絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2022.1.2sun

岐阜「溝旗神社」で、満月の“ハレの日”にお祈りを

旧暦15日の満月の夜、岐阜市中心部にある「溝旗神社」を訪れると、多数のろうそくが灯された幻想的な本殿では「お月夜参り」が行われていました。

言い伝えによると、用明天皇2年にこの地域で悪疫が流行したとき、素戔嗚尊(牛頭天王)に祈りを捧げたところ、たちどころに流行り病が治まったといいます。それが溝旗神社の始まりです。

御祭神の力が満ちる特別な夜に、「お月夜参り」で感謝と誓いを。

明かりのない時代、満月(旧暦15日)は“ハレの日”として大切にされてきました。「溝旗神社」では、神様の力が満ちるこの日に“お月夜参り”を実施。ひと月を無事に過ごせたことへの感謝と、次の満月までに叶える目標や決意を素戔嗚尊に伝えてお祈りします。本殿で19時30分から行われる祭典には、申し込み不要で誰でも参列できます。

参列者は、本殿前に並べられた椅子に腰掛けて、祈りを捧げます。この日は、本殿の外まで参列者が並びました。お月夜参りの日は、20時頃まで授与所も開かれます。

また、疫病が流行りやすい時季にあたる旧暦6月15日には、素戔嗚尊に感謝と願いを伝える「ちょうちん祭り」が行われます。

契約の神である素戔嗚尊と誓いを結ぶ「牛王寶印」。

神話に、天照大神と誓約を行った物語が登場する素戔嗚尊。その主祭神に、目標などを誓う護符が「牛王寶印」です。神との約束は、破れば神罰がくだるとされるので、まずは小さな誓い、守れる目標から少しずつステップアップしていくのがおすすめ。

牛王寶印は、叶えたい願いの印などを捺した後、神前に祈り、誓いを立てる。その後、自宅の神棚や額に入れて飾ったり、財布に入れたりして大切にお祭りしましょう。

最高級の美濃手漉き和紙に御霊を入れてお守りに。

お月夜参りのときにだけ受けられる、万願満願守護の特別なお守り「満守」(2000円)

お守りの主役である内符は、原料の国産楮から道具、1300年の伝統を受け継ぐ職人、仕事場に至るまで、工程ごとに神事を行い、お清めしたうえで作られます。こうして完成した特別な15層の丈夫な美濃手漉き和紙を、お守りの内符に使用しています。

万物を形成する5つの要素を備え、邪気を寄せ付けない「五角形」のお守り(各1500円)

航空関係の神様を祭る、神社ならではの御朱印帳。

境内には航空関係の神様と飛行兵の英霊を祭る「肇國神社」も鎮座することから、御朱印帳には飛行機をデザイン。お月夜参りで御朱印帳を受けた人は、限定の御朱印をいただけます。毎月、神話の一場面とその物語を描く「神話御朱印」も。

2022年は溝旗神社のお月夜参りに参列して、叶えたい大きな目標へ一歩一歩近づいていきましょう。

溝旗神社

問い合わせ
058-262-9437
場所
岐阜県岐阜市溝旗町3-1
時間
参拝自由(授与所は9:00~17:00
※お月夜参りの日は~20:00頃)
※年末年始は公式HPで要確認
駐車場
5台(年末年始は駐車不可)
カード・電子マネー
不可
公式サイト
https://mizohatajinja.com/
アクセス
JR「岐阜駅」より徒歩で約7分


※掲載内容は2021年12月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

岐阜「溝旗神社」で、満月の“ハレの日”にお祈りを

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. おでかけ
  4. 岐阜「溝旗神社」で、満月の“ハレの日”にお祈りを

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。