絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2022.2.2wed

新感覚スイーツ“シュヌレ”とティーラテが人気!カフェ「キライナトキ、キライナコト。」が覚王山にオープン【名古屋】

2021年10月、覚王山駅から徒歩すぐの場所にオープンした「キライナトキ、キライナコト。」。カヌレとシュークリームを合わせた新感覚スイーツ“シュヌレ”や、ボトルのラベルに好きな文字を印字してくれる、種類豊富なティーラテが今話題になっています。

かわいいが詰め込まれた店内

ドライフラワーや、かわいらしいバルーンで飾られた明るい雰囲気の店内は、まるで誕生日パーティーに来たかのよう!店内に飾られているバルーンは、店長の島津さんの手作りで、好みの色や雰囲気、予算などを伝えると、まるで花束を注文するかのようにオリジナルのバルーンブーケを注文することもできます。

お店に置いてある雑貨は、誕生日やプチギフトとして、そして時には自分へのプレゼントとして贈ってもらいたいものをコンセプトにセレクト。島津さんが実際に足を運んだポップアップや展示会で、作家さんに直接声をかけて仕入れているのだとか!

店内のイートインスペース。家に帰るまで待てない!という人はお店で出来たてスイーツを楽しみましょう。

ティーラテで推し活⁉ 新感覚スイーツシュヌレ

お店で注文できるティーラテの種類はなんと13種類!コーヒーが苦手だという島津さんは、一般的な喫茶やカフェでティーメニューが少ないことを受けて、コーヒーが苦手な人に色んな種類のティーラテを楽しんでもらえるように、と考案したそう。

左から「ピーチティーラテ」、「バタフライピーティーラテ」(各680円※税込)

ティーラテは、ボトルラベルの一部に好きな文字を印字してもらえるサービス付き。カラフルなティーラテに合わせて、自分の推しているアイドルやキャラクターのトレードカラーのティーラテに、推しの名前やグループ名を印字して楽しむ“推し活”に来る人が今増えているそう!記念日や誕生日も印字できるのでギフトにもなるボトルは、飲み終わった後も大切に保管したいですね。

そして、もう一つの看板メニューは、カヌレの型で焼かれたシュークリーム、「シュヌレ」。お店で毎日焼き上げており、注文が入ってから一つひとつ中のクリームを入れます。

手前から、「まるごといちごのシュヌレ」、「とらねこシュヌレ」、「カスタードシュヌレ」(各330~430円※税込)

サクサクとした軽い食感のシュー生地の中には、甘すぎなくて食べやすいオリジナルのクリームがぎっしりと詰まっています。

2022年の干支にちなんで、2月末まで期間限定で販売しているトラ柄のシュヌレ。中のクリームは、黄色のかぼちゃクリームと黒色のチョコレートクリームで、トラの模様のようなマーブルに。

断面がかわいいイチゴのシュヌレには、イチゴがまるまる一つ入っており、イートインの際にはお願いすると、断面の写真が取れるように半分にカットしてくれますよ。こちらも4月頃までの期間限定商品なので、気になる人はお早めに!

その他にも、かわいらしいスイーツがたくさん!ティータイムのお供にはもちろん、パーティーやプレゼントにもピッタリですね。

店名に隠されたメッセージ。日常のキラキラを見つけてほしい

店長の島津さん

ーお店をオープンしたきっかけは?

島津さん「以前からカフェという業態に限らず、いつか自分のお店を持ちたいなと思っていました。その中で、昔から好きだったお菓子作りや風船作り、雑貨集めなど、これまで自分が歩んできた道の集大成が、カフェという形にマッチして、お店をオープンさせて頂くことができました。」

ー店名の由来は?

島津さん「ネガティブな意味なのかな?と思える店名ですが、実は”キラキラ”という言葉が隠れているんです。私たちはコロナ禍の厳しい時代にお店を開くことになりましたが、だからこそ内装を一からDIYしたり、お客さんが喜んでくれる商品開発に、たくさんの時間をかけることができました。一見、ネガティブだと思える事柄の中にも、実は楽しいことや、キラキラが隠れていて、それに気づくことが出来るか出来ないかで世界は変わって見える。店名にはそんな意味を込めました。意味を知ってからお店のロゴを見ると、なんだか少し違う印象に見えませんか?」

ー今後どのようなお店にしたいですか?

島津さん「まずは、まだお店もオープンして間もないので、もっともっと多くの人にお店のことを知ってもらいたいです。これからもお客さんの日常にキラキラをお届けできるお店になるよう、色んな事にチャレンジしたいなと思います。」

編集部 今井

暗い階段を降りた先に広がる、明るくて素敵な世界観のお店に驚きました!おいしいシュヌレや、種類の豊富なティーラテはもちろん、店長の島津さんの天使のような人柄と、丁寧な接客に終始メロメロでした…。店内の隅から隅までかわいいが詰め込まれた「キラキラ」で、ぜひ素敵なひとときを過ごして下さい!

キライナトキ、キライナコト。

問い合わせ
052-750-2101
住所
名古屋市千種区末盛通1-17 覚王プラザB1F
営業時間
10:00~17:00
定休日
木曜
駐車場
なし
カード・電子マネー
Instagram
https://www.instagram.com/kirakira.tea101


※価格はすべて税込。
※掲載内容は2022年2月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

新感覚スイーツ“シュヌレ”とティーラテが人気!カフェ「キライナトキ、キライナコト。」が覚王山にオープン【名古屋】

WRITER

Kanon Imai

Kanon Imai

岐阜県・多治見市出身。グルメ・美容・スポーツ・カルチャーと欲張りな新人。趣味は読書とジョギングで、一人前の編集者になるために勉強中!地元の多治見市が大好きで毎週末帰省している。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Kanon Imai
  4. 新感覚スイーツ“シュヌレ”とティーラテが人気!カフェ「キライナトキ、キライナコト。」が覚王山にオープン【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。