絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#中華

2022.7.12tue

日本初業態の台湾フードカフェ「ハオツーモンキーズ」 1号店が長久手市にオープン!【愛知】

2022年7月13日(水)、台湾フードと台湾茶を楽しめる、日本初業態の台湾フードカフェ「好吃(ハオツー)モンキーズ」 の1号店が長久手市にオープンします!

ドライブスルーとイートインを兼ね備えたこちらの店舗では、看板商品である台湾餃子の他、台湾のアフタヌーンティー文化を取り入れたファストフード&カフェという、新しいスタイルの食事を楽しむことができます。

友人、家族、ひとりでも気軽に楽しめる「好吃(ハオツー)」

お店の外観は、見ているだけで元気が出てくるようなビビッドなカラーが特徴的で、サルをモチーフにしたマスコットキャラクターの「チー太くん」が目印。

こちらのお店では、看板商品でもある台湾餃子や、ルーローハン、オリジナルバーガーなど、台湾の屋台やお店で気軽に食事を楽しむ小吃(シャオツー)スタイルの食文化を提案しています。

ブルーグリーンと赤を基調にした店内

「オシャレカワイイ」をコンセプトにした店内。ひとりでも入りやすいカウンター席の他、ガラス張りの明るいスペースに、ゆったりとしたソファー席もあるので、友人や家族と心置きなく過ごすことができます。

定番から新メニューまで!様々なシーンで利用したい豊富なラインナップ

「台湾焼餃子」(5個・450円)
台湾で教わった本場の味をそのままに再現した台湾餃子が名物。匂いを気にしないで食べられるニンニク&ニラなしの「キャベツ水餃子」も女性に人気です。

「元氣の源!モンキーズバーガー」(単品390円・セット740円)
名物の台湾餃子の餡をアレンジしたカツ、キャベツ、からしマヨネーズがマッチした、オリジナル新感覚バーガー。

左「極旨マーボー豆腐」(390円)、右「チー太くんのたまご焼きごはん」(590円・(小)490円)
「チー太くんのたまご焼きごはん(小)」に、餃子5個とスープが付くセットメニュー(1200円)も。あれもこれも楽しみたい!という欲張りな心を満たしてくれます。

ティータイムに食べたい、スイーツメニューもたくさん!

「台湾茶アフタヌーンティーセット」(1000円~)※ティータイムは14:00~16:00
香り高い台湾茶を、台湾のお菓子と本格茶器で楽しめるアフタヌーンティセット。

タピオカやレモンティーなどの台湾ドリンク(各種680円)
振ると色が変わる不思議なレモンティーや、タピオカドリンクなど、見た目もかわいいドリンクメニューも豊富です!

「台湾カステラサンド(生クリーム)」(400円)
しっとり、ふんわりとした優しい甘味の台湾カステラに、クリームをサンドした「台湾カステラサンド」は、「生クリーム」「黒糖黒ごま」「パイナップル」の全3種類。

いかがでしたか?「日本で2番目に住みたい町長久手」で、ナガクテーゼから学生まで幅広い客層に「笑顔」を届ける、新たなアジアングルメスポットをぜひチェックしてみてくださいね!

好吃(ハオツー)モンキーズ 長久手創始店

問い合わせ
 0561ー63ー0011
住所
 愛知県長久手市熊田114
営業時間
 10:00~22:00 (LOは21:30)
定休日
 無休
アクセス
 地下鉄「藤が丘駅」より徒歩で約15分
席数
 38席
公式サイト
 haochi-monkeys.com※7月13日オープン!

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

日本初業態の台湾フードカフェ「ハオツーモンキーズ」 1号店が長久手市にオープン!【愛知】

WRITER

Kanon Imai

Kanon Imai

岐阜県・多治見市出身。グルメ・美容・スポーツ・カルチャーと欲張りな新人。趣味は読書とジョギングで、一人前の編集者になるために勉強中!地元の多治見市が大好きで毎週末帰省している。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中華
  4. 日本初業態の台湾フードカフェ「ハオツーモンキーズ」 1号店が長久手市にオープン!【愛知】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。