絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#レシピ

2022.2.25fri

【農家のレシピ】「えのもと農園」が教える「芯まで甘い春キャベツステーキ」

野菜のおいしさを最もよく知る東海三県の農家が、おうちで簡単にできるおかずのレシピを伝授!

今回は、愛知県知多郡美浜町「えのもと農園」の榎本裕貴さん、彩見さんご夫婦に「芯まで甘い春キャベツステーキ」のレシピを教えてもらいました。

美浜町「えのもと農園」

作物ごとに適した土作りから力を入れ、野菜を育てている「えのもと農園」。そこへ3年前に就農し、祖父母、ご両親とともに農業を営んでいるのが榎本さんご夫婦です。

歯応えがよく、煮込み料理に向いている冬キャベツ(左)に対し、春キャベツ(右)は柔らかな食感と甘みが特徴。


農業に関する資格を取得したり、無人販売所を新たに設置したりと、日々奮闘しています。
キャベツは夏以外に採れる、農園の代表的な野菜。これからの時期は、春キャベツが旬を迎えます。

えのもと農園

Instagram
@enomoto_farm
野菜を買える場所
◎無人販売所(愛知県知多郡美浜町)※場所は要問い合わせ
◎ジョイフルファーム鵜の池(愛知県知多郡美浜町上野間中新田10) 他

「芯まで甘い春キャベツステーキ」のレシピ

今回紹介してもらったのは、キャベツの甘みを存分に感じられる、シンプルでおいしい「芯まで甘い春キャベツステーキ」です。

材料(2人分)

春キャベツ:1/4玉
オリーブオイル:大さじ1
ニンニク:1/2片
しょうゆ:小さじ1
塩:少々
黒コショウ(粗挽き):少々

作り方(調理時間:約10分)

1. 春キャベツの芯をつけたまま、2~3等分にくし切りにする。葉がバラバラにならないように、つまようじで数カ所留めておく。

2. フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたニンニクを入れて弱火で熱し、香りが出たらキャベツを並べる。

3. 蓋をして中火で蒸し焼きにし、途中で裏返しながら、両面に焦げ目がつくまで焼く。

4. 火を消して、しょうゆを鍋肌(鍋の内側の側面)から回し入れ、塩、黒コショウを振る。


榎本裕貴さん、彩見さん

ベーコンを一緒に焼いたり、チーズをのせたり、アレンジも◎です。

その他の春キャベツレシピは雑誌『ケリー』で!

2/22に発売した雑誌『ケリー』4月号「おうちごはん特集」では、「芯まで甘い春キャベツステーキ」に加え、「キャベツたっぷりとんぺい焼き」「春キャベツのやみつきナムル」のレシピも紹介しています♪
コンビニや書店で、ぜひチェックしてみてくださいね。

Check!

KELLY4月号「おうちごはん」特集! 見どころをチェック

KELLY4月号「おうちごはん」特集! 見どころをチェック


※掲載内容は2022年2月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【農家のレシピ】「えのもと農園」が教える「芯まで甘い春キャベツステーキ」

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. レシピ
  4. 【農家のレシピ】「えのもと農園」が教える「芯まで甘い春キャベツステーキ」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。