絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2021.11.9tue

編集部・下村 お気に入りのまちリポート 【津市編】

“まち”が好きだから、「GOOD LOCAL LIFE」情報をお届けしているケリー編集部。住んでいるまちの他にも、お気に入りのまちがあちこちに。その中から、今回は津市をピックアップします。

編集部・下村が
三重・津市市をナビゲート

撮影ゴコロをくすぐってくれる。だから「津市」が好き。

Webや誌面で撮影を担当する私は、フォトジェニックなスポットとメニューに目がありません。津市は、撮影欲が刺激されるエリア。2019年にはお菓子のテーマパーク「おやつタウン」が誕生し、三重県総合博物館「MieMu」も見どころ満載です。そして、豊かな自然の中、隠れ家的なショップが点在していて、自ら民家を改築するなど、地元を愛するオーナーによる、かわいいカフェやスイーツ店が見つかります。とっておきの一品を求めてお店をめぐると、とてもワクワクしますよ。周囲に広がる田園風景や紅葉といった、ここならではの”おもてなし“を堪能してください。

〈カフェ〉cafe ffee-co

田園風景の中、オーナー夫妻による
手作りスイーツのおもてなし。

CADの経験があるご主人が建物をリノベーションし、「眺めの良いカフェ」、「築90年以上の実家でおもてなしを」をコンセプトに夫婦で開業。具材がたっぷりのったマフィンは、食事系も含めて常時20種類ほどそろい、多い日は1日300個以上も焼き上げる看板商品です。マフィンやチーズケーキ、コーヒー豆はオンラインショップでも購入が可能なので、自宅でもカフェ気分が味わえます。

オーナー夫妻をはじめとする、働くスタッフの温かさもリピートの理由。

「ホワイトツリーマフィン」(528円)が登場する12月が待ち遠しい。

どの席からも、座った時に窓の向こうの眺めが楽しめるように設計されている。

「チョコチョコチョコマフィン」(418円)は冬季限定の商品。バレンタインにぴったり。

cafe ffee-co(カフェ ヒコ)

問い合わせ
090・5100・5794
場所
三重県津市白山町三ヶ野2013
営業時間
10:00〜17:00
定休日
月・日曜定休
駐車場
5台
カード・電子マネー
不可
公式ホームページ
goodlookinglife.shop-pro.jp
予算
昼1000円
アクセス
近鉄「大三駅」より車で約4分

〈カフェ〉菓子屋chill

ホッと落ち着く瓦屋根の古民家で
乙女な世界観の焼き菓子を。

古民家を改装したコーヒースタンド「マチヤノオミセ」内で営む菓子店。クッキーやマフィン、シフォンケーキといった多彩な焼き菓子は「気軽に手が伸びる素朴なおやつ」を意識したものばかり。ぽっこりとクリームがのったプリンに、いちじくや黄桃をはじめ、季節のフルーツのパフェなど、乙女心をくすぐるビジュアルにきゅんです♥

ナッツや抹茶、紅茶など、様々な素材を使った焼菓子が楽しめる。

味のあるインテリアがそろう店内には座敷もあってくつろげる。

「ふつうのプリン」(480円)は濃厚ながらやさしい甘さ。生クリームがたっぷり。

菓子屋chill(カシヤチル)

問い合わせ
050・1203・4127
場所
三重県津市栗真町屋町792
営業時間
10:00〜17:00(LOは16:30)
定休日
火曜定休(不定休あり)
駐車場
8台
カード・電子マネー
カード不可・電子マネー可
公式Instagram
https://www.instagram.com/kashiya_chill/
予算
昼1000円
アクセス
近鉄「高田本山駅」より車で約2分

〈喫茶店〉喫茶室 素朴舎

秘密にしたい3席だけの喫茶室で
ご褒美のようなマフィンを味わう。

白で統一された小箱のような空間の店内で、靴を脱いで入店すると、メガネが似合う素敵な女性店主が迎えてくれます。常時約20種類あるマフィンは、繊細な味ながらも食べ応え抜群。フルーツやナッツ、季節の素材をふんだんに使っていて、2カ月ごとにラインナップが変わります。「芳香な丸ごと焼き林檎」(1000円)もおすすめ。

マフィンは550円〜。季節を感じるメニューがそろう。

1日1組限定のレストラン「3274」に隣接している。周囲の自然も魅力的。

喫茶室 素朴舎(キッサシツ ソボクシャ)

問い合わせ
090・5032・7531
場所
三重県津市美杉町下之川3274
営業時間
11:30〜14:00(売切次第終了)
定休日
水~金曜定休
駐車場
4台
カード・電子マネー
不可
公式Instagram
https://www.instagram.com/sobokusya/
予算
昼1000円
アクセス
伊勢自動車道「久居IC」より車で約45分 

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

編集部・下村 お気に入りのまちリポート 【津市編】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. おでかけ
  4. 編集部・下村 お気に入りのまちリポート 【津市編】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。