絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2021.8.9mon

瑞穂のカフェ「Bois Vert Terre」(ボアヴェールテール)で独創的なかき氷のとりこに【名古屋】

地下鉄「桜山駅」4番出口を上がると、目に飛び込んでくるブルーの外観が特徴的な「Bois Vert Terre」(ボアヴェールテール)。20年近く続けてきた雑貨店を、カフェを併設した店へとリニューアル。八丁味噌や酒粕、バジルなど独創的なメニューを提供しています。

瑞穂のカフェ「Bois Vert Terre」(ボアヴェールテール)で独創的なかき氷のとりこに【名古屋】

やみつきになる独創的なかき氷

1年中食べられるボアヴェールテールの看板メニュー「デラみそ」(880円)。八丁味噌と濃厚なクリームチーズ、冷えても柔らかな生麩が相性抜群。 甘じょっぱさがやみつきになります。

きれいな緑色と濃厚な味わいを表現するために、イラン産ピスタチオをたっぷり使った「ピスタチオみるく」(990円)。

単に珍しいだけでなく、”おいしいスイーツ“として確かに成立している独創的なメニュー。「酒粕みるく」は、酒粕に季節の果物やクリームチーズを合わせることで、日本酒の豊かなうま味を生かしつつ、爽やかな一杯に。さらに、メロンや桃、シャインマスカットなど、季節ごとの果物を使ったかき氷もそろい、多くのかき氷ファンを魅了しています。

ここでしか味わえないものを

かけるシロップの種類に合わせて、氷の削り方やふわふわ感を微妙に調整する店主の鬼頭さん。かき氷を食べ歩くのが好きで、「どこにもない、自分が食べたいかき氷を作ろう!」と、八丁味噌や青森の大吟醸「豊盃」の酒粕、バジルなどを使った、個性豊かなかき氷を提案しています。

テーブル席だけでなく広々としたカウンター席も用意。入り口付近で雑貨も販売しています。

1人でも誰かとでも入りやすいボアヴェールテール。ゆったりとかき氷を堪能してみてはいかがでしょうか。

ボアヴェールテール

お問い合わせ
なし 
場所
名古屋市瑞穂区瑞穂通1-32 
営業時間
11:30~17:30(LOは17:00) 
定休日
月曜(7、8月)※8/2は営業、翌8/3休業。9月以降は不定休 
駐車場
なし 
公式Instagram
https://www.instagram.com/bvt.official/ 
アクセス
地下鉄「桜山駅」より徒歩で約2分

※掲載内容は2021年6月時点の情報です

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

瑞穂のカフェ「Bois Vert Terre」(ボアヴェールテール)で独創的なかき氷のとりこに【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. 昭和区
  4. 瑞穂のカフェ「Bois Vert Terre」(ボアヴェールテール)で独創的なかき氷のとりこに【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。