絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2021.10.21thu

「Un Peu Labo & 窓と風」で見つける、日常を楽しくするアイテムたち【吹上・名古屋】

2021年9月4日(土)、御器所にあった人気カフェ「CAFE plus GALERIE Un Peu」が、名古屋市昭和区・吹上に移転オープン。以前のカフェ業態から、セレクトショップショップに業態を変えて、再スタートされたとのこと。早速、店主の佐藤さんにお店に込められた想いをお伺いしてきました。

「Un Peu Labo & 窓と風」で見つける、“おいしい”“楽しい”アイテム

いまの状況の中でも、少しでも楽しんでほしくて始めたセレクトショップ

――移転オープンおめでとうございます!今回は、カフェではなく、セレクトショップにされたとのことで、その理由やコンセプトなど教えてください。

佐藤さん  コロナ禍ということもあり、おうちで過ごす時間を少しでも楽しくしてほしいとの思いで、「“おいしい”“楽しい”をテイクアウトするセレクトショップ」をコンセプトにしました。店内には、テイクアウトのデリやお菓子、日常で使えるオリジナル雑貨、作家さんの作品などをそろえています。また2階には、ギャラリーとして作家さんの個展やイベントなども企画中。新店舗でも以前と変わらず、楽しんでもらえるような企画を展開していきたいと思っています。

ドールハウス作家だった店主の佐藤さんが作る、居心地の良い店内

――店内も素敵な雰囲気で、センスが光りますね。

佐藤さん  元々ドールハウス作家をしていましたので、内装を考えたりするのは好きです。店内は、落ち着いた薄いグレーにして、ゆったりと過ごせるような店内をイメージして作りました。トイレのタイルも一部貼り、内装にも自分で少し手を加えています。

また、ショーケース上のティーポット型のライトや、トイレの扉は以前のお店から持ってきたもの。以前のカフェの経験が今に生かせているので、前のお店のものも店内に取り入れています。

自分用にもギフトにも!もらってうれしい「BINDELI」

――「BINDELI」の種類の豊富さに驚きました!手軽に食事をアレンジできるのもうれしいですし、見た目もおしゃれですね。 

佐藤さん  家でも手軽に食事をアレンジできるように作った「BINDELI」シリーズは、コロナ禍で生まれ商品でもあり、おうちでお店の味を楽しんでいただけたらとの思いで始めました。ピクルスからスタートして、今では「サラダドレッシングジャム」(756円)や、自宅で簡単にホロホロクッキーが作れる「オヤツの素シリーズ」(1080円)など、季節ものも合わせると、約20種類を用意しています。「BINDELI」は、様々な料理に応用できて、いろんな楽しみ方ができます。そのため、レシピ動画をインスタグラムで配信したり、レシピの書いたカードも一緒にお渡したり、楽しみ方を提案しています。また、瓶に入っているので、ギフト用にご購入される方もいらっしゃいますよ。

土・日曜限定で登場する焼き菓子や月1回の生ケーキの販売も見逃せない!

――焼き菓子もかわいらしくて、ついおうちにお持ち帰りしたくなりますね。 
佐藤さん  焼き菓子は、土日の週末限定で用意しています。定番人気の「お家の型のバナナケーキ」(500円)や、季節限定の「キウイの焼ドーナツ」(378円)を今は販売していますが、旬な食材を使ったメニューなど、季節ごとに焼き菓子のメニューも考えていきたいと思っています。また、「BINDELI」シリーズから生まれた、持ち帰りやすいボトルデザートもおすすめで、洋だけでなく、水羊羹などの和のスイーツも。また、タルトやチーズケーキなどの生ケーキも月1回販売。日にちはその月によるため、インスタグラムのストーリーを随時チェックしてみてください。

名古屋ではなかなか味わえない神戸元町の「グリーンズ」の「アイスコーヒー」(500円)や、自家製オリジナルドリンクは、営業中はいつでも購入可能。コーヒーは、ホロホロクッキーのおまけ付きで、ドリンクの上にちょこんと乗っている白くまもかわいいです。

当たりが出たらもう1本もらえる「ラムあんこアイスバー」(300円)など、ちょっとした楽しみも◎。

店内には、白くまモチーフのオリジナル商品や作家さんの個性的な作品がずらり

――目移りしてしまうほどのかわいい雑貨たち。見ているだけでも楽しいですね。 

佐藤さん  店内では、お店のトレードマークでもある、白くまをモチーフにして作っていただいた作品や、作家さん自身の作品を取り扱っています。

佐藤さん  作家のmidori youmouさんに作っていただいた「シロクマカードホルダー」(1600円)。一つひとつ手作りのため、顔や形が違っているのも面白いです。好きなタイプを選んでくださいね。

佐藤さん  白くまの形がかわいい「シロクマのカトラリーレスト」(770円)と、「かもしか道具店」さんに製作いただいた「chaiのボウル」(1650円)。ボックスに詰めてギフトとして贈ってもかわいいです。

佐藤さん  細やかで繊細な形が愛らしい、87さんの手作りのアクセサリー(900円~)。密かに、ここにもくまモチーフのアクセサリーが!見つけてみてくださいね。

佐藤さん  「Un Peu」とお洋服作家のbelleasieさんとで、一緒に企画デザイン製作したコラボエプロンをお客様向けにも販売しています。ポケットが多く、男女兼用で着られるおしゃれなデザインになっていて、丈の調整も無料で受け付けています。色は、白、カーキ、ネイビー、グレーとありますので、お好きなカラーをどうぞ。大人用以外にも、名前が入れられるベビーギフトも用意しています。店頭で見て、気になった方はオンラインから受注生産で受けていますので、オンラインからの購入もできますよ。

佐藤さん  店内に置いてある作品の作家さんについては、お店の奥に並べてあるショップカードをご確認いただければと思います。実際に作品を見て楽しみながら、作家さんを知ってもらえる良い機会になるとうれしいです。

作家さんの企画展やワークショップなど、2階のギャラリーにも注目!

――2階ではどのようなイベントが開催される予定ですか? 

佐藤さん  第1回目は、石川ゆきこさんの個展を開催しました。新店舗のギャラリーは、作家さんが2階の空間を好きなように演出していただけるのも楽しみの一つ。個展中は、ゆきこさんのイメージが空間全体に散りばめられていました。食卓シーンを彩る木の器や匙など、天井からはモビールが吊り下げられており、ゆきこさんの世界観が随所に垣間見られる素敵な作品展となりました。次回は、佐藤アクロスさんの「カメラと写真のワークショップ」を10月24日(日)に開催します。プロの写真家から学べる貴重な機会。ぜひ、参加してみてください。

――まだまだ楽しい企画が盛りだくさんですね。今後は、どのようなお店にしていきたいでしょうか? 

佐藤さん  私自身がイベントに出店することもありますが、イベントって日にちが限られているため、都合が合わない方もいたりして、そういった方でもいつでも来られるような楽しい場所を作りたいなと思っていました。その思いは変わらず、いつでも誰でもふらりと訪れやすい場所でありたいです。また、個展や季節の行事に合わせたイベントも予定していますので、お店の裏庭を開放して、食事をしながら楽しむイベントを企画したり、子ども向けのワークショップを開催したりと、新しいこともどんどんやっていきたいと思っています。

店主・佐藤さんとの会話も楽しい、居心地の良い場所「Un Peu Labo & 窓と風」。季節ごとに変わるメニューやイベントなど、いつ訪れても楽しいセレクトショップへ、楽しみを見つけに訪れてみてはいかがでしょうか。

Un Peu Labo & 窓と風

場所
名古屋市昭和区曙町1-11
営業時間
11:00~19:00(10月~2月までは~18:00)
定休日
月〜水曜
お問い合わせ
080-9490-3119
Instagram
https://www.instagram.com/unpeu5
オンラインストア
https://petitpanier.stores.jp/
公式サイト
http://cafeunpeu.com

※価格はすべて税込み
※掲載内容は2021年10月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「Un Peu Labo & 窓と風」で見つける、日常を楽しくするアイテムたち【吹上・名古屋】

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 暮らし
  4. 「Un Peu Labo & 窓と風」で見つける、日常を楽しくするアイテムたち【吹上・名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。