絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2021.12.15wed

vol.1【ダーニングで】ずっと長く、大切に。もっと素敵なお直し術

「まだ使いたいけど。そろそろ捨てるか・・・」「壊れてもう使えないな・・・」そんな日常のあれこれ、実は自分で直すという選択肢もあります。前よりもかわいくリメイクして大切に使い続け、少しでもゴミを減らす工夫を。今回は「ダーニング」をご紹介します。

ダーニングって?

ダーニングとは、イギリスの伝統的な衣類の修繕方法。「ダーニングマッシュルーム」を使って、生地の傷んだ部分を糸で繕います。

教えてくれるのは、野口光先生

野口光

https://darning.net/
ニットブランド「hikarunoguchi」主宰のテキスタイルデザイナー。イギリスや南アフリカにも渡り、世界的に活動。現在は、日本でのダーニングのワークショップや教室が大人気。

“捨てる” をやめる第一歩は、きっちり・完璧でなくてOK
「ダーニングはよく丁寧な暮らしと結び付けられがちですが、実は全然そんなことはなくて。」と、語るのはテキスタイルデザイナーでダーニングの第一人者である野口さん。東京を拠点に、名古屋でも定期講習を開いています。

緻密な装飾を楽しむ刺繍とは異なり、整っていない縫い目すら個性になるダーニング。「自己満足でいい」との言葉に、心のハードルがグッと下がります。「新品に戻す」という感覚を捨てて、自分なりのお直しをやってみましょう。

直すもの&必要な道具

直すもの
履かなくなった靴下

用意するもの
ダーニングマッシュルーム(おたまでも可)/ゴム/フランス刺繍針/糸通し/好みの糸(長さ腕1本分ほど×2本)

やり方(30~60分)

1. 靴下の中にダーニングマッシュルームを入れ、傷んだ部分が中央にくるように引っ張り、ゴムでとめる。傷から上下左右+5mmのスペースを縫っていく(A~D)。


野口先生

靴下を張るときは強すぎず、弱すぎず。繊維の方向はまっすぐに。

2. フランス刺繍針に糸通しで糸を通す。A に針を刺し、靴下の生地を少しすくって糸を通す。最後に糸始末をするため、糸口を10cmほど残す。

3. Bに針を刺し、同様に生地をすくって縫う。その後、Aの左隣に針を刺し、これを繰り返して縦糸を張る。


野口先生

縦糸同士の間隔は、糸の太さと同じくらい空けてください。

4. CかDまできたら針から糸を抜き、新しい糸を通す。Aのすぐ隣の生地をすくって糸を通し、糸口を10cmほど残す。

5. 縦糸の上・下・上・下と交互に針をくぐらせ、端まできたら生地をすくって縫う。ダーニングマッシュルームを180°回転させ、前と逆の順番で上下に針をくぐらせ、これを繰り返す。


野口先生

縦糸をくぐらせるときは、針先を持って後ろから。途中針をグイッと横糸に押し当て、詰めながら進めます。

6. BかDまできたら、針から糸を抜き、靴下をダーニングマッシュルームから外す。

7. 出ている4本の糸を、針を使って靴下の裏側に出す。靴下を裏返し、4本の糸をそれぞれ近くの縫い目に2~3カ所くぐらせ、針から糸を外す。


野口先生

小さくてもいいので、3カ所ダーニングするとデザインとして素敵に◎ぜひチャレンジしてみてください。

先生のレッスンもチェック

● 野口光のじっくり楽しむダーニングお繕い
ヴォーグ学園名古屋校(名古屋市東区葵3-1-8)
10月11日(月)~毎月1回全6回、途中参加可
2万9700円+運営維持費990円(6回分、途中参加は分割)
www.voguegakuen.com/school.php?f_school_id=4

● ZOOM利用のダーニングレッスン
月1回土曜10:00~12:30または15:00~17:30
6500~7000円+教材費600~1500円(1回分、送料込み)
https://www.instagram.com/hikaru_noguchi_design/?hl=ja
※開催の約10日前から公式Instagramで告知

※価格はすべて税込み
※掲載内容は2021年12月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 月刊ケリー

月刊KELLY

KELLY3月号(2022年1月21日発売)いつだって食べたい おいしいパン

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

vol.1【ダーニングで】ずっと長く、大切に。もっと素敵なお直し術

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 暮らし
  4. vol.1【ダーニングで】ずっと長く、大切に。もっと素敵なお直し術

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。