絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#居酒屋

2021.8.3tue

今池にビアバー「みゃーブリュー」が誕生!クラフトビールでチルアウト【名古屋】

地下鉄「今池駅」から北に徒歩8分の所にあるビアバー「みゃーブリュー」。天白の「Beer Barマーブル」を営むお二人がクラフトビール醸造所も建設中のお店で、ここでしか飲めないオリジナルブランドも提供しています。お店を始めた経緯や店主さんのこだわりを伺ってきました。

今池にビアバー「みゃーブリュー」が誕生!クラフトビールでチルアウト【名古屋】

好きな味を追求したクラフトビール

名古屋にはまだ数少ない、クラフトビールを提供するお店としてオープンした「みゃーブリュー」さん。2,3種類のIPAと様々なスタイルのクラフトビール をラインナップし、種類は仕入れの状況で変わるそう。壁のおしゃれなタップから、クラフトビールを注ぐ様子を見ることができます。お店には、全国でクラフトビール専門店を巡る方から、若い女性まで様々な方が訪れるそう。

こちらはMountain Riverの「Black force(ブラックフォース)」(880円)と「ソーセージ3種盛り」(950円)。豊富なダークモルトと大量のアメリカンホップをブレンドさせたアメリカンスタウトで、ビターチョコレートやエスプレッソの様なフレーバーです。苦味がありつつも飲みやすい一杯。

店名が書かれた可愛いグラスで登場した「Cokkara-コッカラ/REVO BREWING×みゃーブリュー/Juicy IPA 6.3%」(880円)。苦いイメージの強いIPAですが、苦味は控えめに、ピーチやオレンジっぽいトロピカルなフルーツの香りがするホップを使用し、すっきりと飲みやすくした一杯です。「みゃーブリュー」オリジナルとしてレシピから考えたこのビールは、「みゃーブリュー」と「マーブル」でしか飲めない貴重なもの。一緒にいただいたのは、「もちぷる水餃子」(500円)。ピリ辛のごまだれで箸が止まらない一品。

「チェダーチーズがけトルティーヤチップス サルサソース添え」(600円)は、おつまみにぴったりの一品。缶ビールは、「Beer Bar マーブル」の3周年のお祝いで、滋賀の「TWO RABBITS BREWING」まで行き、一緒に仕込んだというビールの「シティガアルズ」(1100円)。見た目も可愛いこちらのビールは、とってもクリアで柑橘類や核果、キャンディのフレーバーを感じます。

店主二人の夢を叶えるビアバー

――店名の「みゃーブリュー」は、何か意味があるのですか?
藤原さん 「みゃー」は、名古屋弁から取りました。醸造所は、作っている場所を知ってもらうために地名を付けることが多いのですが、「名古屋」と付けるのは恐れ多いので名古屋弁で(笑)。気付く人に気付いてもらえればと思って付けました。

松本さん 「ブリュー」は「醸造する」という意味で、姉妹店の「マーブル」ともかけています。イラストも作ってもらったのですが、その中で「みゃー」とかけて猫をモチーフに。クラフトビールは男の人が作っていることが多いので、親しみやすいフォントで女性らしい店名になるようにしています。

――このお店をはじめたきっかけは何だったのですか?
藤原さん きっかけは、彼女(松本さん)がワーキングホリデーに行っているときに、クラフトビールと出会ってその魅力に気付いたところから。私はお店をやりたかったので、クラフトビール のお店を一緒にやろう、と天白のお店は始まりました。マーブルは醸造所を置けるほど大きくはないので、ここで醸造所を併設したお店をオープンしたんです。

松本さん ワーキングホリデー先のオーストラリアで、たまたまIPAを飲んだ時に、「なんだ、このビール!」と思って、びっくりしたんです。とても華やかで、いつも飲んでいたビールとは違うと思い、興味をもちました。また、海外は自由にクラフトビールを作ったりできるので、ビールって個人で作れるんだというのも驚きでした。

――こだわっている部分はどこですか?
藤原さん 日本には500軒ほど醸造所があるのですが、醸造規模は小さくても作り手の想いがたくさん詰まったクラフトビールたちを名古屋の人にも楽しんでもらいたいと思っています。現地に行かないとなかなか飲めないビールを探して取り扱っています。醸造を始めると地方からもビール好きの人が来るので、名古屋めしも出しています。クラフトビールと料理とのペアリングも、今後提案していけたらいいなと思っています。

松本さん 全国の色んな醸造所へ足を運んで、色んな種類を飲んでいます。季節や旬の果物なども意識しながら、ビールのスタイルに偏りが出ないように構想しながら仕入れをしています。

――今後どのようなお店にしていきたいですか
藤原さん 来年か再来年には醸造所をオープンしたいです。これから免許を取って、機械も入れるんですが、出来上がる過程も一緒に楽しんでもらえればなと思っています。

店主さん二人の念願のお店「みゃーブリュー」さん。醸造所ができるのを楽しみに、ここでしか味わえない一杯を堪能してみてはいかがでしょうか。

みゃーブリュー

場所
名古屋市千種区神田町33-5 大西ビル1階西
営業時間
平日/17:00~23:00 土日祝12:00~23:00※~8月11日 21:00閉店
定休日
無休
駐車場
なし
公式Instagram
https://www.instagram.com/mya_brew/

※掲載内容は2021年7月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

今池にビアバー「みゃーブリュー」が誕生!クラフトビールでチルアウト【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. 名古屋
  3. 居酒屋
  4. 今池にビアバー「みゃーブリュー」が誕生!クラフトビールでチルアウト【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。