絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#名古屋めし

2021.11.4thu

好きにもホドがある! 編集部の熱狂的に好きな店 Part.2

編集部のメンバーに加え、社内の食通スタッフも登場し、「愛してるコメント」付きでお届けします!今回は「喫茶・カフェ」「激辛グルメ」です。

編集部は喫茶・カフェに心酔

【東区・高岳】洋菓子・喫茶 ボンボン

レトロな世界観にすっかり心奪われて…。
“くまちゃん”もかわいくて、もうっ!!!
(編集部 下村)

ソファや紙ナプキン、キャラクターのくまなど、いちいち「キュン♡」としてしまうものがそこかしこに。創業1949年のケーキ店の喫茶スペースは、懐かしさに満ちた空間で、昨今の「ネオ喫茶」とは一線を画す本気モードのモダンさも兼ね備えている。ショーケースに並ぶケーキは、常時30種類以上で、そのどれもが心を豊かにしてくれる味わいだ。

プリン、なんと300円。昭和のままのような価格設定もうれしい魅力。

焼き菓子詰め合わせセット(15個入・3000円)。「ケリーストア」でも販売中!

焼き菓子がくまちゃん巾着に入ったセットも。この巾着は下村の私物。

洋菓子・喫茶 ボンボン

問い合わせ
052・931・0442
場所
名古屋市東区泉2-1-22
営業時間
8:00~22:00(日曜・祝日、隣接の「天津楼」が休みの場合は~21:00)※LOは閉店の各15分前 
定休日
無休
駐車場
33台
カード・電子マネー
不可
公式ホームページ
cake-bonbon.com
予算
昼800円
アクセス
地下鉄「高岳駅」より徒歩で約4分
※商品の価格は変更予定

【中村区・岩塚】喫茶 サンモリー

かわいいメニューが多いのが魅力。
帰り際にくれる“お楽しみ引換券”もキュン。
(編集部 下村)

わくわくするような、つい写真にとりたくなるようなメニューが話題のアットホームな喫茶店。ファンが多い「フルーツサンド」(430円)は、ふわモチッのパンの上に生クリームを塗りフルーツが盛られるオープンサンド風スタイルだ。甘さも程よく一皿ペロリ。会計時に渡される“お楽しみ引換券”は、20枚集めるとハッピーなことがあるとか。

「フルーツサンド」のパンの中にはバナナと生クリーム、チョコソースが。

地元の人々の憩いの場。サンドイッチやトーストのバリエーションも多彩。

青い瓦屋根が目印の、絵本に登場しそうなお店。

喫茶 サンモリー

問い合わせ
052・412・3105
場所
名古屋市中村区五反城町1-28-2
営業時間
6:00~18:00
定休日
水曜定休
駐車場
2台
カード・電子マネー
不可
予算
昼900円
アクセス
地下鉄「岩塚駅」より徒歩で約6分

【中村区・中村公園】Cafe Blue

カントリー調のインテリアがド・タイプ♡
リッチな気持ちになれるパフェがお目当て。
(編集部 国田)

住宅街にある隠れ家カフェは、センスのいいアンティーク調の小ぢんまりとした造り。旬を感じさせてくれるタルトやベイクドチーズケーキもハズせないが、特におすすめなのが季節替わりのパフェ。吟味した食材を用いたまるでアートのようなパフェは、SNSでも話題になるほどだ。

カフェ初夏の時期のおすすめは、「佐藤錦」を贅沢に使った「さくらんぼパフェ」(1800円)。

「オレンジパフェ」(1346円)は、自家製のガトーショコラもアクセントに。

Cafe Blue(カフェ ブル)

問い合わせ
052・887・5298
場所
名古屋市中村区千成通6-4
営業時間
11:00~17:00(LOは15:30)
定休日
不定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
不可
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/cafeblue0734/
予算
昼1000円
アクセス
地下鉄「中村公園駅」より徒歩で約7分
※ドリンクのみの入店不可

【岐阜・岐阜市】ル・モンド

おしゃれなマスターが淹れるコーヒーが好き。
店内のノスタルジックさもトキメキます。
(編集部 下村)

元アパレル職のマスターがここをオープンさせたのは、1975年。以来、こだわりの上質な豆を使い、サイフォンでおいしい一杯を提供することを大切にしてきた。アイリッシュウイスキーとザラメを加熱して作る「アイリッシュコーヒー」も、ここの看板メニュー。マスターが目の前で淹れてくれる。

アイリッシュコーヒー(780円)。コーヒーとウイスキーの香りを楽しんで。

コーヒー専門店歴史を感じる看板。「若い人も懐かしいって言ってくれる」とマスター。

ヨーロッパの映画などからヒントを得て造られた店内に、マスターが似合う。

ル・モンド

問い合わせ
058・263・6036
場所
岐阜県岐阜市殿町1-4
営業時間
10:00~18:00
定休日
無休
駐車場
3台
カード・電子マネー
不可
予算
昼600円
アクセス
名鉄「岐阜駅」より徒歩で約15分

【中区・矢場町】喫茶 日日

喫茶文化が大好きな「ケリー」は
“グッドローカル”な喫茶店を運営しているんです!
(編集部一同)

名古屋ならではの喫茶文化と発酵文化の融合を提案。ほっと一息にも、地元食材を使った食事で元気をチャージしたいときにも使えるうえ、Wi-Fi&コンセント付きのプライベートスペースもある。オンラインストア「KELLYストア」の実店舗コーナーや、生産者から直送の八百屋「矢場農園」も併設。

週替わりの「日日定食」(1200円)は、発酵をテーマにした献立。

器や食材など地元の良いモノを集めたセレクトショップ「KELLYストア」も併設。

喫茶 日日(キッサ ニチニチ)

問い合わせ
052・684・8791
場所
名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ西館2F
営業時間
11:00~20:00(LOは19:30)
定休日
不定休(名古屋パルコに準ずる)
駐車場
あり(提携)
カード・電子マネー
公式ホームぺージ
nichi-nichi.cafe
予算
昼夜1000円
アクセス
地下鉄「矢場町駅」より徒歩で約2分

流行りの「激辛」も悶絶ラブ

【中区・矢場町】味仙 矢場店

社食と化す矢場町店。あの真っ赤なラーメンを
見るだけで唾液がぁぁぁ!
(編集部 山内)

名古屋人なら知らない人はいないであろう「味仙」。そして「台湾ラーメン」は押しも押されもせぬ看板メニューだ。このラーメン、辛さが6段階(うち4つは裏メニュー)あることはご存じだろうか? 最辛のエイリアンに至っては、辛いというより“痛い”という表現が合うほど。

「台湾ラーメン」(745円)。編集部の疲れを癒してくれる味!?

編集部から矢場町店まで徒歩1分。「ランチも夜もお世話になっています」

味仙 矢場店(ミセン ヤバテン)

問い合わせ
052・238・7357(代)
場所
名古屋市中区大須3-6-3
営業時間
11:30~14:00(土・日曜、祝日は~15:00)、17:00~翌1:00 (LOは閉店の20分前)
定休日
無休(臨時休あり)
駐車場
なし
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
予算
昼900円・夜2000円 
公式Instagram
https://www.instagram.com/yaba_misen/
アクセス
地下鉄「矢場町駅」より徒歩で約6分

【中村区・名駅】陳麻婆豆腐 大名古屋ビルヂング店

一口食べたら脳内昇天。すべての毛穴から
汗とストレスを放出します!!
(編集部 石野)

約160年前、陳お婆さんによって考案された「陳麻婆豆腐」は、当時のレシピを守り続け、今に至る。素材にも並々ならぬこだわりを持ち、シビレの命ともいえる花椒(ホアジャオ)は本場四川省産を使用。日本には多くの麻婆豆腐が存在するが、中国政府が認めたものはここだけだ。

ただ辛いだけではない。コク、うま味、豆腐の風味が生きた「陳麻婆豆腐」(1360円)。

“朝天辣椒”という四川省の唐辛子を種まで丸ごと使った「海老の香り炒め」(1680円)。

陳麻婆豆腐 大名古屋ビルヂング店(チンマーボードウフ ダイナゴヤビルヂングテン)

問い合わせ
052・526・3638
場所
名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビル Shops & Restaurants 3F
営業時間
11:00~15:00(LOは14:30)、17:00~23:00(LOは22:00)
定休日
不定休(施設に準ずる)
駐車場
あり(大名古屋ビルヂング駐車場) 
カード・電子マネー
予算
昼1100円・夜1380円〜
公式ホームぺージ
chenmapo.jp
アクセス
「名古屋駅」より徒歩で約1分

【中区・金山】四川伝統火鍋 蜀漢 金山店

とにかく映える! 翌日がオフの日には
臭いを気にせずガンガンいっちゃう。
(営業部 今井)

まずは店の入り口からして圧巻。四川省・成都市の街の雰囲気を再現した店内でいただくお目当ての火鍋「九宮格鍋」は、漢方が数十種類、一度しか使わない最上級の牛脂、四川の山椒、唐辛子などを使用した真っ赤なスープが刺激的。間違いなくクセになる!

「九宮格鍋」(638円)に投入する具材は80種類以上あるビュッフェからセレクト。

10種類以上ある調味料から好きな物を組み合わせて好みのタレを作ることができる。

料理人のライブ感が楽しめる「前菜ブース」があるのは金山店ならでは。

四川伝統火鍋 蜀漢 金山店(シセンデントウヒナベ ショクカン カナヤマテン)

問い合わせ
052・253・6697
場所
名古屋市中区金山2-16-16 冨士田ビル4F
営業時間
17:00~翌1:00
定休日
無休
駐車場
なし 
カード・電子マネー
予算
夜4000円
公式ホームページ
syokukan.co.jp
アクセス
「金山駅」より徒歩で約1分

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

好きにもホドがある! 編集部の熱狂的に好きな店 Part.2

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 名古屋めし
  4. 好きにもホドがある! 編集部の熱狂的に好きな店 Part.2

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。