絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#中華

2022.6.1wed

【愛知・三重】辛い&シビレる! 麻婆豆腐の名店8選

大好き“まち中華”における、中華三大メニューといえば、餃子、麻婆豆腐、そして最近おいしい店続々登場の担担麺。今回は、麻婆豆腐の名店を8店ピックアップ!「アツい!! 辛い!!! しびれる~!!!」 を楽しんでください。

【名古屋・西区】中華料理 橙

技がキラリ☆ 上品な旨辛
四川料理の名店で修業した経験から、麻婆豆腐には並々ならぬこだわりを持つシェフ。手間を惜しまず手作りするミンチの中の甜麺醤や、他の料理には使用しない麻婆専用の特製ラー油などで、無駄に辛くない、爽やかに山椒が利いた上品な味わいに仕上げています。また、3年もののピーシェン豆板醤で味に深みを出しているとも。中華の定番料理はもちろん、洋食の要素を取り入れたメニューも多数ラインナップされ、あれこれ迷ってしまいそう。盛り付けも美しく、新中華というカテゴリーで私たちを楽しませてくれます。

四川麻婆豆腐 850円

自家製甜麺醤や麻婆専用のラー油を使用するなど、こだわりの調味料を用いて、ここならではの味わいに。

海鮮入り白麻婆 1480円

塩味で煮込んだ豆腐の上に、唐辛子粉を振りかけ、あつあつの油で仕上げた一品。具だくさんで食べ応えも抜群です。

ソファ席やカウンター席もある1階の他に、2階も完備しています。

中華料理 橙(ダイダイ)

問い合わせ
052・526・1388
場所
名古屋市西区那古野2-10-10
営業時間
11:30~14:00、17:30~23:00(LOは22:30)
定休日
日曜・祝日定休
駐車場
なし
カード
電子マネー
ホームページ
arancia-event.sblo.jp
予算
昼1000円/夜3000円
アクセス
地下鉄「国際センター」より徒歩で約9分

【名古屋・中村区】陳麻婆豆腐大名古屋ビルヂング店

中国政府も認める本物の逸品
今から160年以上も前に、陳お婆さんによって考案されたここの麻婆豆腐「陳麻婆豆腐」。今でも当時のレシピを守り続け、最高級品とされる四川省漢源産の花椒など、素材にも並々ならぬこだわりを持ち続けています。現在の日本には多くの麻婆豆腐が楽しめますが、中国政府が認めたのはここだけだとか。本国が公認の味わいをぜひお試しを!!

陳麻婆豆腐 1360円

辛さだけでなく、コク、うま味、豆腐の風味が融合した伝統的な麻婆豆腐。

海老の香り炒め 1680円

“朝天辣椒”という四川省の唐辛子を丸ごと使用した、本格的な一品です。

陳麻婆豆腐(チンマーボードウフ) 大名古屋ビルヂング店

問い合わせ
052・526・3638
場所
名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビル Shops & Restaurants 3F
営業時間
11:00~15:00(LOは14:30)、17:00~23:00(LOは22:00)
定休日
不定休(施設に準ずる)
駐車場
あり(大名古屋ビル駐車場)
カード
電子マネー
ホームページ
chenmapo.jp
予算
昼1100円/夜2000円
アクセス
各線「名古屋駅」より徒歩で約1分

【名古屋・中区】彩膳中華 杏ZU

国際薬膳調理師が作る、やさしい一品
国際薬膳調理師の資格を持つ店主が腕を振るうのは、「おいしく食べて健康に」がモットーのメニューの数々。土鍋で提供される麻婆豆腐は、化学調味料不使用で、花椒やピーシェン豆板醤、香辣醤などに加え、甘麹や醤油麹が隠し味に。辛さ控えめで奥深い味わいで、食通たちの舌も唸らせています。

土鍋マーボー 950円 

複数の調味料のほか、麹を隠しに使ったヘルシーで体にも優しい。ヴィーガンのための対応もOKてす(1150円)。

居心地の良い店内。美と健康を求める女性のほか、男性のリピーターも増加中。

彩膳中華 杏ZU(アンズ)

問い合わせ
052・201・2700
場所
名古屋市中区丸の内1-11-28 田中屋ビル101
営業時間
11:30~14:00(LOは13:30)、17:30~21:00(LOは20:30)
定休日
月曜定休
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
不可
ホームページ
anzu-yakuzen.sakura.ne.jp
予算
昼950円/夜4000円
アクセス
地下鉄「丸の内駅」より徒歩で約5分

【名古屋・港区】中国料理 四川

激辛!!&旨いの聖地
激辛の聖地として多数のメディアでもお馴染みの店。2代目店主は日本における四川料理の父、陳建民氏に師事した逸材で、辛いだけでなく、正統派の味と技法を引き継いだ本格的な本場の味を再現。辛味の中にマイルドな痺れを感じる「麻婆豆腐」は不動の人気メニュー。

麻婆豆腐 1100円

豆腐を煮込むスープに山椒を忍ばせ、さわやかでコクのある風味をプラス。

真っ赤な円卓に気分も上がる店内。65種類近いメニューが味わえます。

中国料理 四川(シセン)

問い合わせ
052・653・6322
場所
名古屋市港区港楽1-1-5 港楽ハイツ5号棟1F
営業時間
11:00~14:30(LOは14:00)、17:00~21:10(LOは20:30)
定休日
水・木曜定休
駐車場
14台
カード
不可
電子マネー
不可
予算
昼1000円/夜2000円
アクセス
地下鉄「港区役所駅」より徒歩で約4分

【名古屋・千種区】Dining Bar ROOST

スパイシーなのにまろやか!! どういうこと!?
粗めの牛肉ミンチと味噌で作った肉味噌に、味が染み込みやすい木綿豆腐を入れて一体感を演出。本場中国ではポピュラーだという胡椒を多く入れた味付けですが、砂糖で甘みもつけているため、辛さ控えめの仕上がりです。上にのるパクチーの香りが鼻を抜け、味のアクセントに。その他のメニューも、季節感を意識して作っており、お酒と合うように濃いめにアレンジされています。

麻婆豆腐 1180円

手作りのラー油、削った青山椒で独特の風味を生み出しています。

キャンドルが灯される落ち着いた店内は、常連客でにぎわう日も多いそう。

愛犬連れでも気軽に立ち寄れるようにと、外にカウンター席も用意されています。

Dining Bar ROOST(ルースト)

問い合わせ
052・778・9030
場所
名古屋市千種区仲田1-5-15
営業時間
18:00~翌1:00(土・日曜、祝前日は~翌3:00)
定休日
水曜定休
駐車場
なし
カード
電子マネー
不可
予算
夜4000円
アクセス
地下鉄「今池駅」より徒歩で約10分

【名古屋・北区】錦水苑

ピリリっと激震!! これぞ四川!!!
シェフの馮氏は四川省成都出身で、祖国をはじめドイツ、フランスなど様々な五つ星ホテルで腕を磨いてきた華やかな経歴の持ち主です。彼が作る料理は、どれも本場四川の香辛料、調味料を使用した本格派。特に辛さと痺れには定評があり、パンチの効いた麻婆豆腐や担担麺を求める多くのファンから愛されています。

飛騨牛ミンチのマーボ豆腐(1480円)

飛騨牛のうま味が味に深みをプラス。赤と青、2種類の山椒をしっかり効かせているのが特徴です。

こちらの麻婆豆腐の特徴は、飛騨牛を用いたミンチにあります。肉からにじみ出るコクが、本場の以上の奥深い味に仕上がるのだとか。四川省超えのおいしさをどうぞ召し上がれ。

白子麻婆 2380円

大ぶりでプリンプリンの白子を贅沢に使用。ミルキーな白子が辛さを和らげてくれる。

2016年のオープン以来、本格激辛派の舌を楽しませています。

錦水苑(キンスイエン)

問い合わせ
052・912・6699
場所
名古屋市北区杉村1-1-7 ハートイン尼ケ坂1F
営業時間
11:00~14:00(LOは13:30)、17:30~22:00(LOは21:00)
定休日
月曜定休
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
ホームページ
mandarin-restaurant-220.business.site
予算
昼1000円/夜2000円
アクセス
名鉄瀬戸線「尼ケ坂」駅より徒歩すぐ

【三重・桑名市】中華バルSAISAI。

担担麺も話題の店のふるふる美白

「ありきたりが嫌で」と、麻婆豆腐は黒の他に白もスタンバイ。白い見た目で深みのある辛さを引き出すのに、試行錯誤を重ねたというオーナーシェフの自信作です。豆腐1丁のうち1/3はペースト状にしてよりふるふる感を。上質な肉のうま味をダイレクトに伝えたいからと、挽肉ではなく角切りチャーシューを入れるのもこだわりです。「メニューすべてに気を配りたい」と、調理はオーナーシェフ一人が担当するため、提供時間がかかることをご了承を。

脳天SHIBIRERU白麻婆豆腐 1078円

青山椒と鷹の爪の種で上品な辛さ。他ではなかなか味わえないふるふる食感がたまりません。都の製麺所「麺屋磾棣鄂」のウイング麺を使用した「担々麺」も名物です。

バーカウンターも設置。ウイスキーのラインナップも魅力的で中には、インド産のものも!

英国統治下時代の香港がモチーフの店内。

クリエイティブで個性的なセンスが光る創作中華を楽しんで。

中華バルSAISAI。(サイサイ)

問い合わせ
0594・24・3131
場所
三重県桑名市中央町4-44 WINDSビル1F
営業時間
11:30~14:00(LOは13:30)、18:00~24:00(LOは23:00)※土・日曜・祝は18:00~
定休日
火曜定休
駐車場
8台
カード
電子マネー
不可
Instagram
@saisai_chinese_bar
予算
昼1210円/夜3500円
アクセス
「桑名駅」より徒歩で約13分

【愛知・日進市】四川China八兵衛

麻婆豆腐全体のバランスが秀逸

『ミシュランガイド』にも掲載された、知る人ぞ知る名店がこちら。名物の麻婆豆腐は、大豆の風味が濃い長久手市「豆粋」の志野豆腐や、数カ月熟成させた豆板醤、花椒を使用しています。カドがないまろやかな味わいながら、花椒のほどよい痺れなど、トータルバランスに優れた感動のおいしさをぜひ自身の舌で確かめて。

麻婆豆腐 1050円

熱々の土鍋で提供されるので、最後の一口まで刺激的な麻辣テイストが持続。

調理シーンが見られるカウンター席もおすすめ。広い厨房から食欲をそそるいい香りが漂ってきます。

四川China八兵衛(シセンチャイナハチベエ)

問い合わせ
0561・72・5757
場所
愛知県日進市岩崎町大塚42-3 エターナルビル1F
営業時間
11:30~15:00、17:30~22:00※土・日曜、祝日のディナーは17:00~
定休日
月曜・第3火曜定休
駐車場
8台
カード
不可
電子マネー
不可
ホームページ
www.shisen-hachibei.com
予算
昼1500円/夜3000円
アクセス
名鉄「日進駅」より車で約10分


※掲載内容は2022年3月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

【愛知・三重】辛い&シビレる! 麻婆豆腐の名店8選

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中華
  4. 【愛知・三重】辛い&シビレる! 麻婆豆腐の名店8選

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。