絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ランチ

2022.6.15wed

三重・津市のカフェ「喫茶日曜日」のマフィンで、至福のひとときを

三重県・津市の山中にオープンした「喫茶日曜日」。オープン直後から口コミで話題になり、平日でもオープン前から行列ができる人気ぶりだとか!いったいどんなお店なのか、人気の理由をリサーチしてきました!

津市の山中にひっそりオープンした、人気カフェの2号店

「喫茶日曜日」は、津市の中心部から少し離れた山中にあります。こちらは、同じく津市内で店を構える「cafe ffee-co(カフェ ヒコ)」の2号店。温かみを感じる木の壁と、可愛らしい看板たちが目印です。

敷地内には、ブランコがあちこちに。「買い物が終わるのを待っている間、子供たちが退屈しないように」との願いで設置されたものです。

広々とした店内には、約700冊の古本もあり、ブックカフェ感覚でも利用できます。本は販売もしているので、気に入ったものはぜひマフィンと一緒に連れて帰ってください。

物販コーナーでは、店頭でも使っているコーヒー豆や器に加え、地元作家の作品も販売中。

マフィンもケーキも!おすすめメニューをチェック

店内のショーケースには、おかず系・スイーツ系のマフィンがずらり。定番のものから、季節限定のものまで種類豊富です。マフィンは、イートインもテイクアウトも可能なので、手土産にもぴったり。

「ダブルストロベリーチーズケーキ」(518円)、「いつものブレンド」(589円)
マフィンは、ふわふわ&しっとりとした食感が特徴です。具材やトッピングも大ぶりで、食べごたえがあります。軽食として1つ食べるのはもちろん、2つ食べればしっかりランチにもなります。

「エスプレッソシフォンロール」(572円)
マフィンのほか、ロールケーキなども充実しています。どれも、素朴な中にも丁寧な仕事を感じるものばかり。滋賀県の作家・藤原純さんの器との組み合わせも楽しんでみてください。なお、器は物販コーナーで販売しています。

「喫茶日曜日」店主・光岡知彦さんにインタビュー

ーーオープンのきっかけを教えてください。
光岡さん 一緒に働いてくれるスタッフが、もっと働きやすい環境にしたいと思ったからです。

最初にオープンした「cafe ffee-co」でもマフィンを作って販売していたんですが、ありがたいことに毎日たくさんのお客様に来ていただいていて。それで、マフィンを作ってくれるスタッフ達が気持ちよく働けるように、いつかはもっと広い場所に移りたいと思っていました。

今、この「喫茶日曜日」には11名のスタッフがいるんですが、これだけお客様が来てくれると、メリハリやスピード感も求められますよね。だから、やりがいも感じながら働いてくれているんじゃないかなと思います。

ーー「喫茶日曜日」という店名も素敵ですね。
光岡さん ありがとうございます。日曜日って、みんながワクワクする大好きな曜日だと思います。この場所でも、そんな気持ちになっていただきたいと思って、「喫茶日曜日」と名づけました。

ちなみに、店のキャッチコピーは「話の続きをしよう」です。お一人ではもちろん、家族や友達とおしゃべりをして、リラックスした時間を過ごしていただけたらと思います。

ーー今後、お店としてどのようになっていきたいですか?
光岡さん お店をオープンした時の気持ちのまま、継続して営業していくことですね。

僕たちのお店に共通するコンセプトが、「愛と恩返し」なんですよ。マフィンひとつひとつ、お客様一人ひとりに愛を込めて接する、ということですね。

お店って、後から物語ができていくのではなくて、初めにしっかりとコンセプトや内容を固めてから始めるものだと思っています。だから、スタートするときが最高の状態。オープンしたら、その状態を継続できるように努めていくだけです。

いい空間を作って、スタッフが気持ちよく働ける環境を整えれば、お客様は来てくださると思っています。ですから、これからどうこうするというよりは、今のこの環境を保ち続けていきたいですね。「愛と恩返し」にも通じるんですが、「関わる人たちの幸せを継続していく」と言ってもいいかもしれません。

シモカワヒロコ

取材日も、開店直後からずーーーっと行列が途切れず、とっても驚きました。でも、実際にお店でマフィンをいただいてみて納得。お店は居心地がいいし、接客も気持ちいい。マフィンもコーヒーももちろんおいしい。一度来たら、お店に「愛」を感じて、ファンになっちゃいますね。私もまた伺いたいです!

喫茶日曜日(キッサニチヨウビ)

営業時間
11:00〜17:00
定休日
月・火曜
場所
三重県津市安濃町内多2881−1
駐車場
25台
カード・電子マネー可
平均予算
昼2500円
問い合わせ
059ー261ー7770
Instagram
@kissa_nichiyoubi


※価格は税込み表記
※掲載内容は2022年6月時点の情報です

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

三重・津市のカフェ「喫茶日曜日」のマフィンで、至福のひとときを

WRITER

Hiroko Shimokawa

Hiroko Shimokawa

岐阜県岐阜市出身。雑誌編集者、子ども向けイベント屋を経て、2021年9月に独立。現在はフリーランスのライター・編集者として、様々なWebメディア・雑誌等で活動中。マイブームは香水集めと日本画を描くこと。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Hiroko Shimokawa
  4. 三重・津市のカフェ「喫茶日曜日」のマフィンで、至福のひとときを

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。