絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ディナー

2021.11.20sat

人気の中国料理店「Le Chinois SANO Nagoya(ル シノワ サノ ナゴヤ)」が伏見にリニューアルオープン!

名古屋の中華界の有名シェフが織りなす、美しい本格広東料理を楽しめる中国料理店「Le Chinois SANO NAGOYA(ル シノワ サノ ナゴヤ)」が伏見に移転リニューアルオープンしました。

横浜や香港での修行を経た料理長が作る”ヌーベルシノワ”

横浜や香港での修行を経て、神戸や静岡の有名ホテルでシェフとしての経験を積んだ料理長が、自身の広東料理への想いを、フレンチと融合させた”ヌーベルシノワ”として楽しませてくれる「ル シノワ サノ ナゴヤ」。”ヌーベルシノワ”とはフランス語で“新しい”を表す「nouvelle(ヌーベル)」、“中国の”を表す「chinois(シノワ)」を合わせた、西洋の食を取り入れた料理のこと。大皿で出てくるイメージのある中国料理ですが、「ル シノワ サノ ナゴヤ」では、フランス料理のコースのように、料理長である佐野さんこだわりの広東料理を1皿づつ提供してくれます。今回は10月に移転リニューアルオープンした「ル シノワ サノ ナゴヤ」のオーナーシェフである佐野さんに、お料理やお店のこだわりなどをお伺いしました。

リニューアルしたお店と料理へのこだわり

ー以前の店舗と大きく変わった事は何でしょうか?

佐野さん「見て頂いて分かる通り新店舗には、以前からやりたかった完全劇場型のオープンキッチンを作りました。カウンター席のお客さんに、調理のライブ感を味わってもらえるのはもちろん、僕自身、お客さんの表情を見たり、言葉を交わす事ができるのでとても気に入っています。」

ーお料理のコンセプトなどは変わっているのでしょうか?

佐野さん「”おいしい料理を楽しんでほしい”というコンセプトはそのままに、新店舗で新しい設備を取り入れたことで、以前出来なかった新しい料理に挑戦出来るようになり、以前よりも料理の幅が広がりました。」

ミシュランガイドブックにも掲載されたオーナーシェフの佐野さんが腕を振るう料理のメニューは1コースで、季節はもちろん、その日の仕入れ状況によって内容が違います。現在楽しむ事ができるのは旬の上海蟹を使用した「上海蟹入りのコース」。コースは前菜からスイーツまで計7皿用意し、一皿でいろんな味が楽しめるように、種類豊富なメニューが一皿に盛り合わせられています。

「上海蟹入りのコース」(税込1万8150円※サービス料込)※写真は前菜の一例

日によって内容が変わる8種類以上の前菜は、お酒のつまみにもピッタリ!「僕自身お酒が大好きなので、お酒好きの人の気持ちが手に取るようにわかるんですよね。」と佐野さん。中華をイメージしたドラゴンのイラストは、コチュジャンや唐辛子を使用したピリ辛のソースで描かれており、お酒を飲みながら、ちょっと辛みが欲しいときに前菜につけて食べれば味変してお料理を楽しむことができます。

厨房でお出迎えしてくれた「地鳥の丸揚げ」(貸し切りで6名様からのコース)に使用される鶏は、下処理や味付けなどの仕込みを丸2日かけて行います。(要予約注文)

また、「ル シノワ サノ ナゴヤ」では、お酒やドリンクのメニューも充実しています。他の中国料理に比べて辛みが控えめの広東料理は、ワインとの相性もいいのだとか。ドリンクメニューの中には「シェフの隠し酒」という秘密のメニューもあり、お酒好きのオーナーシェフが、その時期のオススメのお酒を紹介してくれます。

店内には、カウンター席と個室が用意されているので、その時のシチュエーションに合わせて使い分けることができるのもうれしいですね。

カウンター席のテーブルには、ドラゴンの背中の流れをイメージした、緩やかな曲線を描く国産木の一枚板が使用されており、佐野さんが作り出す絶品料理を上品に演出してくれます。

個室の利用には別途ルームチャージ料(2時間半で5000円)

落ち着いた雰囲気の個室では、気の置けない仲間とゆっくりと食事を楽しみたいですね。

お客さんに「楽しかった、おいしかった、また来たい」と思ってもらえるように

ー食材にもこだわっていらっしゃると思うのですが、どちらで仕入れているのですか?

佐野さん「料理に使用する材料の仕入れは、どこかひとつの農家やエリアに決めてしまうのではなく、地元の農家を中心に、その時々で一番おいしいと思う場所から材料を仕入れています。産地にこだわるよりも、一瞬一瞬で変わる季節の新鮮な食材をお客さんに楽しんでほしいので。」

ー今後はどのようなお店にしていきたいですか?

佐野さん「レストランは楽しい所です。お客さんに”楽しかった”と言ってもらえたら、”おいしかった”は、実は2番目でもいいと思っているんです。”ヌーベルシノワ”という言葉が誕生した香港という国は、固定観念にとらわれず、様々な新しいものを受け入れて発達しています。当店でも、新しいものをどんどん取り入れて、お客さんにお料理を楽しんでもらいたいと思っています。”楽しかった、おいしかった、また来たい。”とお客さんに思ってもらえたら、とてもうれしいですね。」

今回移転リニューアルオープンした「ル シノワ サノ ナゴヤ」には、長年経験を積み、多くのファンを魅了する佐野さんの料理はもちろん”食事を楽しんで欲しい”という温かい気持ちが詰まっています。気さくに話してくれる一流シェフが腕を振るう中国料理店「ル シノワサノ ナゴヤ」で、ぜひ本格広東料理を楽しんでみてください。

Le Chinois SANO NAGOYA(ル シノワサノ ナゴヤ)

お問い合わせ
052‐934‐7245(完全予約制)
場所
名古屋市中区栄1-4-16 C Forest X 2F
営業時間
18:00~
定休日
不定休
駐車場
なし
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
Instagram
https://www.instagram.com/lechinoissano.nagoya/


※掲載内容は2021年11月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

月刊KELLY1月号(2021年11月22日発売)SDGs
気持ちいい毎日

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

人気の中国料理店「Le Chinois SANO Nagoya(ル シノワ サノ ナゴヤ)」が伏見にリニューアルオープン!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. KELLY Editors
  4. 人気の中国料理店「Le Chinois SANO Nagoya(ル シノワ サノ ナゴヤ)」が伏見にリニューアルオープン!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。