絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2022.6.13mon

三重・松阪市で人気沸騰中のカフェ「bona」ってどんなお店?

三重・松阪市に、オープン直後から話題のカフェがあるとの情報をキャッチ! でも、営業は不定期、SNSでも情報が乏しく、とっても謎の多いお店…。ならば!ということで、お店に取材に行ってきました。

住宅街にひっそりたたずむ、白い建物を目指して

お店は、大通りを1本入った路地にあります。まるで民家のようなたたずまいです。さっそく、中に入ってみましょう。

扉を開けると真っ先に目に入るのは、注文カウンター。クッキーやスコーンなどの焼き菓子を販売するほか、イートイン用のカウンター席も兼ねています。

店内には、テーブル席が3席ほど。彩度を抑えたインテリアやたくさんのドライフラワーが、シャビーシックな雰囲気です。

「クッキー」(210円)は、スパイスクッキー、紅茶クッキーなど数種類を用意
メニューは、イートイン・テイクアウトのどちらもOK。ちょっとしたおやつや、手土産を買いに来る人も多数です。

スパイスカレー&チーズケーキがおすすめ

「スパイスカレー」(900円)、「チャイ」(450円)
こちらでぜひ食べたいのが、「スパイスカレー」。辛さは抑えつつ、奥深い味わいのカレーと、パプリカやヤングコーン、卵のピクルスが好相性で、ついつい食が進みます。

カレーのおともには、茶葉の味がしっかりと感じられ、お口直しに最適な「チャイ」をどうぞ。スパイシーさは控えめでまろやかな口当たりなので、紅茶好きの方にもおすすめです。

「チーズケーキ」(450円)
おやつには、「チーズケーキ」がマスト。シンプルな材料のみで作った素朴な味わいが、不思議とやみつきに。これをお目当てに訪れる人も多く、平日でも売切れてしまうことが珍しくありません。

チーズケーキを始めとしたメニューは、どれも予約可能。行く日が決まったら、事前に取り置きをお願いするのがおすすめです。

店主・津田さんにインタビュー

ーーとっても素敵なお店ですが、どこかの飲食店で働かれていたんですか?
津田さん 実は、異業種からの転身なんです(笑)。もともとは、ディーラーで営業マンをしていました。

子どもが生まれたときに育休を取ったんですが、復帰してから「もっと子どもと過ごす時間を作りたい」という思いが強くなってきて。自分たちのペースで仕事ができないかなと考えるようになりました。もともと料理が好きだったこともあって、独学でカフェを開こうと思ったんです。この夏から、カフェ営業に本腰を入れていくつもりです。

ーー意外なご経歴ですね! メニューにおいては、どんな点にこだわっていますか?

津田さん 材料に、国産のものを多く使っている点ですね。子どもでも食べられるものにしたいので、安全なものをセレクトしています。

ーー人気の「チーズケーキ」は、どのような経緯で生まれたメニューなんですか?

津田さん 育休中、よく家でチーズケーキを作っていたんですが、それが周囲に好評で。はじめはレシピを参考にしていましたが、2年くらいかけてアレンジして、自分のレシピができあがりました。お店で出しているチーズケーキも、そのレシピで作っています。

ーー店名の由来を教えてください。

津田さん 「bona」は、ラテン語で「良い・心地よい」という意味の単語です。英語で言うところの「good」ですね。好きな料理家さんの猫ちゃんの名前も「ボナ」で、いいなと思って拝借したんです。ちなみに看板のイラストは、愛犬とうちの娘をイメージして描いてもらったものです。

ーーご家族への思いが詰まったお店なんですね。今後、お店をどうしていきたいですか?

津田さん 今は営業日が少なめですが、7月末から本格的に稼働していきます。また、撮影スタジオとしても使っていただけるように準備中です。妻が美容師なので、七五三などのイベントのときの撮影などに使ってもらえたらうれしいですね。

シモカワヒロコ

一見、普通のお家なのに店内がおしゃれだったり、スタイリッシュに見えて実は家族への愛情たっぷりだったりと、いい意味で予想を裏切られる点が多かったです。カレーやスイーツも、シンプルにおいしさを感じられるものばかり。店主・津田さんと奥さんが、お客さん一人一人に丁寧に接し、楽しくお話されている様子も印象的でした。単なる「おしゃれなカフェ」にとどまらない魅力がありますよ!

bona(ボナ)

営業時間
12:00〜18:00
定休日
不定休
場所
三重県松阪市南町231
駐車場
5台
カード・電子マネー
不可
平均予算
昼1200円
問い合わせ
070-8553-6242
Instagram
@bona.and


※価格は税込み表記
※掲載内容は2022年6月時点の情報です

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

三重・松阪市で人気沸騰中のカフェ「bona」ってどんなお店?

WRITER

Hiroko Shimokawa

Hiroko Shimokawa

岐阜県岐阜市出身。雑誌編集者、子ども向けイベント屋を経て、2021年9月に独立。現在はフリーランスのライター・編集者として、様々なWebメディア・雑誌等で活動中。マイブームは香水集めと日本画を描くこと。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Hiroko Shimokawa
  4. 三重・松阪市で人気沸騰中のカフェ「bona」ってどんなお店?

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。