絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2021.11.7sun

編集部・山内 お気に入りのまちリポート【岡崎市編】

“まち”が好きだから、「GOOD LOCAL LIFE」情報をお届けしているケリー編集部。
住んでいるまちの他にも、お気に入りのまちがあちこちに。
その中から、今回は岡崎市をピックアップします。

編集部・山内が
愛知・岡崎市をナビゲート

気持ちを高めてくれる。だから「岡崎市」が好き。

古き良きレトロなまち並みに、フレッシュな新店が入り交じる面白いまち。そんな岡崎市は、私にとって休日のリフレッシュスポットです。以前から、お散歩がてら新しくできた店へ遊びに行ったり、岡崎市美術博物館で作品を鑑賞したりしていましたが、ここ1~2年でさらに活気づいている様子。「籠田公園」での「P.T.Aバザー」というイベントや、東岡崎駅に誕生した「OTO RIVERSIDE TERRACE」など、新しいスポットやコンテンツが目白押しで、行く度に違った楽しみ方ができるのも魅力です。アートや雑貨、猫好きの私が立ち寄るカフェ、セレクトショップを案内します。

〈カフェ〉OniwaDe…present coffee


自然を生かした広々空間と
仕掛けたくさんのフォトスポットが◎。

母娘で開いたカフェで、店名の通り、まるで自宅の庭かのように開放的な気分にさせてくれます。特に、休日の朝をこの店で過ごすのが好きです。一週間仕事を頑張った自分のご褒美として、ゆっくりとモーニングを堪能しています。朝から食べられる「昔ながらの手作りプリン」(610円)をお目当てに来店することも。至るところに遊び心のあるフォトスポットがあるので、行くたびについ写真を撮っちゃいます。

店内から外を眺める日もあれば、テラス席で外の空気を吸いながら食事を楽しむ日も。

テイクアウトしたら必ず撮りたい一枚。店前の「ツリーテラス」は撮影におすすめ。

キッズスペースに、コンセントやWi-Fiも。ワーケーションで利用する人もいる。

モーニングの「朝焼けスコーンとヨーグルト」(ドリンク代+250円)と、「メロンクリームソーダ」(630円)。

OniwaDe…present coffee(オニワデプレゼントコーヒー)

問い合わせ
070・1710・1716
場所
愛知県岡崎市洞町長沼5-27
営業時間
8:00〜18:00(フードLOは17:15、ドリンクLOは17:30)※カフェタイムは平日13:00〜、土・日曜、祝日は14:30〜
定休日
月曜、第2・4火曜定休
駐車場
21台
カード・電子マネー
公式Instagram
https://www.instagram.com/oniwade_present/
予算
昼1500円
アクセス
名鉄「男川駅」より車で約6分

〈セレクトショップ〉MATOYA

センスあふれる店内にいるだけで
“おしゃれさん”になった気分

「籠田公園」をお散歩中、目の前のビルに入っているこの店を発見しました。真っ白な部屋には、器や絵画、アクセサリーがたくさん。店主の的山さんがいいと思ってセレクトしてきた品々は、思わずうっとりしてしまうほど美しいものばかりです。3000円台から商品が選べるのもうれしいポイント。私のセンスはここで磨かれていると言っても過言ではありません!

全部欲しい気持ちを抑えて、その日に一番ときめいたものを購入。

感性が光る商品の並べ方は、インテリアの参考にして自宅でまねっこ。

ドア前のサインからして漂う、ハイセンスぶり。初来店時はちょっぴり緊張。

MATOYA(マトヤ)

問い合わせ
なし
場所
愛知県岡崎市籠田町12 ワタナベビル3F※11月末に移転。詳しくはHP参照
営業時間
11:00~19:00
定休日
水曜定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
公式ホームページ
matoya.net
アクセス
名鉄「東岡崎駅」より徒歩で約12分

〈喫茶店〉洋食喫茶もりねこコーヒー


アンティーク調のインテリア、
猫のモチーフに心をワシ掴み。

猫好きの私は、店の名前に惹かれて来店したものの、華やかな料理を食べてすぐに、ファンになりました。店主である神谷さんの「旬のものは新鮮な状態で食べてもらいたい」という思いから、月替わりでランチとスイーツの内容が変わり、行く度に毎回違うメニューを味わえるのが醍醐味。料理の美しさをより引き立てる食器にも注目しています。

店先の看板に始まり、店内にも猫のシルエットが。看板猫「キリちゃん」にも会える。

自家製紅玉りんごのコンポートにバニラアイスが添えられた、「鳴門金時芋とりんごのタルト」。

「秋鮭のパートフィロ包み焼き タプナード添え カレークリームソース」(1650円)はパリパリの食感。

店は「カルジーナの森」内に。ハンドメイドの雑貨を買って帰るのがマイルーティン。

洋食喫茶もりねこコーヒー

問い合わせ
0564・73・2662
場所
愛知県岡崎市竜泉寺町間峯ケ平52 カルジーナの森内
営業時間
11:00〜19:00(LOは18:00)
定休日
月曜、第1火曜定休(祝日の場合は営業、翌日休) 
駐車場
30台(共同)
カード・電子マネー
カード不可・電子マネー可
公式Instagram
https://www.instagram.com/morineko_coffee/
予算
昼1650円
アクセス
東名高速道路「岡崎IC」より車で約10分

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

編集部・山内 お気に入りのまちリポート【岡崎市編】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 暮らし
  4. 編集部・山内 お気に入りのまちリポート【岡崎市編】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。