絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#コーヒー

2022.6.21tue

三重・松阪市のローカルな集会所「MADOI(マドイ)」が気になる!

三重・松阪市の駅前にできた「MADOI」は、松阪を愛する店主たちが運営するスポット。カフェとして使える以外に、物販、体験コーナーがあって、コワーキングスペースとしても使えるそうだけど…!?一体どんな場所なのでしょうか?

「松阪駅」から徒歩10分ほどの路地に位置する、”多目的”な空間

「松阪駅」から徒歩10分ほどの場所に、昨年オープンした「MADOI(マドイ)」。もともとはカフェでしたが、「もっと多目的に使える場所にしたい」という店主の願いでリニューアルしました。

お店はビルの2階にあります。緑色のファサードと、看板を目印に向かいましょう。

カフェスペースを備えた店内では、シルクスクリーンの体験や買い物ができ、コワーキングスペースとして利用することも。本を読んだり、仕事をしたり、店主さんやお客さんと会話を楽しんだりと、さまざまな過ごし方ができます。

本棚の本は、店主を含む5人のクリエイターたちの私物(!)

シルクスクリーン体験では、松阪や松阪出身の名士・本居宣長にちなんだユニークなテンプレートも!

店の奥では、文房具や食品など、メイドインジャパンにこだわったアイテムを販売

地元の名士にちなんだ、特製クレープでほっと一息

「アイスコーヒー」(500円)、「宣長クレープ(バターシュガー)」(500円)
店頭では、ちょっとしたスイーツとドリンクも提供しています。必食は、サクサク&もっちり食感がたまらない「宣長クレープ」。中でも「バターシュガー」のクレープは、粗塩を効かせていて、甘じょっぱさが◎。ボリュームがありますが、ぺろりと食べられます。

クレープのフレーバーは数種類あるので、好きなものを選んでみてください。

クレープの包み紙にも注目。実は、本居宣長が描いた地図をデザインしたもの!

「アイスカフェラテ」(600円)

注文したメニューは、席まで持ってきてもらえる
コーヒーは、店主が惚れ込んだ東京・三軒茶屋の「OBSCURA COFFEE」の豆を使用。すっきりとした味わいで、クレープとも好相性です。マグカップか紙カップか選べます。

店主・中瀬さんにインタビュー

ーー「MADOI」は、もともとは違うお店だったと聞きました。

中瀬さん そうなんですよ。昨年まで、ここで「PROMOTION THE BASEMENT」というカフェをやっていたんです。

ただ、この辺ってけっこうカフェが多い地域なんですよね。なので、カフェだけに留まらない多機能な場所にしたいなと思って、方向転換しました。

カフェの部分は残しつつ、コワーキングスペースとしても使えるし、物販もあるし、シルクスクリーン体験もできるし…って感じなので、「何の店?」って聞かれると、今でも困るんですけど(笑)。

お客さんの中には、「おしゃれな公民館」とか、「ターミナルみたいな場所」とか言ってくれる方もいますね。

ーー利用者や利用する方法を選ばない場所になったんですね。

中瀬さん そうですね。ご家族連れや年配の方にも来ていただけるようになりました。そうなったことで、年齢とか趣味嗜好のバランスが、いい意味で崩れたなと感じています。

たとえば、店内にはスーパーファミコンを置いてるんですが、子どもとか若い子がやってるのを見て、大人が遊び方を教えてあげる、という風景をよく見かけます。

あと、レコードプレーヤーがあるので、お気に入りのレコードを持ってくる人がいるんですよ。そうすると、音楽の話題で若い人と年配の人が盛り上がったりしてね。

普段の生活だと、年齢とか好きなものとか、いろいろなことで関係性ができちゃうことが多いんですけど、ここだとそうはならなくて。いろんな垣根を超えた出会いとか、交流を楽しんでいただけたらと思います。

ーー本居宣長にフォーカスしているのも、ユニークですよね。

中瀬さん 本居宣長もそうなんですが、松阪って、文化人とか逸材が多い地域でもあるんですよね。

以前、『&Premium』で編集長をやっていた方に、「やっぱ、地元の先輩は大事でしょ」みたいなことを言われて。たしかに、松阪出身の歴史上の人々のことを僕たちはあまり知らないなと痛感したんです。

あとから調べてみると、本居宣長は、実はとてもチャーミングな方だったんですよね。そういう面を知ると、歴史上の人々にもぐっと親近感が湧いて、地元に愛着も持てるんじゃないかなと。

だから、僕たちもそういう地元の先輩たちのことを勉強しながら、ここに来てくれた人に共有して、松阪って場所に興味をもってもらえたら。でも、必ずしもここで何か生まれなくてもいいとも思っています。来た人同士に自然に会話が生まれるとか、いろいろなことに興味を持つとか、自由に過ごしていただけたらと。

ーー今後の展望を教えてください。

中瀬さん 地方をいろいろな角度で楽しんでもらえるように、松阪の観光案内所みたいな場所になりたいですね。

それも、普通の観光案内所じゃなかなか難しい、地元の人しか知らないような情報を発信できたらと思います。地元の情報を再編集して発信する、っていうのかな。

僕、地元のクリエイター達と一緒に、「vacant」というチームで活動してるんです。ここの1階に入ってる「アオゾラ食堂」の子とか、あと税理士さんなんかもいて。そのチームを中心に、ここで月に1~2回イベントをやっています。

まだ手探りな部分も多いんですが、今後もいろいろな人と集まったり発信したりして、どんどんこの街の魅力を拡散していきたいです!

シモカワヒロコ

松阪にちなんだ本もたくさんあり、店主さんの「松阪愛」をたっぷり感じられる空間でした。いい意味で雑多な分、なんだか落ち着けて、でもいろいろなアンテナを張りたくなる場所でした。こんな素敵な場所が身近にある松阪は、今後もっともっと魅力的な街になっていく予感がします!

MADOI(マドイ)

営業時間
10:00〜17:00
定休日
火~金曜定休
場所
三重県松阪市平生町10-2 2F
駐車場
なし
カード・電子マネー
不可
平均予算昼750円
問い合わせ
0598-67-7716
Instagram
https://www.instagram.com/madoi_2021/
公式サイト
https://madoi.mie.jp/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

三重・松阪市のローカルな集会所「MADOI(マドイ)」が気になる!

WRITER

Hiroko Shimokawa

Hiroko Shimokawa

岐阜県岐阜市出身。雑誌編集者、子ども向けイベント屋を経て、2021年9月に独立。現在はフリーランスのライター・編集者として、様々なWebメディア・雑誌等で活動中。マイブームは香水集めと日本画を描くこと。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Hiroko Shimokawa
  4. 三重・松阪市のローカルな集会所「MADOI(マドイ)」が気になる!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。