絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#映画

2022.7.14thu

【絶賛公開中】『X エックス』最恐特別試写会をレポート!

7月8日(金)より絶賛公開中の映画『X エックス』。映画『へレディタリー/継承』『ミッドサマー』のA24が手掛けるホラー最新作で、1979年のテキサスを舞台に、史上最高齢の殺人夫婦の物語が描かれます。名古屋でも試写会が開催されましたので、見どころとともにその恐怖の体験をレポートします!

STORY

1979年のテキサス。女優のマキシーンとそのマネージャーで敏腕プロデューサーのウェイン、ブロンド女優のボビー・リンとベトナム帰還兵で俳優のジャクソン、そして自主映画監督の学生RJと、その彼女で録音担当の学生ロレインの3組のカップルは、映画撮影のために借りた田舎の農場を訪れる。そんな彼らを待ち受けるのは、みすぼらしい老人のハワードだった。そして、母屋の窓ガラスからこちらを見つめるハワードの妻である老婆パールと目が合ってしまい…。そう、彼らが踏み入れたのは、史上最高齢の殺人夫婦が棲む家だった。

主演は、映画『サスペリア』で当時、気鋭の新⼈でありながら、豪華共演陣の中でひときわ⾼い評価を得てブレイクしたミア・ゴス。共演は先⽇全⽶NO.1 を記録した『スクリーム』シリーズ最新作『SCREAM』(22/⽇本未公開)で主演の⼀⼈を演じ、新スクリーム・クイーンとしてブレイクしているジェナ・オルテガ。『ピッチ・パーフェクト』シリーズのブリタニー・スノウ、そして、ミュージシャンとして世界でカリスマ的な⼈気を誇るスコット・メスカディ(キッド・カディ)、Netflix オリジナル『ヴァージンリバー』シリーズのマーティン・ヘンダーソンと、いま勢いのある俳優陣が集結。そして、『ホステル』などを手掛けた、ホラー映画界のカリスマであるイーライ・ロスからの信頼も厚いタイ・ウェストが監督・脚本を努めており、さらに本作は、3 部作となることが発表され、A24 映画として初めてのシリーズ化としても話題となっています。

ミア・ゴスが演じる、“若さ”と“老い”の1人2役

物語に登場する若き映画クルーが、撮影の場所として選んだのは、ミステリアスな⽼夫妻が住む農場。妻のパールは若く魅力的なマキシーンに、昔の⾃分を投影し、彼⼥につきまといます。タイ・ウェスト監督は『X エックス』で、マキシーンとパールの関係を合わせ鏡のように描き、それを中⼼に物語を展開。1⼈の⼥優によって演じられているこの2⼈の⼥性は、お互いに⾃分が持っていないものを欲しがり、それを⼿に⼊れるためには何だってやろうとします。物語が進むにつれ、2⼈の関係は、より親密で、より緊張感のあるものになっていく。「マキシーンとパールを同じ俳優に演じてもらいたいと思っていたけど、本当にそれを演じられる⼥優がいるのかどうか分からず⼼配だった」と監督がコメントし、キャスティングも難航したという本作。若いマキシーンと老いたパールの対比を見事に演じ分ける1人2役のミア・ゴスに注目です。

細部まで見逃せない!没⼊したくなる世界観

タイ・ウェスト監督は、「よりリアルに描こうとするのは⼤事なこと。僕は映画に視覚から⼊るので、『X エックス』から1979年の空気感を感じられることはとても⼤事だったんだ。あの時代に執着することはさほど重要じゃなくて、没⼊したくなる世界を現在の観客に⾒せることが⼤事なんだ」と語り、本作では、細部に⾄るまで70年のテキサスを⾒事に表現。リンダ・カーターに憧れるマキシーンの姿から、ブルー・オイスター・カルトの⾳楽、道端のコンビニに売られているビールの特定ブランドまで、監督は緻密な作り込みで物語の時代背景にリアリティを加えています。衣装は、⾐装デザイナーのマウゴシャ・トゥルジャンスカ(ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」)が担当し、キャストたちを70年代の若者に変⾝させました。

最恐特別試写会に参加した人の感想もご紹介!

10代女性
Aさん

前半と後半の雰囲気が全然違って、どこでどう切り替えを付けているのか、怖さ、びっくりするだけじゃなくて登場人物の感情が表現されていて面白かった。

10代男性
Bさん

ひきの画面で全体を見せて、「だれかに見られてる感覚」が引き出された前半と、画面いっぱいに「恐怖の表情」を映す後半の対比が美しく怖い。

20代男性
Cさん

前半と後半で違う映画を見ているようで、ずっと肩に力が入ってしまいました!

30代女性
Dさん

いろんな欲望が入り混じった心情描写がA24のホラーらしい!

50代男性
Eさん

とても良かったです。最高の仕上がりでした。

前半と後半で雰囲気が違ってくるストーリー展開に引き込まれる人が多数。ぜひ、そのあたりにも注目しながら、この夏の暑さを吹き飛ばす、途中下⾞不可能な真夏のエクストリームライド・ホラーを劇場で楽しんでみてはいかがでしょうか。

X エックス
ミッドランドスクエアシネマ、名古屋PARCO東館8Fセンチュリーシネマほか公開中!
監督・脚本 / タイ・ウェスト
出演 / ミア・ゴス、ジェナ・オルテガ、ブリタニー・スノウ、スコット・メスカディ(キッド・カディ)、マーティン・ヘンダーソン、オーウェン・キャンベル、ステファン・ウレ 他
R15+
公式サイト / https://happinet-phantom.com/X/
©2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.


※掲載内容は2022年7月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【絶賛公開中】『X エックス』最恐特別試写会をレポート!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Mai Shimomura
  4. 【絶賛公開中】『X エックス』最恐特別試写会をレポート!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。