ローディング

今週末、何する?東海の注目イベントをチェック!(9月18日~9月20日)

2021.09.17〈Fri〉

最終更新日:2021/09/17

  • twitter
  • facebook
  • line

最終更新日:2021/09/17

今週末に、東海エリアで開催されているイベントや、最新の新店情報をお届け!ぜひ週末のおでかけの参考にしてみてください。

今週末、何する?東海の注目イベントをチェック!(9月18日~9月20日)

バンカム

2021年8月2日(月)、名古屋市・今池の「円満 おばんざい食堂」の2階に喫茶「バンカム」がオープン。こだわりのスペシャリティコーヒーとともに、自家製のフードメニューやスイーツを味わえます。窓際にはカウンター席が設けられ、1人でもゆったりと過ごすことができるのも魅力。

▼詳しくはこちら

とろり天使のわらびもち 覚王山店

2021年7月2日、とろとろ食感の“生わらびもち”が人気のお店「とろり天使のわらびもち」が、名古屋・覚王山にオープンしました!とろとろの生わらびもちだからこそ実現できた、新感覚ドリンク「飲むわらびもち」(各680円)。味は、ミルクティー、黒糖、抹茶の3種類。この不思議な食感にファンが多く、やみつきになると話題です。

▼詳しくはこちら

カセツでつくる、軽やかなくらし展

2021年9月20日(月)まで、中区・丸の内にあるカフェ「Fab Cafe Nagoya」で「カセツでつくる、軽やかなくらし展」が開催されています。今回のイベントでは、つくっては消せる、軽やかに組み替えることができる、使う人によって用途が多様に変化できる「仮設性」をコンセプトに、プロダクトの試作品を作成。暮らしをより快適にする提案をするため、3組のクリエーターと共に、柔軟に組み替えられる仮設性をもったプロダクトを展示しています。

▼詳しくはこちら

ねこ休み展

2021年9月18日(土)~10月10日(日)まで新栄にある「TODAYS GALLERY STUDIO.NAGOYA」で『ねこ休み展』が開催されます。この展示では、人気の猫クリエイターが集結し写真展と物販店が登場。SNSで人気の”スターねこ”たちの可愛らしい写真が盛りだくさん。

▼詳しくはこちら

ナゴヤ・アップデート祭

2021年9月18日(土)~9月20日(月・祝)までの3日間、テレビ塔エリアで「ナゴヤ・アップデート祭」が開催されます。今回のイベントは、「オレらの文化『ナゴヤ』、ワシらの伝統『ナゴヤ』」をテーマに、様々な文化と伝統の発表の場として開催が決定。今回は、安心・安全を配慮し、完全リモートでのトークイベントやパフォーマンスショーが行われます。

▼詳しくはこちら

タトラスパーク

9月18日(土)、19日(日)の2日間、名古屋・久屋大通公園シバフヒロバで参加型イベント「タトラスパーク」が開催されます。今回のイベントはTATRAS(タトラス)が2021年秋冬シーズンから始める「YOUR CHOICE」キャンペーンの一環として行い、LAのコンテンポラリーアーティストである「PHIL AMERICA(フィル・アメリカ)」がディレクション。

▼詳しくはこちら

ムーミンコミックス展

9月11日(土)〜11月14日(日)まで名古屋市博物館で「ムーミンコミックス展」が開催されます。童話の世界観を気軽でコミカルなものとして、時には社会風刺のエッセンスも加えながら表現されたムーミンコミックス。20カ国以上で翻訳・出版され、ムーミンの人気を決定的にしたコミックスの75周年を記念し、日本初公開となる約280点が公開されます。コミックス制作における貴重な背景資料とされる、ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソンが描いた、キャラクター設定のドローイングやスケッチが出品され、何度も描き下ろしたであろう鉛筆の筆致や、登場キャラクターの多様な描写を見ることができます。

▼詳しくはこちら

PUI PUI モルカーTOWN

名古屋パルコ西館3階で、9月3日(金)~26日(日)の期間、人気パペットアニメ『PUI PUI モルカー』の初の展覧会「PUI PUI モルカーTOWN」が開催されます。テレビ東京系列『きんだーてれび』で、今年1月~3月にかけて計12話放映され、大ヒットしたこのアニメ。会場では、実際に撮影で使用されたモルカーのパペットが世界で初公開される他、第9話「すべってサプライズ」のセットの再現ジオラマや実寸大のモルカーに乗車して記念撮影ができる、特大フォトスポットも登場します。

▼詳しくはこちら

写真家・石田真澄さんの個展「light years revisited “ripple / echo”」

2021年9月3日(金)~26日(日)、千種にあるギャラリー「C7C gallery and shop」で、写真家・石田真澄さんの個展 “ripple / echo”が開催されます。展示会は二部構成に分かれており、一部の「ripple」では、『light years -光年-』の内容を本展のために再構築。二部「echo」では、彼女が在籍していた学校を再訪し、撮影したものを展示しています。

▼詳しくはこちら

マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ

破格のメガヒットを続出させ、世界の映画史を塗り替えてきたマーベル・スタジオ。今回は、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ブラックパンサーなど、マーベル・ヒーローたちを象徴するアイテムが身近に展示され、その世界観の中で、写真を撮りながら楽しむことができます。映像で体験できる『ドクター・ストレンジ』の“魔術”もお試しあれ!

▼詳しくはこちら

ボン・ヴォヤージュ!-鉄・布・ダンボール アートの森へ旅にでよう-

異なる素材で作品制作を行う3名の作家、藤沢レオ、森迫暁夫、吉田傑の企画展が9月26日まで行われています。森をイメージした会場で、実物大の生き物からそれらを取り巻く自然・空間をモチーフにした作品が見られます。鉄や水糸を用いる藤沢、シルクスクリーンによる版画技法を活かす森迫、ダンボールを駆使する吉田。個々の素材が生かされた展示をご覧あれ。

▼詳しくはこちら

[ミスマッチストーリィ] 河北秀也のiichiko DESIGN


B倍判ポスター(1984年4月)

「いいちこ」のユニークな広告戦略を貫き、焼酎のトップブランドへと成長させた、河北秀也さんの「iichiko design」の展覧会が清須市はるひ美術館で開催されます。河北さんのプロモーションは単なる宣伝を超え、商品や購買層のイメージづくりに大きく貢献し、一貫した世界観はデザインの本質を常に提示。今回は、作品を通して河北さんのデザイン思考に触れるとともに、ブランディングなど経済的な営みにおけるデザイン的アプローチについても掘り下げています。

▼詳しくはこちら

ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~


©1988 Studio Ghibli

「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」が7月17日(土)~9月23日(木・祝)まで愛知県美術館にて開催。2015年に「愛・地球博記念公園」で幕を開け、全国11カ所を巡り注目を集めてきた博覧会が、今年の夏に愛知で完結します。こちらは来年秋に開園予定の「ジブリパーク」のプレイベントで、今までの展示の数々が「ジブリパーク」に収蔵される前の最後の展示として、“ふるさと”愛知に集結。

▼詳しくはこちら

モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて


ピートモンドリアン《大きな赤の色面、黄、黒、灰、青色のコンポジション》1921年
油彩、カンヴァス デン・ハーグ美術館
photo/Kunstmuseum Den Haag

20世紀を代表する画家ピート・モンドリアン。今回の展示では、オランダのデン・ハーグ美術館の所蔵品を中心に、初期の風景画にはじまり、幾度も画風を変化させながら、有名な垂直水平の線と三原色、無彩色で描かれた「コンポジション」へと至った画家の軌跡をたどる。誕生150年を迎える彼の作品の世界に触れてみてください。

▼詳細はこちら

DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】 幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙

愛知県・常滑市「INAX ライブミュージアム」で開催されている『DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】 幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙』。東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムデザインを担当した野老朝雄氏と、高度なプログラミング技術を駆使して空間を作り上げる建築デザイン事務所〈noiz〉による展覧会。野老さんの幾何学紋様が生み出す無限の連続性や展開性に、映像や音を織り交ぜることで、リアルとバーチャルの関係性を体感できます。

▼詳細はこちら


※掲載内容は9月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。

SPECIAL

SPECIAL

VIEW ALL

RECOMMEND

RECOMMEND

  • twitter
  • facebook
  • line