絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ランチ

2022.6.16thu

三重・伊賀市のレストラン「michi/いと」で、”未知”の食の世界へ。

伊賀市の住宅街で気になる、鮮やかなブルーの扉の建物。実はこちら、完全予約制のレストランなんです。津市にあったレストランが移転してオープンされたとのことで、変わった点・変わらない点を聞いてきました。

民家をリノベーションし、ほっと落ち着く空間に。

伊賀市内の住宅街に位置する、築60年ほどの建物。思わず通り過ぎてしまいそうな佇まいですが、真っ青な扉と看板を目印にしましょう。

民家をリノベーションしただけあって、店内はどこかほっと落ち着く雰囲気。壁を隔てて、全く印象の異なる空間が広がっているのも特徴です。ちなみに、奥のグレーの壁が、店のポイントだそう。

旬の味わいを、昼も夜もコースでお届け

取材日に登場した前菜は、「サーモンと三つ葉のヴァプール」
メニューは、昼夜ともに完全予約制のコースのみ。地産の食材や、自宅の畑で採れた野菜をたっぷり使った、目にも楽しい料理の数々が登場します。
コースは、前菜、メインとパン、デザートという構成。そこに、ワインなど好きなドリンクをオーダーするスタイルです。

取材日のメイン「とよさ豚のよもぎロースト」と、竹炭を練りこんだパン。パンは、庭の岩をイメージした名物メニュー
コースのメニューは、随時変更しているのが特徴です。「野菜を豊富に使うこと」「枠にとらわれず、自由な発想で料理をすること」をモットーに、おいしい食材をセレクト。日々、さまざまな食材を使って、料理を作っています。

「野菜は、メインの食材を引き立てつつ、それでいて存在感があるものを選んでいます」と、店主の今山さん。身近な食材を中心に使いつつ、それぞれの持ち味を生かした料理の数々には、思わず舌鼓を打ってしまいます。

デザートに登場した、「蕗とジャスミン」。ジャスミンティーを使ったパンナコッタで、トッピングには、オレンジリキュールに漬け込んだフキ(!)を使用

コースとともに、店主おすすめのワインを一緒に味わって。
コースを楽しむうちに、「この食材に、こんな組み合わせがあるなんて!」と驚くこともしばしば。おすすめのワインを注文しながら、とっておきの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

2階のショップ&ギャラリー「いと」もチェック

2階のショップ&ギャラリー「いと」では、店主夫婦が気になった生活雑貨などを販売しています。また、不定期で伊賀在住のアーティストの企画展を開催することも。食事の後に、ぜひ覗いてみてください。

店主・今山さんにインタビュー

ーーもともと、ご夫婦で別のお店をやっていらっしゃったんですよね。
今山さん はい、津市で「オステリア ミチ」という、カジュアルイタリアンのレストランをやっていました。イタリアンではありましたが、今のお店と同じく、あまり枠にとらわれすぎず、旬の食材を中心にしたさまざまな料理を提供していました。

ただ、コロナ禍を経て、「衣食住の要素があって、来た人に安心感を覚えてもらえる、居心地のいい場所を作りたい」と思うようになって。それで、場所を移転して、予約制のレストランにしたんです。料理のジャンルも、特に明確には設けていません。

建物は、3年ほど前に偶然、知人から紹介していただいたものです。老朽化が進んでいたので一度は諦めたんですが、真っ青なドアや貴重な日本の古ガラス、大きな窓がとても印象的で…。

「ここをレストランにしたい」という気持ちが高まったため、自分たちにできる最大限のセルフリノベーションをして、今の形に仕上げました。民家の面影も残して、お客様にくつろいでいただけるような空間にしています。

ーー店名の由来を教えてください。
今山さん 「michi」という単語は「未知」「道」「満ち(る)」のトリプルミーニングになっています。

お客様に未知の体験をしていただけたり、心身ともに満たされたと感じていただけたりしたら、うれしいですね。これは、前のお店のときから変わってません。

ーー今後、お店がたどっていきたい“道”を教えてください。
今山さん 「食」に関する、いろいろな展開をしていきたいですね。

レストランでは、私たちの料理をお出しするのがメインですが、今後はもっと、皆さんに「食」の楽しさ・魅力を味わっていただけるようになったらなと。具体的には、料理教室や、ワインとのペアリング講座などを考えています。

シモカワヒロコ

料理は身近な食材が多いのに、組み合わせや味付けなどが非常に独創的で、とにかく一口ごとに驚きの連続でした。それでいて気取った感じがなく、素直に「おいしい!」と感じるものばかり。店主のご夫婦自身が、楽しみながらお料理をされていることがひしひしと伝わってきました。記念日やお祝いの席はもちろん、自分へのご褒美ランチにも伺いたいお店です!

michi/いと(ミチ/イト)

営業時間
 11:00〜15:00(LOは13:00)、18:00〜22:00(LOは19:30)※3日前までに要予約※2Fのショップ&ギャラリー「いと」の営業時間は、1Fのレストラン「michi」に準ずる※完全予約制
定休日
不定休
場所
三重県伊賀市緑ヶ丘本町1709−2
駐車場
5台
支払い方法
カード・電子マネー可
平均予算
昼3500円/夜5000円
問い合わせ
0595ー28ー0085
Instagram
https://www.instagram.com/michi.to.ito/


※価格は税込み表記
※掲載内容は2022年6月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

三重・伊賀市のレストラン「michi/いと」で、”未知”の食の世界へ。

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 伊賀
  4. 三重・伊賀市のレストラン「michi/いと」で、”未知”の食の世界へ。

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。