絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ギフト

2021.12.25sat

PR

北海道産小豆の和菓子、大集合!あんこのおやつでおうち時間

老舗和菓子店の多い名古屋。言わずと知れた名店の味を支えるのが、質の高い「北海道産小豆」です。スイーツ好きのインフルエンサー&編集部メンバーが、各店イチ押しのおやつを食べ比べしてみました。

食べ比べするのはこの二人


インフルエンサー
まりたすさん
(以下、ま)

Instagram/@maritasu0530
おいしいものを愛するグルメライター。ライバー、モデル、女優としても活躍中。


ケリー編集部
水野
(以下、水)

Instagram/@mm_mizumo
お菓子は作るのも食べるのも大好き!味はもちろんビジュアルの「映え」も重視する派。

両口屋是清の「銘菓詰合」「をちこち」

右:「をちこち」(半棹810円)あんこをそぼろ状にしたふわふわの餡村雨(あんむらさめ)で粒あんを挟んだ、小豆風味豊かな和菓子。
左:「銘菓詰合」(1080円~)「旅まくら」「志なの路」「よも山」を詰め合わせた。各種詰め合わせを多彩にそろえる。

 まずは、両口屋是清の「銘菓詰合」から。これは「旅まくら」(左下)ですね。
 シャリシャリした食感の生地に、ゴマの風味も香ばしい。
 「よも山」(上)は、玉子風味の生地になめらかなこしあんがぎっしり!「志なの路」(右下)が一番好きかも。
 見た目は似てるけど、食べると全然違いますね!

 「をちこち」はケーキみたいなルックス♥ 上下の層は北海道産小豆を、そぼろ状にしているんですよ。
 食べると、つぶあんの”豆感“がすごいです! 甘さは控えめですね。食べやすくて可愛い、”映え“和菓子です。

両口屋是清 本町店(リョウグチヤコレキヨ ホンマチテン)

「大勢の人に愛される菓子づくり」をモットーに、伝統を守りつつ、時代に合わせたお菓子を多数販売。「旅まくら」は、昭和天皇が名古屋にお越しになった際に召し上がった。
場所
名古屋市中区丸の内3-22-6
営業時間
9:00~17:00
定休日
日曜 ※年末年始は元日が休み
駐車場
2台
カード・電子マネー
問い合わせ
052-962-7011
公式サイト
ryoguchiya-korekiyo.co.jp
アクセス
地下鉄「丸の内駅」より徒歩で約7分

美濃忠 本店の「ごっさま」「抹茶くずくり」

右:「抹茶くずくり」(1個356円)西尾産抹茶を使った葛の中に、大粒の栗とあんこを閉じ込めた。
左:「ごっさま」(1個140円)もちもちのカステラ生地の焼き皮と、しっとり上品なこしあんがマッチ。

 次は美濃忠の「ごっさま」。生地がもっちりしてます。
 こしあんはあっさりしてて、口どけもなめらか。
 うんうん、上品なお菓子ですね。甘いのが苦手な人も食べられそうです。
 あ、サイドは皮が少し厚めですね。どこを食べるかで食感も違います。

 「抹茶くずくり」は、グラデーションが綺麗ですね! 弾力もあってプルプル。
 あんこも大粒だし、栗も大きい!
 抹茶だけだと甘くないけど、一緒に食べるとちょうどいい味わいです。
 さっぱりしてますし、幅広い世代が楽しめそうですね。

美濃忠 本店(ミノチュウ ホンテン)

「おいしい和菓子を届けたい」との思いで作る、シンプルながら趣向を凝らした和菓子が評判。若い世代にも和菓子の魅力を伝えようと、親子和菓子教室などのイベントも随時開催中。
場所
名古屋市中区丸の内1-5-31 
営業時間
9:00~18:00
定休日
無休 ※年末年始は元日が休み 
駐車場
3台
カード・電子マネー
お問い合わせ
052-231-3904(代)
公式サイト
https://minochu.jp/
アクセス
地下鉄「丸の内駅」より徒歩で約5分

亀屋芳広 本店の「塩豆大福」「尾張ロール」

右:「塩豆大福」(1個150円)さらっとしたこしあんを、ほんのり塩味の赤エンドウ豆入りの餅で包んだ。
左:「尾張ロール」(1カット160円、1本950円)抹茶味・きな粉味の生地とバタークリームに、それぞれ小倉あんとこしあんを合わせた和風ロールケーキ。

 亀屋芳広の「塩豆大福」は…わあ、お餅がすっごく伸びますね! 中はさらっとしたこしあんです。
 豆の塩味も結構効いてて、あんこの甘さと塩気が同時に口に広がりますよ。
 確かに! 豆のゴロゴロ感も楽しいですね。「尾張ロール」は、あんこを使った洋菓子です。
 珍しい! 生地はしっとり。バタークリームが濃厚で、食べ応えありますね。
 あんこともマッチしてます。クリームも甘過ぎないし。つい食べ過ぎちゃった…。

亀屋芳広 本店(カメヤヨシヒロ ホンテン)

古き良き和菓子の他、ロールケーキや焼き菓子、デコレーションケーキなど、和洋の垣根を越えたお菓子が勢ぞろい。いつ誰と行っても、老若男女で楽しめるラインナップだ。
場所
名古屋市熱田区伝馬1-4-7
営業時間
8:30~19:00 
定休日
無休 ※年末年始は元日が休み
駐車場
4台
カード・電子マネー
カードのみ可
お問い合わせ
052-682-0025 
公式サイト
http://kameya-yoshihiro.co.jp/
アクセス
地下鉄「伝馬町駅」より徒歩で約1分

不朽園 本店の「不朽最中」「小倉トースト」

右:「小倉トースト」(5個1080円)最中仕立ての皮にバターを練り込んだ「種パン」へ、粒あんをのせて食べる。
左:「不朽最中」(右から10個小1134円、大1674円)看板商品は香ばしい皮と、みずみずしいあんこがポイント。小・大の2種類がある。

 不朽園の「不朽最中」は、割ったら「パリッ! 」っていい音がしましたよ!
 でも、食べると最中がしっとり。このギャップにはびっくりですね。
 あんこがみずみずしいので、詰めてから時間が経つと、食感が変わるそうです。
 時間を変えて食べ比べしてみるのもいいですね。

 「小倉トースト」は、名古屋ならではの楽しいお菓子です。
 わあ、すごい! 食べる前からワクワクしますね。食べると、ラスクみたい!
 つぶあんの皮もいい具合に主張しますね。お子さんとも楽しめそう◎

不朽園 本店(フキュウエン ホンテン)

1927年の創業以来、ひたむきに作り続ける最中にファンが多い。「小倉トースト」「カステラ最中」をはじめ、最中を使ったユニークなお菓子も提案している。
場所
名古屋市中川区尾頭橋3-4-8
営業時間
7:00~19:00
定休日
水曜 ※年末年始は元日が休み 
駐車場
5台
カード・電子マネー
お問い合わせ
052-321-4671
公式サイト
https://www.fukyuen.co.jp/
アクセス
JR「尾頭橋駅」より徒歩で約5分


撮影/北川友美 フードスタイリング/和田万祐
※価格はすべて税込み
※掲載内容は2021年12月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

北海道産小豆の和菓子、大集合!あんこのおやつでおうち時間

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. KELLY Editors
  4. 北海道産小豆の和菓子、大集合!あんこのおやつでおうち時間

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。