ローディング

大須「Archer」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

2021.09.02〈Thu〉

最終更新日:2021/09/01

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/09/01

流行りのトレンドアイテムもいいけれど、時には人と被らない、自分だけの一着が欲しくなる。そんな時は、バイヤーのセンスあふれる古着屋へ。宝探し感覚でお店を巡れば、自分らしさを叶えてくれる一点ものが見つかるはず。

今回は、発売中の大須特集から、「Archer(アーチャー)」をご紹介します。

店長・バイヤー tomiさん(@bloom_late
古着歴は約15年。カルチャー好き&コレクター気質で、古着のブランドや時代背景、当時の文化まで、その知識はオーナーのお墨付き。

“数ある古着の中から、お気に入りを探すのは大変。でも、見つけたときの楽しさには敵いません。”

2010年、元々あったメンズ古着屋からレディースが独立して「クランチ」が誕生した。その姉妹店「アーチャー」がオープンしたのは、その数年後のこと。1階はレディース、2階は本格的なメンズ古着とドライフラワーを扱っています。デートで立ち寄るカップルも多いのだとか。

年代を問わずカジュアルに着られるユーズドやヴィンテージがバランス良くそろい、初心者でも着やすいセレクトが魅力です。

コロナ禍以前は年4回、シーズンごとにアメリカ西海岸を中心に仕入れへ。セレクト品の他、生地から作るオリジナルや、自社で染めるアップサイクルアイテムもあり、入荷日から数日で完売するほど人気の商品も。

特に力を入れているアクセサリーは、10年以上繋がりのあるアメリカのディーラーから買い付けているそう。

日常に古着を取り入れやすくする、tomiさんの多彩な提案力は、古着への情熱と深い知識からくるもの。

「高校生の時に観た、『モンタレー・ポップ・フェスティバル』のドキュメンタリーが衝撃的で。自分にとっては“古着”だったものを、当時の人が日常着として楽しむ姿を目の当たりにして、そこから古着がどう作られて、どんな人が着ていたのかまで、深堀りするようになったんです」

PICK UP ITEM


左:Earring 4300円
コスチュームジュエリーの代名詞〈モネ〉の70~80sもの。高級感あるゴールドとパールが素敵。
右:Shoulder Bag 9800円
アメリカの70sのヒッピー文化を感じさせる、カービングレザーのバッグ。

1920~90年代のヴィンテージなど、古着好きに刺さるセレクトの姉妹店「CRUNCH」。

アメリカ西海岸をイメージした外観。イラストは、グラフィティライターのDF.SQEZ氏が手掛けたそう。

今後は生活雑貨も仕入れ、ライフスタイルまでトータルに提案していきたいと語るtomiさん。

「無数にある古着の中から、ぜひ自分だけの一点ものをとことん探してみてほしいですね。いろんな方に古着を楽しんでもらえたら」。

Archer(アーチャー)

問い合わせ
052-212-7342
場所
名古屋市中区大須3-42-32
営業時間
13:00~19:00(土・日曜、祝日は12:00~19:00)
定休日
不定休
駐車場
なし
決済方法
カード・電子マネー可
Instagram
@archer0206
アクセス
地下鉄「上前津駅」より徒歩で約5分


※掲載内容は2021年7月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

▼合わせて読みたい


SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line