絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カレー

2021.11.5fri

好きにもホドがある! 編集部の熱狂的に好きな店 Part.3

編集部のメンバーに加え、社内の食通スタッフも登場し、「愛してるコメント」付きでお届けします!今回は「シチュエーションにグっと来る店」「編集部も韓国ブーム」「編集部・水野のお気に入りは、2号店を出す!?」です。

シチュエーションにグっと来る店

【東区・高岳】Grande Table de KITAMURA

ちゃんとおもてなしするシーンは
ここならすべて大丈夫!
(編集長 堀井)

「レストランは劇場」という北村シェフの思いを具現化したグランメゾン。フランス、スイスで腕を磨いたシェフの料理は多くの食通の舌を唸らせており、リピーターには二度と同じ料理を出さないというポリシーを持つ。

コース料理はその日に入荷する食材によって、北村シェフがメニューを構成。

歴史的趣が残る主税町筋に、そのままの外観で存在。旧邸に一歩入れば華やかな世界が。

Grande Table de KITAMURA(グランターブル ドゥ キタムラ)

問い合わせ
052・933・3900
場所
名古屋市東区主税町4-84
営業時間
11:30-15:00(LOは13:00)、17:30-22:00(LOは20:00) 
定休日
不定休
駐車場
25台
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
予算
昼8000円・夜2万円
公式ホームページ
french-kitamura.jp
アクセス
地下鉄「高岳駅」より徒歩で約12分

【東区・新栄町】J’aime

新栄で“ぼっち飲み”するならここ。
いろんな“ぼっち”が集まるので楽しいです。
(SP部 坂)

パリパリ食感が美味なローストチキンと、高級フルーツがごろごろ入ったサワーが人気。推薦人・坂が推すのは、「プレーンオムレツ」「チー飯」とインパクト大の「イカマヨおろし」。お腹も十分に満たされるので“ぼっち”だったことを忘れてしまう。

ロースターマシンで焼き上げる「ローストチキン パリパリ鶏1羽」(2980円)。

フルーツを丸ごと食べるサワー「ポモナ」(680円~)はデザート感覚で。

J’aime(ジェイム)

問い合わせ
052・935・7733
場所
名古屋市東区葵1-18-15
営業時間
11:30~14:00(LOは13:30)、18:00~翌1:00 ※ランチ営業は月・火・木・金曜のみ
定休日
日曜定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
予算
昼850円・夜3500円
公式Instagram
https://www.instagram.com/satoten923jaime/
アクセス
地下鉄「新栄町駅」より徒歩で約2分

【中区・栄】桜びより

一人飲みにおすすめ。
酔っぱらった知らないおじさんと絡めます(笑)
(SP部 田村)

美人親子が営むおばんざい居酒屋。カウンターには女将手作りのおばんざいがずらりと並び、ちょっとずつ全部食べたくなるような魅力的なラインナップ。日本酒も約50種類と豊富に揃っている。女将をはじめ、客同士のトークも楽しみの一つ。

ついついお酒が進んでしまうおばんざいメニューがいっぱいのカウンター。

「里芋の唐揚げ」(700円)。毎日メニューが替わるのでいつ訪れても新鮮だ。

桜びより

問い合わせ
052・262・9133
場所
名古屋市中区栄3-9-17 ウインゼルビル B1
営業時間
16:00~23:00(LOは22:00)
定休日
日・月曜定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
予算
夜5000円
公式Instagram
https://www.instagram.com/_sakurabiyori_/
アクセス
地下鉄「栄駅」より徒歩で約11分

【中区・久屋大通】KOHYO KITCHEN

月曜にやってくるフードトラック!
本当においしいキーマカレーのトリコです。
(SP部 今井)

丸の内3丁目に月曜だけ登場する、キーマカレーのフードトラックでは、豆乳と黒酢でヘルシー&マイルドな「白キーマ」、3種類の辛味が作り出すスパイシーな「赤キーマ」を提供(各700円)。パクチーをトッピングするのもおすすめだ。

赤、白、迷うなら「あいがけ」(800円)を。ラッシーやチャイと合わせて。

新発売の「ココナツ野菜カレー」は、野菜の甘みたっぷりで子どもにも!

KOHYO KITCHEN(コウヒョウ キッチン)

問い合わせ
なし
場所
名古屋市中区丸の内3-7-30
営業時間
月曜のみ出店11:30~14:00※水曜は名古屋市南区忠次1-2-9の「名古屋みなみ歯科」駐車場にて販売
カード・電子マネー
不可
公式Instagram
https://www.instagram.com/ko_hyo_kitchen/
予算
昼800円
アクセス
地下鉄「久屋大通駅」より徒歩で約4分

編集部も韓国ブーム

【千種区・今池】百濟

ああ、韓国の禁断症状が…。
本場の味で思いを馳せる。
(編集部 平田)

オーナーの出身地で、百濟時代からの伝統を受け継ぐ本格韓国料理の店。名物のカンジャンケジャンをはじめ、チゲ鍋や石焼ビビンバなどを、本場の辛さ、味で食すことができる。韓国旅行に行きたくてうずうずしている人、絶対おすすめ!

韓国から取り寄せた雌の渡り蟹で作る「カンジャンケジャン」(4550円)

「鮑と韓国ニイダコの大豆もやしあんかけ」(3850円)

現地を思わせる店内の雰囲気も良し!

百濟(ペクチェ)

問い合わせ
052・731・9886
場所
名古屋市千種区仲田2-19-16
営業時間
11:30~14:00、17:00~23:00 ※日曜・祝日は~22:30
定休日
無休
駐車場
4台
カード・電子マネー
カード可(ランチ時は不可)・電子マネー可
予算
昼〜2000円・夜〜7000円
公式ホームページ
backje.jp
アクセス
地下鉄「今池駅」より徒歩で約5分

【中区・矢場町】韓国料理SOAr

“韓国っぽ”じゃなくリアル。
“今っぽ韓国”を感じるならここ!
(編集部 下村)

韓国の定番料理をはじめ、エビロールやポックンパなど話題の最新メニューまでが揃う。店内にはK-POPアイドルのPVが映し出され、今どきの韓国を食やカルチャーを通して知ることができると、連日女性客でにぎわっている。

リピーター続出の「エビロールサムギョプサル」(1780円)。

白を基調としたシンプルでスタイリッシュな店内。

韓国料理SOAr(カンコクリョウリソア)

問い合わせ
052・684・6647
場所
名古屋市中区栄3-35-17 MIYATAKUⅢ 2F
営業時間
11:00~15:00(LOは14:30)、17:30~22:00(LOは21:30)
定休日
無休
駐車場
なし
カード・電子マネー
予算
昼1500円・夜3000円
公式Instagram
https://www.instagram.com/soar_nagoyasakae/
アクセス
地下鉄「矢場町駅」より徒歩で約4分

【千種区・今池】韓味屋

ここのチヂミは最高! 名古屋めしにしたいという
店主の心意気にもきゅん。
(編集部 水野)

約20年間親しまれている韓国家庭料理店。たっぷりと卵を使用した看板メニューのチヂミは、客の約9割がオーダーするという人気ぶり。ピリ辛の自家製ダレに絡めて食べれば、さらに美味しく、箸が止まらなくなるほど。

卵使用でふんわりと。海鮮がたくさん詰まった「韓味屋チヂミ 海鮮」(1100円)。

トッポッキやチャプチェなど70種類以上の料理がスタンバイ。

韓味屋(カンミヤ)

問い合わせ
052・731・9177
場所
名古屋市千種区今池5-6-12 福繁屋ビル1F
営業時間
12:00~14:00(LOは13:30)、17:00~22:00(LOは21:30)※ランチは火・水・木曜のみ
定休日
月曜定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
予算
昼1000円・夜3000円
アクセス
地下鉄「今池駅」より徒歩で約5分 

【中村区・名駅】韓国ごはん・酒家 ダイダイ

韓国美肌になれる!?
スープが選べるスンドゥブ。
(編集部 平田)

「薬食同源」に基づいたメニューが魅力。イチオシの「スンドゥブ(純豆腐)」は、スープを味噌か塩、メインの具材は豚肉、鶏肉、あさり、キノコの4種類から、辛さは1~3辛まで選べるから、自分好みにカスタマイズできる。

きのこスンドゥブ(935円)。より「韓国気分」の時は、トッピングに「トッポギ」(110円)を。

韓国料理カリッと焼き上げられたサムギョプサル(1925円)は、ディナーメニュー。

韓国ごはん・酒家 ダイダイ

問い合わせ
052・433・1415
場所
名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビル Shops & Restaurants 3F
営業時間
11:00~15:00(LOは14:30)、17:00~23:00(LOは22:00)
定休日
不定休(施設に準ずる)
駐車場
あり(大名古屋ビルヂング駐車場)
カード・電子マネー
公式ホームページ
rincrew.co.jp
予算
昼1000円〜・夜1500円〜
アクセス
「名古屋駅」より徒歩で約1分

水野のお気に入りは2号店を
出しがちジンクスが…!?

編集部・水野が「好き!」になったお店は、その後2号店がオープンするというジンクスがあるとかないとか…。今年だけでも3店舗も!そんな水野の“とっておき”を紹介します。

【西区・国際センター】biquette四間道店

2021年10月OPEN!

丁寧にデコレートされたケーキはとにかく美しい。
待望の2号店、早く行きたい!
(編集部 水野)

吹上の人気洋菓子店「biquette」の2号店が10月28日(木)にオープン。四間道のシックなエリアに店を構えるこちらは、1号店とは異なる商品構成で、ワンランク上のスイーツを提供。パティシエのセンスが光る洋菓子に期待大。

風情溢れる四間道の街並みに馴染む和モダンな外観の2号店。

ベリー4種類の酸味と甘さが絶妙な「タルト・フリュイ・ルージュ」(702円)。
※写真は千種店のもの

独自のエスプリが効いたケーキ、タルト、焼き菓子がそろう千種店。

biquette四間道店(ビケット シケミチテン)

問い合わせ
052・446・5330
場所
名古屋市西区那古野1-28-14
営業時間
10:00~18:00(予約受け渡しは11:00~17:00)
定休日
水・木曜定休(不定休あり、祝日の場合は変更あり)
駐車場
1台
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
公式Instagram
https://www.instagram.com/biquette.shikemichi/
予算
昼1000〜3000円
アクセス
地下鉄「国際センター駅」より徒歩で約3分 

【中村区・名駅】MOLNODA 名古屋駅店

2021年10月OPEN!

気分や目的に合わせた100種類。
わがままカスタムな、1ボウルを!
(編集部 水野)

ボウルベースを選んで、トッピング、ドレッシングをセレクト…。100種類のボウルメニューは迷うこと必至だが、新鮮な野菜中心、ボディメイキング系、スタミナチャージなど、カテゴリー分けされているので目安にして。オシャレな雰囲気の伏見店に続いて、10月に名駅店もオープン。

「意識高い系」気分になれるカスタムボウルメニューは、1000円~。

自家製シロップ使用のレモンスカッシュ(350円)、レモンサワー(500円)は、ここだけの限定商品。

MOLNODA 名古屋駅店(モルノダ ナゴヤエキテン)

問い合わせ
052・526・7073
場所
名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビル Shops & Restaurants B1F
営業時間
11:00~21:00
定休日
不定休(施設に準ずる)
駐車場
あり(大名古屋ビルヂング駐車場)
カード・電子マネー
公式ホームページ
molnoda.com
予算
昼夜1300円
アクセス
「名古屋駅」より徒歩で約1分

【千種区・吹上】YAOKICHI kabe/八○吉 吹上

2021年7月OPEN!

学生たちが手掛けるカレーは
子どもからお年寄りまで食べられる味!
(編集部 水野)

オーナーの実家の八百屋から仕入れた旬の新鮮な野菜から作るカレーは、口に入れた瞬間、旨みと深みを感じることができる。辛くないのにスパイシー。野菜の美味しさと、作り手の優しさがぎゅっと詰まった一皿をどうぞ。

干し野菜や野菜の皮からとった出汁を加えたオールベジの「暮らしのカレー」(1280円)。

吹上駅すぐの2020年7月オープンの2号店は、いつもの壁が突然カレースタンドに!

自由が丘店では、メニュー開発に客を呼ぶなど、内側と外側のない店づくりを実践。

YAOKICHI kabe/八○吉 吹上(ヤオキチ カベ/アオキチ フキアゲ)

問い合わせ
052・228・8840
場所
名古屋市千種区千種通7-101
営業時間
11:00~22:00
定休日
水曜定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
公式ホームページ
yaokichi-curry.com
予算
昼夜1000~2000円
アクセス
地下鉄「吹上駅」より徒歩で1分

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

好きにもホドがある! 編集部の熱狂的に好きな店 Part.3

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 好きにもホドがある! 編集部の熱狂的に好きな店 Part.3

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。