絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

大須「Archer」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-
#ファッション

2021.9.2thu

大須「Archer」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

流行りのトレンドアイテムもいいけれど、時には人と被らない、自分だけの一着が欲しくなる。そんな時は、バイヤーのセンスあふれる古着屋へ。宝探し感覚でお店を巡れば、自分らしさを叶えてくれる一点ものが見つかるはず。

今回は、発売中の大須特集から、「Archer(アーチャー)」をご紹介します。

店長・バイヤー tomiさん(@bloom_late
古着歴は約15年。カルチャー好き&コレクター気質で、古着のブランドや時代背景、当時の文化まで、その知識はオーナーのお墨付き。

“数ある古着の中から、お気に入りを探すのは大変。でも、見つけたときの楽しさには敵いません。”

2010年、元々あったメンズ古着屋からレディースが独立して「クランチ」が誕生した。その姉妹店「アーチャー」がオープンしたのは、その数年後のこと。1階はレディース、2階は本格的なメンズ古着とドライフラワーを扱っています。デートで立ち寄るカップルも多いのだとか。

年代を問わずカジュアルに着られるユーズドやヴィンテージがバランス良くそろい、初心者でも着やすいセレクトが魅力です。

コロナ禍以前は年4回、シーズンごとにアメリカ西海岸を中心に仕入れへ。セレクト品の他、生地から作るオリジナルや、自社で染めるアップサイクルアイテムもあり、入荷日から数日で完売するほど人気の商品も。

特に力を入れているアクセサリーは、10年以上繋がりのあるアメリカのディーラーから買い付けているそう。

日常に古着を取り入れやすくする、tomiさんの多彩な提案力は、古着への情熱と深い知識からくるもの。

「高校生の時に観た、『モンタレー・ポップ・フェスティバル』のドキュメンタリーが衝撃的で。自分にとっては“古着”だったものを、当時の人が日常着として楽しむ姿を目の当たりにして、そこから古着がどう作られて、どんな人が着ていたのかまで、深堀りするようになったんです」

PICK UP ITEM

左:Earring 4300円
コスチュームジュエリーの代名詞〈モネ〉の70~80sもの。高級感あるゴールドとパールが素敵。
右:Shoulder Bag 9800円
アメリカの70sのヒッピー文化を感じさせる、カービングレザーのバッグ。

1920~90年代のヴィンテージなど、古着好きに刺さるセレクトの姉妹店「CRUNCH」。

アメリカ西海岸をイメージした外観。イラストは、グラフィティライターのDF.SQEZ氏が手掛けたそう。

今後は生活雑貨も仕入れ、ライフスタイルまでトータルに提案していきたいと語るtomiさん。

「無数にある古着の中から、ぜひ自分だけの一点ものをとことん探してみてほしいですね。いろんな方に古着を楽しんでもらえたら」。

Archer(アーチャー)

問い合わせ
052-212-7342
場所
名古屋市中区大須3-42-32
営業時間
13:00~19:00(土・日曜、祝日は12:00~19:00)
定休日
不定休
駐車場
なし
決済方法
カード・電子マネー可
Instagram
@archer0206
アクセス
地下鉄「上前津駅」より徒歩で約5分


※掲載内容は2021年7月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

▼合わせて読みたい

Check!

大須「古着屋yawn」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

大須「古着屋yawn」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

流行りのトレンドアイテムもいいけれど、時には人と被らない、自分だけの一着が欲しくなる。そんな時は、バイヤーのセンスあふれる古着屋へ。宝探し感覚でお店を巡れば、自分らしさを叶えてくれる一点ものが見つかるはず。 今回は、発売中の大須特集から、「古着屋yawn」をご紹介します。 大須「古着屋yawn」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。- 店長 アヤノさん(@ayanokuso) 大須の古着屋で5年ほど働き、その後独立。常識にとらわれないアイテム使いで、新鮮なスタイリングに定評がある。 “通販だけでもいい時代にお店をやっているのは、偶然の出会いや発見の楽しさを知ってほしいから。” 今年4月でオープン3周年を迎え、「古着屋yawn」がリニューアル。ラグやぬいぐるみ、ドライフラワーがあちこちに飾られ、ほど良いゆるさが漂う店内は、店舗スペースを縮小した分、ラックを取り払ってゆとりのある空間に変身しました。3周年のリニューアルで、床をピンク色に塗り直したそう。 アヤノさん 古着のレイヤードを楽しんでほしいので、一枚で完成しないものをセレクトしています。可愛くなりすぎないよう、スポーツアイテムを合わせた着こなしが昔からずっと変わらず好きですね。 ヨーロッパ古着や刺繍・レースものなど、地域や年代を問わず、自分の良いと思ったものを国内外問わず仕入れています。人気のワンピースは、60~90年代のものを中心に100年前のアンティークものも。 アヤノさん 古着の世界でも、“SNSを見てから目的買い”という流れが多くなっていますが、組み合わせ次第で面白いアイテムもたくさんあるので、ちょっと変わったヤウン流の着こなしを発信していきたいですね。通販だけでもいい時代に、大須でお店を開いている理由は、思いがけない偶然の出会いや発見を感じてほしいからだと思います。 PICK UP ITEM 左:Broach 6600円 ふわふわの毛並みとピンク色のお鼻がキュートな、猫ちゃんブローチ。 右:Sabo 7700円 経年の味わいあるレザーに、厚底のウッドソールがおしゃれなサボ。 人から人へ渡ってきた古着たち。そのストーリーに思いを馳せてみたり、着たことのない服を身に付けてみたり…。ちょっとした冒険心を胸に、お店に足を運べば、きっと新しい自分に出会えるはず。 古着屋yawn 場所 名古屋市中区大須3-37-5 営業時間 12:00〜19:00 定休日 水曜 駐車場 なし 決済方法 カード・電子マネー可 オンラインショップ https://furugiyayawn.theshop.jp/ アクセス 地下鉄「上前津駅」より徒歩で約7分 ※掲載内容は2021年7月時点の情報です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

Check!

大須「speech」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

大須「speech」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

流行りのトレンドアイテムもいいけれど、時には人と被らない、自分だけの一着が欲しくなる。そんな時は、バイヤーのセンスあふれる古着屋へ。宝探し感覚でお店を巡れば、自分らしさを叶えてくれる一点ものが見つかるはず。 今回は、発売中の大須特集から、「speech(スピーチ)」をご紹介します。 店長・バイヤー Ricoさん(@rico_speech) 外資系の大手アパレルブランドに勤めたのち、お客さんとして通っていた同店に入社。レディスの買い付けを担当する。 “ジャンルにとらわれず広い視野で古着を見つめて、良いものは良いという本当の価値を伝えたい。” 店を構えるのは、大須観音駅から赤門通本町の交差点へ向かう途中にある、古いビル。元々は、熱田区の地下鉄「神宮前」すぐの場所に店を構えていたそう。 今の場所にオープンして7年が経つ同店では、5年前、Ricoさんの入社を機にレディスの取り扱いが本格的にスタートしました。 コロナ禍以前の海外仕入れは、NY、韓国、タイなど、その時々に行きたい国へ足を運ぶスタイル。ハイブランドのコレクションを見て、買い付けのインスピレーションを受けることもあるそう。 Ricoさん 例えば、今期の一押しとして力を入れた“バンロンシャツ”など、新しい挑戦は受け入れてもらえるか緊張しますね…。それがお客様に響いて共感してもらえると、すごくやりがいを感じます。 1階では、メンズ古着を取り扱っています。流木やグリーンが配されたフィッティングルームが素敵。 階段を降りると、コンクリートがクールな印象の地下空間に、個性あふれるアイテムがずらり。店内には、一見古着とは思えない、クリーンで遊び心あふれるアイテムが並びます。“古着なので仕方ない”と妥協せず、商品のダメージや状態には、特に気を遣っているそう。 Ricoさん 古着は“古いから良い”とされがちですが、自分なりの目線で、長く愛せる素敵な物を届けていけたら。 PICK UP ITEM 左:Bag 4400円 アフリカンの布をリメイクした、アップサイクルのトートバッグ。 右:Ring 7700円 エイジングを楽しめる真鍮のアクセサリーは、毎年夏にリリースする定番商品。 固定概念にとらわれない、自由なセレクト。第二の家のように“おかえりなさい”と迎えてくれる、アットホームな雰囲気。そんな魅力あふれるお店は、お客さんのことを一番に考える、Ricoさんの熱い思いが詰まっていた。 speech(スピーチ) 問い合わせ 052-684-6157 場所 名古屋市中区大須2-6-27 営業時間 12:00~19:00 定休日 不定休 駐車場 なし 決済方法 カード・電子マネー可 Instagram @speech_nagoya アクセス 地下鉄「大須観音駅」より徒歩で約4分 ※掲載内容は2021年7月時点の情報です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。 ▼合わせて読みたい 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2021.08.26大須「古着屋yawn」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-https://kelly-net.jp/enjoytoday/2021082605505547009.html今年4月でオープン3周年を迎え、「古着屋 ヤウン」がリニューアル。ラグやぬいぐるみ、ドライフラワーがあちこちに飾られ、ほど良いゆるさが漂う店内は、店舗スペースを縮小した分、ラックを取り払ってゆとりのある空間に変身しました。3周年のリニューアルで、ピンク色に塗り直した床がチャーミングです。

LINEお友だち登録

Please Share

大須「Archer」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. ファッション
  4. 大須「Archer」-“私らしい”を叶える、 ハイセンスな古着屋探訪。-

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。