ローディング

カフェとアートを楽しめる「KONMASAビル」が有松に誕生!【名古屋】

2021.07.11〈Sun〉

最終更新日:2021/07/09

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/07/09

名古屋市緑区の“絞りの町”として知られる有松に、有松出身の現代アーティスト「KONMASA(コンマサ)」がプロデュースする、カフェとアートギャラリーを併設した「KONMASAビル」をオープン。「伝統」×「現代アート」をコンセプトとし、1階にはカフェやセレクトショップ、2階にはギャラリースペースと、全4階建てのビルでは様々なアート空間を楽しむことができます。

カフェとアートを楽しめる「KONMASAビル」が有松に誕生!【名古屋】

「禅と瞑想」をテーマに、アートを感じるカフェ

KONMASAビルの1階にあるカフェでは、陶芸作家さんの器で、「禅と瞑想」をテーマにしたカフェメニューを楽しめます。カフェには、日本画家「奥村彰一」、ファッションデザイナー「Sho Konishi」、特殊メイク・造形工房『自由廊』の造形師「岡田悠介」の作品を常設展示。富士山の麓で取れた深蒸し茶や宮崎県の有機茶葉のフレーバーティー、インドから取り寄せた5種類の紅茶といったこだわりのメニューを、オーナーが各地からセレクトした陶芸作家の器で味わうことができる特別な空間です。個室は1組限定となり、暗闇で「KONMASA」の『光る月』の作品を見ながら特上の煎茶を飲み、瞑想できる空間になっています。

様々な形のアート空間

ビルの2階はギャラリースペースになっていて、様々なアーティストの個展も随時開催。第一弾の個展は、光彫り作家「ゆるふわふう」の『秘密』。「ゆるふわふう」は、建築用の発泡断熱材(スタイロフォーム)を使った、世界初のオリジナル技法「光彫り」を考案し、注目を集める芸術家です。8月17日(火)までの開催なので、お見逃しなく。

3階には、KONMASA作品の暗闇の瞑想部屋があり、光の作品を見ながら“自己”を見つめる瞑想ができます。4階は「空(くう)」をコンセプトにした空間が広がります。

重要伝統的建造物保存地区にも指定されている、伝統ある有松の地で、新しい現代アートに触れてみてはいかがでしょうか。

KONMASA(コンマサ)
名古屋を拠点とし、活動する現代アーティスト。自身の活動理念を「修行」とし、作品制作を通し、心を「空」(くう)にすることで、自己と向き合い、色即是空の体感をしている。代表作品『光の作品』は、一枚の和紙にひたすら無数の穴を空け、書道を重ね、照らした光の角度や条件によって見え方が変化する作品になっている。

KONMASA The Art Building

場所
愛知県名古屋市緑区有松1905 KONMASAビル
営業時間
11:00~20:00
定休日
水曜
お問い合わせ
052-825-3477
公式サイト
https://www.konmasa.com/

※掲載内容は2021年6月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line