する10種類のビールと、7種類のオリジナルトッピングのとうきび(とうもろこし)が味わえるこのイベントに、さっそく参加です。北海道になじみ深い素材のチーズやサーモン、バターなどをトッピングしたとうもろこしは、甘みがうんと引き出されていておいしい!「オープンテラスで味わうと最高に幸せ!夏の日差しも心地いいですね」と編集長。 しょうゆバターやサーモンのせなど、1本で7種類の味わいが楽しめるスペシャルメニューをオーダー。とうもろこしをおつまみに、「オタルラガー」や「メロンエール」などのビールとの組み合わせを楽しめます。 羊を数えながら、ウトウト…。「羊とお昼寝ハンモック」 お腹を満たした後は、のんびりとした空気が流れる「ファームエリア」へ。牛やヤギ、羊などが放牧され、癒しの極地!木陰のハンモックに横たわれば、羊と同じ目線の景色が楽しめます。 ハンモック以外にも、牧草でできたソファに座ってくつろぐ「牧場ラウンジ」や、ハイジ気分を満喫できる、ふかふかの「牧草ベッド」など、まるで物語の世界のような過ごし方ができるのが楽しい!ふと横を見ると、かわいらしいヤギがお出迎え♪ ファームエリア内にある「Milk Stand」では、牛乳やソフトクリームのテイクアウトが可能。トマムのランドマーク「ザ・タワー」のホテル棟をイメージしたクッキーが添えられた、「トマシェイク」は、ミルクたっぷりのまろやかで濃厚な味わい。牧場ラウンジでいただきます! 鮭になった気分でステイ!?ザ・タワーで展開中の「鮭旅」がユニーク! 食べるだけでなく、客室やアクティビティでも「鮭気分」が楽しめるプランが、パワーアップして2019年9月から登場。今までも、鮭の切り身や姿をデザインした部屋の滞在はできたものの、鮭バスタオルや鮭茶漬けの朝食など、新しい“お楽しみ”が追加されました!「もこもこの泡をごはんに、浮かべたボールをいくらに見立てた、まるでいくら丼のお風呂もとてもユニークですよ」と編集長。まさに、寝ても覚めても鮭!「星野リゾート トマム」ならではの究極の滞在です! メインダイニング「OTTO SETTE TOMAMU」で、旬のコース料理を堪能 7月にオープンした「オットセッテ トマム」は、イタリア語で「美食のカレンダー」を表す「カレンダリオ・ガストロノーミコ」がコンセプト。その土地でその時においしい食材を使うことにこだわった、独創的なイタリア料理が味わえます。前菜「小さな宝物」は、宝石のように美しい彩りの料理が印象的。 「泡で包んだ毛ガニとフィノッキオの爽やかな香り」。夏に旬を迎える毛ガニは、身やミソがしっかりと詰まっています。フェンネルのピュレが爽やかに香ります。 温前菜の「茹でたてアスパラガスのミラネーゼ」。旬のみずみずしいアスパラガスは、うまみと甘みが濃厚。半熟卵とパプリカのピッツァが添えられています。 卵黄と小麦粉で手打ちした細めのパスタ「タヤリン」。夏のこの時期は、まろやかで濃厚なウニと、爽やかなトマトを合わせています。 「旬の魚介のフリットとトマトのリピエーノ」。サクッと軽いフリットは、魚介の繊細なうまみが生きています。ケッパーの効いたリピエーノ(詰め物)との相性も◎。 メインは、牛肉を昆布で包んでうまみを閉じ込めた「牛フィレ肉の昆布包み焼き」。昆布は肉のうま味を移すだけでなく、肉の余分な水分を吸収するので、肉本来の甘みが引き出されます。 デザートは、イタリアを代表するお菓子「ズッパ・イングレーゼ」。リキュールシロップをしみ込ませたスポンジの上に、カスタードのムースやポートワインのジュレ、メロンを合わせています。 食後に楽しむ、メロンとシャンパンのマリアージュ 8月31日(土)までの毎日20時から、「メロンシャンパンフェス」を開催!富良野系を中心とした赤肉系と青肉系のメロンに合う、10種類ものシャンパンが用意されています。組み合わせは自由なので、好みのマリアージュを探すのも楽しい。「青肉系はさっぱりと、赤肉系は濃厚な甘みがあるので、シャンパンとの相性もとてもわかりやすいです」と編集長。締めにはメロンを1/2個使い、自家製ソフトクリームを合わせた「メロンのシメパフェ」も魅力的。 壮大な雲海と経験のない浮遊感。「早起きしてよかった!」 ゴンドラに乗って約13分。標高1088mにある「雲海テラス」は、トマムに訪れたなら絶対に足を運びたいスポット。雲の上を歩くような感覚になる「Cloud Walk」や、ロープでできたハンモックのような展望台で浮遊感を全身で楽しむ「Cloud Pool」など、景色をより楽しむための仕掛けがいっぱい。今年、「Cloud Bar」がオープンし、6つの個性豊かな展望台が勢ぞろいしました! 絶景のお供には、「てんぼうかふぇ」で雲海をイメージしたドリンクやスイーツを。マシュマロや綿あめでできた雲がのって、とてもカワイイ! 「リゾナーレトマム」を後にして、有名なあの店へ! リゾナーレトマムをチェックアウトして、旅の余韻に浸りながら最後に有名なお土産スポットへ。バターサンドで有名な「カンパーナ六花亭」にお邪魔します。ガラス張りの店内からは十勝岳が一望でき、テラス席でお茶や食事も可能。の~んびりしたくなる気持ちを抑えて、お土産を購入! 店内には、定番に加えて季節のお菓子がずらり!「地元富良野の食材を使用した、オリジナリティにあふれる商品が魅力的ですね」と編集長。旅の思い出を購入し、北海道の絶景と動物たちに癒された旅も終了。次回はどこの「星野リゾート」へ!?次回の旅もお楽しみに! 料金 大人1泊朝食付2万3000円~(2名1室利用時の1名分料金) ※掲載されている情報は、2019年7月時点のものであり、変更となる場合があります。 PRESENT 「星野リゾート リゾナーレトマム」のオリジナルミニトートバッグとベイクドチーズ生サブレを3名にプレゼント! 応募締切は2019年9月15日(日)23:59


※掲載内容は2021年3月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

初夏におすすめ!星野リゾートの人気ホテル4選。家族やカップル旅行にもぴったりな宿を厳選

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. おでかけ
  4. 初夏におすすめ!星野リゾートの人気ホテル4選。家族やカップル旅行にもぴったりな宿を厳選

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。