絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

今作では生まれ変わること、もう一度始めることもテーマとしてあるのかと思いました。例えば「Engineered Karma」の最後の「はじめからやり直してください」のナレーションであったり、「Monkey Mind Game」の「振り出しに戻って」という歌詞だったり、全てが変わってしまったこの世界で、もう一度原点に戻ってやり直すみたいなメッセージが含まれているのかなって聴きながらハッとしたんですよ。

上野さん やっぱり人間としても物質としても、成長していく段階で破壊と再生が繰り返されているとは思っていて。心の中で今まで当たり前だと思っていたことが死んでしまって、そこからまた新しい考えを身につけることで、全く新しい世界が見えたりする体験を一旦死ぬことだとすると、言葉通りに一旦死んで生まれ変わるという表現もありつつ、心の状態も含めてそういう表現になったんだと思います。

当たり前だったことが死ぬという意味では、今作を聴いて「孤独」という言葉の捉え方が大きく変わりました。寂しい言葉だと思っていたけど、今は何処か希望の言葉にも思えてきて。

松原さん そこに気付いて何かを変えようと思う人にとっては、「孤独」であることは必要な状態なんじゃないかと思っていて。単純に感情としてあまりにも他者との壁を作りすぎたり、人に対する感謝がなくなってしまうのは良くないことだと思うんですけど、結局はひとりひとり人間として自立しているという意味での「孤独」だと、お互いを思いやれる関係になれるための言葉になるんじゃないかなって。最近はそう捉えていますね。

そういうポジティブな捉え方だからこそ、生まれる音像が孤独をテーマにしつつもネガティブじゃないのかもしれないですね。SEの導入も含め、今作は楽曲的にも様々なチャレンジもされていて。

上野さん SEは前々から挑戦したかったんですよ。それが今回のミニアルバムのコンセプトと今の自分達に出来ることが重なったのでSEをたくさん入れてみたらすごくハマったんです。

手法としてのザ・ビートルズの「Revolver」感というか、そういう雰囲気も感じました。

松原さん そういったバンドとして面白い打ち出し方をするアーティストの音源を聴いて育っているので、音楽を聴くこと自体が体験だったり、経験に変わるような要素を詰め込みたいなって。まさに「Revolver」はそういう作品でしたしね。今作でいえばSE以外にも皓平のヴォーカルの音質にもそういう部分を感じてもらえると思いますし、経験としての音楽というものを意識して作れたと思います。

すごくピンポイントになってしまいますけど、「Engineered Karma」の後半で、展開が変わる瞬間のスネアの鳴り方ひとつ取っても音楽体験だなと。あのスネアが鳴った瞬間を初めて聴いた時に気づいたらガッツポーズしていて、それって体験だし経験だなって。

岩田さん 嬉しいです。あの部分の個人的なこだわりとしては、曲の展開の中で音の雰囲気をガッツリ変えたいけど、短い曲の中で軸を通したい気持ちもあったので、同じ演奏のプレイのままマイクの音量だけ変えたんですよ。細かい拘りなんですけど、気付いてもらえて嬉しいです。

あちこちにあるその細かいこだわりを見つけるのがすごく楽しくて。「Monkey Mind Game」のBメロのベースラインとか、その後に続くアウトロのセッションを待ちきれない感じがしてニヤニヤしちゃいました。

柴田さん あははは。ありがとうございます。

後半のセッションのようなアウトロなんて興奮しっぱなしでした。まるで4人が目の前で演奏しているかのような怒涛のセッションを聴きながら、音楽が好きで仕方ないんだろうなって嬉しくなりました。

上野さん 「Monkey Mind Game」は、自分達的にも遊びに遊んだ曲なので、そう言ってもらえるのはすごく嬉しいです。今回、色んな楽曲を作るにあたって個人的に思っていたことがあるんですけど、僕らってこれまであまり大々的に批判されたことがなくて。もちろん知名度の問題もあるとは思うのですが、もっと賛否両論あってもいいなって思っているんですよ。

だから思い切って振り切ったと。

上野さん そうなんです。だから「Monkey Mind Game」はとにかく振り切りたかったし、やりたいことをやりたいように楽しんで作った曲なので、音楽好きの人からして音楽好きだと思っていただけたのであればそんな嬉しいことはないです。


次のページ…
「“助け合う”の気持ちでライブをしたい」

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【6/2発売】The Songbards、新ミニアルバム『AUGURIES』インタビュー!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. インタビュー
  4. 【6/2発売】The Songbards、新ミニアルバム『AUGURIES』インタビュー!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。