絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#コーヒー

2022.6.16thu

名古屋・栄の「ブルーボトル コーヒートラック」に行ってきました!気になるメニュー&グッズをチェック

2015年に日本に初上陸し、サードウェーブコーヒーの火付け役にもなった「ブルーボトル コーヒー」。そんな人気ブランドのコーヒートラックが7月3日までの期間限定で、名古屋にやってきていると聞きつけ、さっそく取材へ!

久屋大通公園「ミツコシマエ ヒロバス」に登場

コーヒートラックが出店しているのは、久屋大通公園の「ミツコシマエ ヒロバス」。6月9日(木)から7月3日(日)までの期間限定で出店しています。今回のコーヒートラックは、2022年春から「Coffee in Nature」をテーマに、アウトドア環境でおいしいコーヒーをお届けしたいという思いでスタートした新しい試みです。

晴れた日には、緑あふれる景色や中部電力 MIRAI TOWER(旧・名古屋テレビ塔)を眺めることができ、都会の中でも自然を感じられるロケーションで、コーヒーブレイクを楽しめます。

コーヒーは何種類?注目のドリンク&スイーツを紹介

左から「アウトドアブレンド アメリカーノ」(ICE・594円)、「ホワイトスイートコーヒー」(ICE・594円)、「コーヒーチェリーフィズ」(648円)

エスプレッソには、ブランドとして初めてアウトドアシーンに向けて開発した「アウトドア ブレンド」を使用。ダークローストのエチオピア産・コロンビア産コーヒー豆をベースに、ライトローストのエチオピア産コーヒーをアクセントとして加えています。深みとコクのあるキャラメルのような甘みを引き出し、華やかさを添えたバランスの良い味わいです。

「ホワイトスイートコーヒー」は、デーツシロップが入った、やさしい甘みのミルクコーヒーで、オーツミルクに変更もおすすめとのこと。

コーヒーが苦手な方もご安心を。「コーヒーチェリーフィズ」は、煮出したコーヒーチェリーにレモンや炭酸を入れたノンコーヒードリンクで、甘酸っぱく爽やかな飲み口が夏にぴったり!

コーヒーと一緒にぜひ楽しみたいのが、こちらの「リエージュ ワッフル」(583円)。生のバニラビーンズや北海道産の小麦粉など、素材にこだわった、ブルーボトルの定番スイーツです。注文ごとに焼き上げるので、熱々を味わえるのもうれしいポイント。外はカリッとクリスピーで、中はもっちりとした食感です。焼き立てをほおばると程よい甘さが広がり、ひとくちで幸せ気分になれますよ。

「ブルーボトルコーヒー ペールエール」(BOTTLE・330ml・1023円)※栓を開けた状態で提供

また、コーヒートラックでは初となる、コーヒーペールエールの提供も。三重県「伊勢角屋麦酒」のペールエールに、ブルーボトルコーヒーの定番ブレンド「スリー・アフリカズ」のコーヒー豆を漬け込み、味と香りを引き出したペールエールです。コーヒー豆のフルーティで明るいテイストと、ビールのクリアな苦味がマッチした、爽やかで飲みやすい一杯に仕上がっています。

「ブルーボトル コーヒートラック」のメニュー表

こちらは、「愛犬とともにリラックスしたコーヒーブレイクを楽しんでほしい」と、ワンちゃん連れの方にサービスしている、植物性のビーガンドッグトリーツ。

名古屋限定トートも!オリジナルグッズをGETしよう

さらに、コーヒートラックでは、名古屋限定の「ブルーボトルコーヒー コットン トート」など、オリジナルグッズの販売も行っています。直接アイテムを手に取れるこの機会に、こちらもぜひチェックしてみてください。

また、「タカシマヤ ゲートタワーモール」3階ローズテラスにて、7月12日まで開催しているポップアップストアでは、自社焙煎のコーヒー豆の他、抽出器具、マグカップなど、コーヒーライフを彩るオリジナルアイテムが勢ぞろい! そちらもお見逃しなく。

スタッフの方々の明るい笑顔と、丁寧な心配りにほっこり

EDITOR
Yamauchi

青空の下で、心地良い風に吹かれながら飲むコーヒーは格別のおいしさ! お昼休みやショッピングの合間など、ぜひ気軽に「ブルーボトル コーヒートラック」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ブルーボトル コーヒートラック

期間
2022年6月9日(木)~7月3日(日)
場所
ミツコシマエ ヒロバス
(名古屋市中区栄3-5-10の先 久屋大通公園内)
時間
10:00~18:00(土日祝は9:00~)
特設サイト
https://store.bluebottlecoffee.jp/pages/coffeetruck
オンラインストア
https://store.bluebottlecoffee.jp/
Instagram
http://instagram.com/bluebottlejapan
Twitter(運営状況を随時更新!)
https://twitter.com/bluebottlejapan/with_replies


※価格は税込み表記です
※掲載内容は2022年6月時点の情報です

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

名古屋・栄の「ブルーボトル コーヒートラック」に行ってきました!気になるメニュー&グッズをチェック

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県・加古川市出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 名古屋・栄の「ブルーボトル コーヒートラック」に行ってきました!気になるメニュー&グッズをチェック

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。