絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ショッピング

2022.4.27wed

PR

「BINO栄」の最新ニュースをチェック!東海初の「ソメスサドル」直営店がオープン【名古屋】

“美食×美飾”をテーマにした商業施設「BINO栄(ビーノサカエ)」では、注目のオープンニュースが続々! 東海エリア初出店のブランドや、映えるなごやめし、スポーツ観戦を楽しめるレストラン&バーなど、最新情報をお届けします。

2F「ソメスサドル名古屋店」

1964年に北海道で創業した、宮内庁御用達の老舗馬具メーカー〈ソメスサドル〉。世界のトップジョッキーの鞍を手掛け、品質と信頼性に高い評価を得ています。騎手の命を守る馬具づくりに注ぐクラフトマンシップは、バッグや財布をはじめとする革製品すべてに貫かれ、長く愛せるアイテムがそろいます。

そんな〈ソメスサドル〉の直営店が「BINO栄」にオープン。東海エリアへは初出店となる、メンズ・レディースをそろえた東海地方の旗艦店です。オープンを記念し、名古屋店だけの限定アイテムやノベルティプレゼントを用意しているということで、注目の商品をご紹介していきます。

S(W180 H130)1万7600円、M(W250 H180)2万8600円、L(W350 H250)4万6200円

ソメスサドル名古屋店 先行発売商品
FREUND(フロイント)ナチュラルコードバンスリムポーチ 3種

オイルを革の内部までしっかりと浸透させたオイルコードバン。革の内部にまで染色しているため色味に奥行きがあり、革本来の風合いを残すことで、深みのある独特の経年変化を楽しめます。

PT-21 ラウンド長財布 3万3000円、PT-25 二つ折り財布 2万8600円、PT-26 三つ折りミニ財布 2万2000円

PIROUETTE(ピルエット)
ソメスのアイテムの中でも、圧倒的な人気を誇る財布シリーズ。シンプルなデザインに艶やかにきらめくシボ、鮮やかでクリアなカラーリング、さり気なくあしらわれた馬蹄のアクセントが美しく輝きます。

落ち着いた色彩で統一された「ソメスサドル名古屋店」の店内では、まるでギャラリーで作品を眺めるように、ソメスサドルの世界観をゆっくりと堪能できます。ぜひ、この機会に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ソメスサドル名古屋店

電話
052-961-1888
営業時間
11:00〜19:00

B1F「スパゲティハウスチャオ BINO栄店」

今年3月には、地下1階に「スパゲティハウスチャオ BINO栄店」が誕生しました。クラッシックな部分も残しながら、キャッチーなカジュアルさを兼ね備えた店内。1983年に2店舗目としてオープンした「菱信ビル店」を基に海辺をイメージし、手書きで施されたカジキマグロのペイントが目を引きます。カウンター席があり、おひとりさまでも入りやすいのがうれしいポイントです。

そんな「スパゲティハウスチャオ BINO栄店」で楽しみたい、特にイチ押しのメニューをご紹介します。

ミラカン(S 900円、R 970円、J 1060円)
チャオの人気No.1メニューといえば「ミラカン」。たっぷりの野菜と赤ウインナーの彩りは映えるなごやめしとしても人気です。

フンギ(S 950円、R 1020円、J 1110円)
秋限定のメニューだった「フンギ」が、定番化の声が多く、レギュラーメニューに仲間入り。免疫力を高めると言われる成分が多く含まれている、きのこがたっぷり入った「フンギ」は、チャオの人気メニューTOP5の常連に。特に女性からの支持が厚く、このメニューだけを食べに訪れる熱烈なファンも!

スパゲティハウスチャオ BINO栄店

電話
052-228-7676
営業時間
11:00~21:00(LOは20:30)
※11:00~22:00に変更の場合あり

B1F「レストラン&バー トリシゲ・スタジアム クリスタル広場前店」

「麺・甘味 とりしげ」を改装し、新たに「レストラン&バー トリシゲ・スタジアム クリスタル広場前店」として、4月28日(木)にリニューアルオープン!

大型モニター8台を完備した店内では、野球はもちろん、サッカーやラグビーなど、スポーツ好きなメンバーで気軽に観戦・交流を楽しめます。

フードメニューは、おいしいチキンを中心に提供。バルのような雰囲気で、立ち飲みもOK。新・名古屋名物「とりしげバッファローチキン」も、ビールが進むピリ辛旨味で登場します。

また、鶏屋の本気を注ぎ込んだ名物ランチも自慢! 「不滅の鶏らーめん(塩・醬油)」と「ふわとろ親子丼」の両方が味わえるハーフセットや、渾身の「トリシゲバーガー」のセットも見逃せません。

店舗では、元・中日ドラゴンズの彦野利勝氏によるトークライブなどのイベントも開催。スポーツ観戦をしながら、楽しく食べて飲んで、盛り上がれること間違いなしの新スポットに、注目が集まります。

レストラン&バー トリシゲ・スタジアム クリスタル広場前店

電話
052-953-4129
営業時間
11:00~15:00
17:00~23:00
(土・日曜、祝日は11:00~23:00)

メインストリートである大津通側にエントランスを構え、サカエチカ「クリスタル広場」と直結する「BINO栄」。再開発が進み、これからますます生まれ変わってゆく栄エリアに、今後も目が離せません。

BINO栄

場所
名古屋市中区錦3-24-17(サカエチカ「クリスタル広場」直結)
営業時間
店舗により異なる(問い合わせは各店舗へ)
休館日
1月1日

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「BINO栄」の最新ニュースをチェック!東海初の「ソメスサドル」直営店がオープン【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. ショッピング
  4. 「BINO栄」の最新ニュースをチェック!東海初の「ソメスサドル」直営店がオープン【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。