絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ランチ

2021.11.29mon

自然との向き合い方を食から伝えるカフェ「はたけぞく」。自然栽培の野菜や自家製発酵調味料を堪能【愛知・大府市】

毎日農業に関わる生産者だからこそ作れる、環境に向き合ったメニュー。自然栽培の野菜や伝統的な発酵調味料をつかった料理は、地球のために私たちができることを考えるきっかけに。今回は、愛知県の大府市にある「はたけぞく」をご紹介。

自然との向き合い方を食から伝えるカフェ

「酒蔵ランチ」(1380円)。ごはん・味噌汁付きのランチは、メインを野菜か肉から選ぶことができる。

古民家を改装した木の温もりあふれる店内でいただけるのは、自然栽培の野菜や伝統的な発酵調味料を使った料理。「食べることから農業を知ってほしい」と、自然栽培の「青ノ木農縁」を営む青木さんと、「つむぎて農園」を営む杉山さんがタッグを組み、「はたけぞく」をオープンしました。

どぶろくがほんのり香る濃厚な「うわさのどぶろくチーズケーキ」(550円)。

自ら栽培を手掛ける米は、ササシグレをはじめとした7品種。

活動を始めたのは、2018年のこと。共に米作りをしていく中で、「この自慢の米を使ってどぶろくも作ってみたい」と思い始める。大府市に掛け合った所、農業者が酒造りの特別な免許を取得できるようになる「どぶろく特区」に市が国から認定されました。そして、酒蔵併設のカフェをスタート。料理のテーマは「発酵×素材×オーガニックスパイス」。自家製どぶろくで蒸した鶏肉はふっくらと軟らかく、栽培する米と大豆を発酵させて作る味噌を使った味噌汁は、ほっこりと優しい味わいです。

マルシェやイベントにも定期的に出店し、様々な人との繋がりを大切にしている。

来店客の中には、この店のランチの味をきっかけに、農業に興味をもち、農業体験や暮らしにまつわるワークショップに参加する人も多いという。「農業体験の中で天候をリアルに感じて、暮らしの中で自然に対する意識が少しずつ変わっていったらいいな」と青木さんは言います。

米を食べる感覚で味わえる「食べるどぶろく」(1500円)は蔵付き菌の自然発酵。

弁当のテイクアウトは、数量限定メニューもあるので予約するのがおすすめ。

味噌仕込み体験や、しめ縄づくり体験など、その季節ならではのイベントも目白押しです。

※価格はすべて税込み
※掲載内容は2021年11月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

自然との向き合い方を食から伝えるカフェ「はたけぞく」。自然栽培の野菜や自家製発酵調味料を堪能【愛知・大府市】

店名
はたけぞく
営業時間
11:00~15:00 
定休日
月~水曜日
場所
愛知県大府市共和町5-155
駐車場
8台 
カード使用
不可
平均予算
昼1380円
問い合わせ
0562-57-7171
公式サイト
https://hatakezoku.com/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

自然との向き合い方を食から伝えるカフェ「はたけぞく」。自然栽培の野菜や自家製発酵調味料を堪能【愛知・大府市】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. GOURMET
  3. ランチ
  4. 自然との向き合い方を食から伝えるカフェ「はたけぞく」。自然栽培の野菜や自家製発酵調味料を堪能【愛知・大府市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。