絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

特別編では、西谷監督の統率力とチームワークの結束を肌で感じた瞬間も!

(お客さん)――ドラマの最後、特別編のラストで失踪してしまっていた獅子雄さんが突如として現れるシーンで終わっていたかと思いますが、それからこの映画の冒頭までの描かれていない部分について教えてください。また、撮影の間はどのようなことを念頭に置いて撮影に取り組まれていましたか?

西谷監督  特別編から映画までの間ですね。逆に獅子雄と若宮は、何していたんですか?

岩田さん  引っ越したんじゃないですか?(笑) 家が変わりましたもんね。

ディーンさん  紆余曲折いろいろありました。

岩田さん  何してたんですかね?(笑)

西谷監督  見つかるまでは若宮は自分で探偵稼業みたいなものをやり始めて、そしたら獅子雄がうれしいような切ないような…また現れてというような。

ディーンさん  あのシーン、今思い出すと、あのミラクルには鳥肌が立ちますね。

西谷監督  特別編のラストの獅子雄が現れるという、佐々木蔵之介さんと山田真歩さんと警察車両が入って降りて二人が歩いてくると、黒いコートを白衣に変えた若宮が推理をしていて、そのまま屋上に獅子雄がいるところを3~5分のそうとう長い映像を1カットで撮ったんですよね。誰かがどっかでセリフとかミスすると全部やり直しになるんですけど、それをテイク1でOKを出したという奇跡でしたね。

ディーンさん  特別編で1発OKを出すために、ドラマではひたすら練習を重ねていた期間だったかもしれないですね(笑)。

岩田さん  3カ月ね(笑)

ディーンさん  そうそう!(笑)

岩田さん  あれが決まった時、気持ちよかったですね。

ディーンさん  あれは普通なかなかないですね。すごいチャレンジングなことをやれると思わせてくれた西谷監督の演出だったり、統率、導きというものを、本当にあの時は1クール最後だったので、積み上げてきたもの、チームワークの結束を肌で感じましたね。

西谷監督  ありがとうございます。そっから、始まって今回の映画にいたるというところでしょうか。3年ぶりに会って最初に芝居した時も全然タイムラグを感じずにすぐに獅子雄と若宮に戻っていました。

ディーンさん  髪型が変わっても衣裳が変わっても大丈夫だというくらいの強度でできました。以上になります!(笑)

獅子雄と若宮をお花に例えると…

(お客さん)――映画すごく感動して泣いてしまいました。お二人のバディが大好きです。今日は私の誕生日ということで、私は花が好きなので、お二人がこの作品を花に例えるとどんな花だと思いますか?

岩田さん  お誕生日おめでとうございます!

ディーンさん  お誕生日おめでとうございます!

岩田さん  花って何がありましたっけ?何だろう…たんぽぽ?若宮は、たんぽぽ!

ディーンさん  花で考えたことはないんですけど、なぜかひまわりって思いました。特に理由は聞かないでください!(笑)

西谷監督  花!? 季節的には紫陽花ですよね。赤系の紫陽花とブルー系の紫陽花。あれは土の酸性かアルカリ性かによって色が変わるんです。知ってます?(笑)

岩田さん  すごい!博識ですね。

最後にディーンさん、岩田さんからメッセージ!

――ディーンさん、岩田さん、最後に会場のみなさんに向けて、メッセージをお願い致します!

岩田さん  本日は、ご来場いただき、本当にありがとうございます。短い時間でしたけれどもこうして上映後に登壇して、いろいろお話をさせていただいて、すごくうれしかったです。映画をご覧いただいた後なので、もし良かったと思ってくださったのならば、友達だったりご家族だったり、SNSなどもありますから、ぜひ一緒にこの作品を盛り上げていただければ幸いです。今日は短い時間でしたが、本当にありがとうございました。

ディーンさん  僕はもう何より岩ちゃんの地元に一緒に来られたという、里帰りを一緒に…自分の地元ではないですけれど、できたっていう、この名古屋の宝!岩ちゃんが出ています!みなさん、どうですか?『バスカヴィル家の犬』はわんこだけじゃないですよ。岩ちゃんが出ているんです!みなさん、ぜひこの作品を1人でも多くの方へ口コミでも、どんな形でも良いので魅力を伝えていただけたら、うれしいなと思っております。この作品の続きが観たいっていう方はね、特に!何をすれば良いかわかってるよな?(笑) 今日はお忙しい中ご来場いただき、本当にありがとうございます。この作品を一緒に育てていただけたら、未来に一緒に歩んでいただけたらと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。今日は本当にありがとうございました。

終始楽しく和やかムードの舞台挨拶でしたが、本作では、絶体絶命の危機が迫る若宮と、恐ろしき真相を解き明かそうとする獅子雄の葛藤…日本映画の歴史に、背筋震わす新たな本格心理スリラーとなっています。ドキドキと感動が入り混じる本作をぜひ劇場でご覧ください!

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版

監督
西谷弘
原案
アーサー・コナン・ドイル「バスカヴィル家の犬」
出演
ディーン・フジオカ、岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平 他
主題歌
「lullaby 」由薫( ユニバーサルミュージック)
公式サイト
https://baskervilles-movie.jp/
©2022 映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会


※掲載内容は2022年6月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【絶賛公開中!】映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』名古屋での舞台挨拶に主演のディーン・フジオカさん、岩田剛典さん、西谷弘監督が登壇!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Mai Shimomura
  4. 【絶賛公開中!】映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』名古屋での舞台挨拶に主演のディーン・フジオカさん、岩田剛典さん、西谷弘監督が登壇!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。