絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2022.3.14mon

岡崎に「なつカフェ」がオープン! 自家製の焼き菓子やモーニングを心和む空間で

名鉄「東岡崎駅」から北へ車で15分ほどの場所に、2021年10月20日にオープンした「なつカフェ」。店内にはアンティークの家具や小物が置かれていたり、白熱球のような温かな光の照明がつけられていたり、畳の敷かれたコーナーがあったり、“なつかしい”をテーマにしたほっとくつろげる空間が広がっています。

今回は、そんな「なつカフェ」の空間や、気になるメニューをご紹介します。

同じ建物に事務所を構える住宅会社が設計

「なつカフェ」を設計したのは、同じ建物に事務所を構える「温戸ライフ」という住宅会社です。入り口を進んで右手の扉を開けるとなつカフェで、左手の扉の奥が温戸ライフになっています。

住宅会社が手がけているだけあって、一枚板のしっかりとしたカウンターや、レトロなガラスをはめ込んだ建具など、細部まで懐かしい雰囲気が演出されています。

ちなみに、座敷は床暖房完備で、この冬に大活躍! お子さま連れの方もゆったり過ごせると好評だそうです。

自家製スコーンと野菜たっぷりのモーニングを

「スコーンとサラダモーニング」(ドリンクの値段+150円)

オープンの朝9時を過ぎると、次々と訪れるお客さんたち。みなさんのお目当ては、新鮮な野菜たっぷりのモーニングです。中でも人気は、ドリンクの値段+150円で味わえる、店主の加藤さんが焼き上げる「スコーンとサラダモーニング」。このほか、あんこの付いた「トーストとサラダモーニング」(+150円)や、エッグスタンドに乗ったゆで卵が懐かしい「レギュラーモーニング」(+0円)も用意されています。

体に優しい素材で作るレモンケーキやチーズケーキサンドが人気

「レモンケーキ」(220円)

なつカフェの大きな魅力が、加藤さんがすべて焼き上げるお菓子です。添加物は使わず、なるべく体に優しい素材を選んで作る焼き菓子のなかで、この日味わったのは、ぷっくりとした形が愛らしい「レモンケーキ」(220円)。口に運ぶと、レモンの爽やかな香りと濃い味わいが一気に広がりました。その秘密は、生地や上にかけられたアイシングにも、レモン果汁や皮が練り込まれていて、上にもレモンピールやジュレが乗っているから。そこにカリっとしたピスタチオがアクセントを加えています。

この他、ザクザクとした食感の全粒粉クッキーで、ホワイトチョコレートを混ぜた濃厚なチーズケーキを挟んだ「チーズケーキサンド」(330円)や、プレーン、バナナとチョコ、レーズンとくるみ、クリームチーズクランベリーなど、時々でラインナップが替わるどっしりとしたマフィン、スコーン、クッキーなどがそろいます。

「自家製ジンジャエール」(550円)

ドリンクは、丁寧に煮詰めた自家製シロップでつくる「自家製ジンジャエール」(550円)や「自家製クラフトコーラー」などが人気。ランチタイムには、月替りで2種類のキッシュが用意される「選べるキッシュプレート」(1320円)が味わえます。

丁寧につくる焼き菓子で、たくさんの人に笑顔を届けたい

ーカフェを開いた原点は?
店長・加藤さん ずっと焼き菓子を作るのが好きで、焼き上げたマフィンやクッキーを友人などにあげると、すごく喜んで食べてくれて、笑顔になってもらえるのが本当にうれしくて。いろんな方に自分がつくる焼き菓子を食べてもらいたい、いつかカフェが開きたいと思うようになりました。「温戸ライフ」の代表は、以前に同じ会社で働いていた上司で、事務所の横にカフェを開きたいと声をかけてもらい、長年の夢が叶いました!

ー店内で気に入っている場所は?
店長・加藤さん 「なつカフェ」のロゴが入ったのれんが、懐かしい雰囲気で気に入っています。のれんをくぐるとテイクアウトのカウンターがあり、焼き菓子やキッシュ、ドリンクが購入できますので、ぜひこちらもご利用ください! 一枚板のカウンターも重厚感があってお気に入り。夕方近くには、一人で来られる男性のお客様も意外と多いんですよ。

ー最後に、お客さまにメッセージをお願いします。
店長・加藤さん “どこか懐かしさの感じられる、ほっと一息つけるカフェ”になれたらと願い、『なつカフェ』と名付けました。ぜひ穏やかな気持ちで、ゆったりと過ごしてもらえたら嬉しいです。どうか、気軽にお越しください!

ライター
杉山

撮影後に味わったレモンケーキは、“レモン感”が強くとてもおいしくて、お土産にも買って帰りました! モーニングもドリンク代+150円とは思えないほど充実していて、大人気なのも頷けます。添加物を使わず日々丁寧に、焼き菓子を焼いて提供する加藤さんからは、「おいしく体にも優しい焼き菓子を味わってほしい」という思いを感じました。

取材・文/杉山正博 撮影/北川友美
※価格はすべて税込み
※掲載内容は2022年3月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

岡崎に「なつカフェ」がオープン! 自家製の焼き菓子やモーニングを心和む空間で

店名
なつカフェ
営業時間
9:00〜17:00(モーニングは〜11:00、LOは16:00)
定休日
月・火曜
場所
愛知県岡崎市河原町16-12
駐車場
20台
カード使用
問い合わせ
0564-79-7797
Instagram
https://www.instagram.com/natsucafe_/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY6月号(2022年4月22日発売)愛しの中華と台湾料理

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

岡崎に「なつカフェ」がオープン! 自家製の焼き菓子やモーニングを心和む空間で

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Masahiro Sugiyama
  4. 岡崎に「なつカフェ」がオープン! 自家製の焼き菓子やモーニングを心和む空間で

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。