絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

【農家のレシピ】「トマロッソ」が教える「トマトの塩昆布和え」
#レシピ

2022.2.28mon

【農家のレシピ】「トマロッソ」が教える「トマトの塩昆布和え」

野菜のおいしさを最もよく知る東海三県の農家が、おうちで簡単にできるおかずのレシピを伝授!

今回は、愛知県東郷町のトマト農家「トマロッソ」の農場長・浅岡竜馬さんに 「トマトの塩昆布和え」 のレシピをおすすめしてもらいました。

東郷町「トマロッソ」

太く立派な茎に大きな実がなるビニールハウスの中を丁寧に案内してくれた、農場長の浅岡さん。
ブランドの立ち上げ時から、トマトの品質研究やブランディングに携わってきました。

通常は店頭に並ぶときに食べ頃になるよう、完熟よりもかなり前に収穫するトマト。しかし、東郷町にある「トマロッソ」では「ギリギリまで木になった状態で栄養を蓄えた、採れたてを食べてほしい」との思いで、減農薬の水耕栽培でトマトを育てています。

温度や水質の管理を徹底。適度なストレスを与えることで、栄養たっぷりの実がなる。

農場の直売所では、トマト(4個300円~)はもちろん、ジュース(1000円)やトマト酢(700円)なども販売。

トマトは採れてすぐに、直接スーパーの売り場へ。卸売市場を挟まない独自の流通経路で、新鮮なまま届けています。

トマロッソ

問い合わせ
0561・38・1051(プロトコーポレーション)
公式HP
tomarosso.com
野菜を買える場所
◎トマロッソ直売所(愛知県愛知郡東郷町諸輪仲田12-1)※日曜定休
◎愛知県内の「イオン」9店舗
◎松坂屋 名古屋店 他

「トマトの塩昆布和え」のレシピ

今回紹介してもらったのは、混ぜるだけでパパっとできる「トマトの塩昆布和え」です。

材料(2人分)

トマト:2個
カシューナッツ:15g
塩昆布:10g
ゴマ油:小さじ1

作り方(調理時間:約15分)

1. トマトはくし形に切り、カシューナッツは細かく刻む。
2. ボウルにすべての材料を入れ、よく混ぜる。
3. 10分ほど置いたら器に盛る。


農場長・浅岡竜馬さん

アクセントにカシューナッツの他、クルミなどのナッツ類を入れてもOKです。

その他のトマトレシピは雑誌『ケリー』で!

2/22に発売した雑誌『ケリー』4月号「おうちごはん特集」では、「トマトの塩昆布和え」に加え、「トマトのイタリアン餃子」「トマトとキノコのごはん」のレシピも紹介しています♪
コンビニや書店で、ぜひチェックしてみてくださいね。

Check!

KELLY4月号「おうちごはん」特集! 見どころをチェック

KELLY4月号「おうちごはん」特集! 見どころをチェック

家にいる時間が急増している近年。2月22日(火)発売の今号では、おうちでの食卓がちょっと楽しくなる、レシピ・お取り寄せ・テイクアウトの「おうちごはん」コンテンツをまとめています。 特集「おうちごはん」 調べてみるとケリーでは実に約10年ぶりの、自宅で楽しむ料理の特集。「今はどんな食卓が求められているのか?」と考えてみると、仕事や学校で忙しい毎日、コロナで増える在宅の時間…ストレスの多い日々に取り入れたいのは、”簡単で、おいしい“ではないかなと。 そして、ケリーがこの特集をやるからには東海三県の地元パワーは必要不可欠。野菜の農家さんやレストランのシェフ、デパートの広報さんなど、たくさんの方のご協力をいただいて、おいしくて使える一冊ができました。 すぐにできるレシピの他、お取り寄せやテイクアウトなど、お手軽なグルメ情報もたっぷりです。おうちでのご飯が、もっと幸せな時間になりますように。 農家・人気店店主・食品メーカーに、それぞれの個性が光る簡単レシピを教えてもらいました。 並べるだけでおしゃれな食卓に!名古屋の専門店&デパ地下のテイクアウトデリ情報も。 主役級⁉ 東海のご飯&パンのおともを編集部が食べ比べしました♪ 書店やコンビニでも販売していますが、ケリーストアからでも宅配・取り寄せが可能です◎。 【連載中】今月の『ボイメン レター』は、吉原雅斗くんがお届け 連載中の「BOYMEN LETTER(ボイメン レター)」では、毎日を全力で楽しみながら愛知・岐阜・三重の魅力を発信する「ボイメン」のメンバー1名が、今月の名古屋めしをご紹介します。 今回は吉原雅斗くんが登場!! 撮影現場のメイキング動画を特別に公開しちゃいます! 次号予告 ケリー5月号 「春の東海日帰り旅」 3月23日(水)発売です。 ※内容・発売日は変更になる場合があります KELLYプレゼンツ➀ ネオ喫茶店「喫茶 日日」もぜひ! 愛知・岐阜・三重の“GOOD LOCAL LIFE”を提案する地域情報誌『KELLY』が運営している「喫茶 日日」。 グッドローカルな地元店舗・企業の協力をいただきながら、地元食材にこだわり、ナゴヤに根付く喫茶文化と発酵文化を融合させた、新ジャンルのネオ喫茶です。 KELLY3月号の特集「おいしいパン 2022年版」でも、「おいしいパン」が味わえるお店として登場しています。ぜひ、足をお運びください! 「日日」のモーニングは、15時までドリンク代だけでトースととゆで玉子付き! ふわっ&しっとりのおいしいパンを使ったカツサンドも、激推し! KELLYプレゼンツ② ECサイト「ケリーストア」でお買い物を♪ 名古屋で創刊34年続く『KELLY』が独自のセレクト力で、愛知・岐阜・三重のいいモノを集めたオンラインショップが「ケリーストア」です。 グッドローカルだからこそ生まれたもの、手に入れてグッドローカルライフな気分になれるものを厳選。素敵なお買い物をお楽しみください。 新商品のバスクチーズケーキは、百貨店にも出店しているドーナツが名物の「ZARAME」の商品。濃厚なチーズがたまりません! ギフトにいかがですか? ▼ケリーストア https://kelly-net.shop/ ※掲載内容は2022年2月現在の情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください


※掲載内容は2022年2月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

【農家のレシピ】「トマロッソ」が教える「トマトの塩昆布和え」

WRITER

Moeko Mizuno

Moeko Mizuno

岐阜県多治見市出身。お笑いと甘いものが好き。スイーツは食べるのも作るのも好きで、休日はお菓子作りに励む。実家が陶器屋を営み、器にこだわる一面も。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. レシピ
  4. 【農家のレシピ】「トマロッソ」が教える「トマトの塩昆布和え」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。