絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#映画

2021.8.17tue

映画『竜とそばかすの姫』細田守監督にインタビュー!“「美女と野獣」を現代にアップデートできた”と語る、本作の裏側をお届け

主人公・すずの声優に、ミュージシャンの中村佳穂さんが抜擢され話題を呼んでいる、細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』

常田大希さん率いるmillennium paradeが映画のメインテーマ「U」を書き下ろしたほか、ベルの衣装デザインを〈アンリアレイジ〉の森永邦彦さんが手掛けるなど、多方面で話題に。

7月16日の映画公開後、8月12日時点で動員累計300万人突破、興行収入50億目前のいま最注目の作品です。今回は、細田守監督に、制作の裏側や本作に込めた想いをインタビューしてきました!

映画『竜とそばかすの姫』細田守監督にインタビュー!“「美女と野獣」を現代にアップデートできた”と語る、本作の裏側をお届け

今作は、歌がひとつのキーになっていますが、発想の出発点を教えてください。

「竜とそばかすの姫」は、ミュージカル映画にしたかったんです。インターネット世界を舞台にした、現代の『美女と野獣』のような演出になっています。アメリカでは、“アニメと言えばミュージカル”というほど昔から伝統のあるジャンルですが、日本では前例がなく、作るのが難しかったですね。

ミュージカル映画のように、歌が主人公の気持ちを伝えて、それが観客にも届くような、そんな映画を作りたいという思いでできた作品です。

歌とアニメーションは、それぞれどのように作られていったんでしょうか?

通常のミュージカルアニメの作り方は、絵より先に音楽を作るんですよ。僕もロサンゼルスに行って、グレン・キーン監督の『フェイフェイと月の冒険』という作品の制作現場を実際に見せてもらいました。

日本でも、先に音楽をやれないかと頑張ったんですけど、音楽家の方もやっぱり「絵コンテを見ないとわからない」ということで、先に絵から作ることに。音楽なしで音楽シーンの絵コンテを書くのは大変でしたが、絵コンテから映画のイメージをつかんでもらって、それぞれのシーンでいい音楽を作ってもらえたので良かったですね。

次のページ…
監督の作品にクジラが出てくる理由は?

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

映画『竜とそばかすの姫』細田守監督にインタビュー!“「美女と野獣」を現代にアップデートできた”と語る、本作の裏側をお届け

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県・加古川市出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. Wakana Yamauchi
  4. 映画『竜とそばかすの姫』細田守監督にインタビュー!“「美女と野獣」を現代にアップデートできた”と語る、本作の裏側をお届け

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。