絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.5.3tue

京都・祇園の人気スイーツ店「京きなな」が東海エリアに初出店!

京都祇園に本店を構える、きなこを使ったアイスクリームのお店「京きなな」が、常設店として東海地方初出店。本店で守り続けてきた「やさしく、おいしく」を原点に、”五感で感じる京都”をテーマとした店舗が誕生します。名古屋店のためにこだわり抜いて作った新しいメニューも!

京都・祇園の趣が名古屋に!

「タワーズプラザ レストラン街」13階にオープンした「京きなな」。名古屋での催事出店の際にも人気を博し、「名古屋でもこの味を食べたい」という多くのファンの声をうけ、待望のオープンを果たしました。

のれんをくぐると、木の温かみ感じるテーブルに、京都をイメージした和の設えが。部屋の奥には、大きな窓のように見立てられたディスプレイがあり、実際に京都で撮影された、美しい風景の数々を目と耳で楽しむことができます。

大人気メニュー!出来たてきななのパフェ

「パフェ(ベリー)」(853円)

「パフェ(大人ビター)」(745円)
「京きなな」の名物でもある「きなな」とは、きなこのアイスクリームのこと。丹波黒大豆きなこをはじめとした厳選素材のみを使用し、科学的な着色料、保存料を一切使わず、脂肪分も一般的なアイスクリームに比べ抑えられているので、健康志向の方や、ダイエット中の方にもおすすめです!また、卵が使用されていないため、 卵アレルギーの人でも安心して食べることができます。

パフェは「ヘルシー」「和」「大人ビター」「ベリー」の全4種類で、きなこの風味たっぷりのアイスクリームを引き立たせるために、どれもトッピングはあえてシンプルに。出来たては、まろやかで、しっとり。少し溶けてくると、きなこのざらりとした粒子と、まったりしたアイスのとろみが、唯一無二の食感!ヘルシーながら濃厚な口当たりで、大満足の一品です。

きななを満喫できる店内限定のスペシャルメニュー!

「きななの玉手箱」(2860円)
「京きなな」の名古屋の店舗では、基本的にはテイクアウトメニューがメインですが、「きななの玉手箱」は唯一店内で楽しむことができるプレミアムメニュー!

「京きなな」のオリジナルブレンドきなこを使用したティラミス、ロールケーキ、わらび餅、モンブランなど、きなこを存分に楽しめるスイーツが大集合!食後には温かいほうじ茶も付いており、とっておきのティータイムになること間違いなしです。

お土産にぴったりなチョコレートも!

「京きなな チョコレート」(各1242円)
丹波黒豆の炒り豆とそばぼうろを練りこんだ、香りと食感豊かなチョコレート。味はきなこ・抹茶・ほうじ茶・ビターの4種類!手土産や、お茶菓子にもぴったりですね。

編集部 今井

「アムール・デュ・ショコラ」など、催事出店の際に話題になった京都のスイーツが名古屋に上陸したとのことで、大興奮!パフェはどれも濃厚なのにヘルシーで、罪悪感なく食べられるのがうれしいですよね。まだ食べたことがないという人は、ぜひ一度食べてみてほしいです!

京きなな

場所
 名古屋市中村区名駅1‐1‐4 JRセントラルタワーズ13F
問い合わせ
 080‐3158‐4977
営業時間
 11:00~ 20:00(LOは19:30)
定休日
 施設に準ずる
公式HP
 www.kyo-kinana.com

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

京都・祇園の人気スイーツ店「京きなな」が東海エリアに初出店!

WRITER

Kanon Imai

Kanon Imai

岐阜県・多治見市出身。グルメ・美容・スポーツ・カルチャーと欲張りな新人。趣味は読書とジョギングで、一人前の編集者になるために勉強中!地元の多治見市が大好きで毎週末帰省している。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Kanon Imai
  4. 京都・祇園の人気スイーツ店「京きなな」が東海エリアに初出店!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。