絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#コーヒー

2022.7.16sat

【名古屋市・千種区】暮らすようにめぐる あの町この町 vol.11

愛知・岐阜・三重の中から、素敵なエリアをピックアップ。 メジャーな観光地やレジャー施設も良いけれど、 静かにじっくりとまちの魅力を感じる、穏やかな散策コースはいかが?

今回は、名古屋市千種区の茶屋ヶ坂~覚王山・本山周辺をお散歩! 千種区は東山公園、平和公園、茶屋ケ坂公園など、緑が豊かなスポットが点在しているので木陰で一息つきながら、まちの魅力を感じてみてください。

茶屋ヶ坂/茶屋ケ坂公園

千種区で森林浴。思いっきり深呼吸!!

地下鉄「茶屋ケ坂」駅から徒歩約10分の場所にある茶屋ケ坂公園。周辺は閑静な住宅地で公園だけがまるで森のようです。園内には池や野球場、散策小径があり、6月中旬から6月下旬にかけては、約6000株のアジサイが見頃を迎えるスポットとしても有名です。木漏れ日が差す散策道を歩きながら、木々から放たれる香り成分「フィトンチッド」を嗅いでリラックスを。大きく深呼吸しながら散策してみてください。

木々に囲まれた茶屋ケ坂公園は市内と思えないほど空気も澄んでいて森林浴気分。
園内は、小径が整備されていて、芝生広場や遊具がある児童園も完備。

開花シーズン時は、青、紫、白、ピンクなど、様々な色のアジサイが咲き誇ります。ちなみに千種区の花はアジサイです。

雨の日はアジサイ日和。色彩あざやかな、しっとり美しい姿が雨の日に映えます。

茶屋ケ坂公園

場所
名古屋市千種区鍋屋上野町汁谷
駐車場
なし 
アクセス
地下鉄「茶屋ケ坂駅」より徒歩で約10分

自由ヶ丘/coffee&grocery mol

「日常の一瞬に携われたら…」店主の思いとコーヒーり香りが満ちる店。

長年コーヒー業界に携わってきたオーナー夫妻が、その審美眼と技術で仕上げた自家焙煎のコーヒー豆を販売しています。コーヒーは、丁寧にハンドドリップされる淹れたての一杯をテイクアウトすることもできます。店主の思いが詰まった一杯は格別! 店内では、他ではなかなか見かけない珍しい食料雑貨の販売も。素敵な発見があるかもしれません。

店内には存在感抜群の大きな焙煎機が。芳ばしい香りが店中に漂い、コーヒー好きにはたまらない空間です。

季節ごとに一番おいしいと感じたコーヒー豆を自家焙煎し販売しています。

実際に食べてみて良いと思った商品だけを、生産者から直接仕入れているグローサリーたち。

coffee&grocery mol(コーヒーアンドグローサリー モル)

問い合わせ
052・751・5891
場所
名古屋市千種区鹿子殿3-3 ニューゴールデンビル1-B
営業時間
11:00~19:00
定休日
水曜定休
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
不可
Instagram
@coffeegrocery_mol
アクセス
地下鉄「自由ヶ丘駅」より徒歩で約10分

自由ヶ丘/八O吉 自由ヶ丘

辛くないのにスパイシー! みんなで作るみんなのカレー

確かな目利きで、根強いファンを持つ八百屋「八百吉商店」から仕入れた旬の新鮮な野菜を使用したカレーを提供。口に入れた瞬間、うま味と深みが口中に広がり、子どもからお年寄りまで食べられる程よいスパイス加減が特徴です。誰にでも親しまれる味を基本に、お客さんと作り上げていくことを大切にしているそう。そんな愛されカレーをぜひ、味わってみてください。

一番人気の「八O吉カレー(チキンカレー)」(1280円)の他、月替わりのカレーも。

お客さんとお店の“壁”がない店を作りたいと、「万人から愛されるカレー屋」をモットーに開店。

八O吉 自由ヶ丘(ヤオキチ ジユウガオカ)

問い合わせ
052・734・3184
場所
名古屋市千種区自由ヶ丘2-10-30
営業時間
11:00~21:00※水曜日は~15:00
定休日
無休
駐車場
なし
カード
電子マネー
Instagram
@yaokichi_curry
予算
昼夜1500円
アクセス
地下鉄「自由ヶ丘駅」より徒歩で約1分

覚王山/揚輝荘

「松坂屋」初代社長の別荘! 当時の社交界に思いを馳せて…

大正から昭和初期にかけて建設された「松坂屋」初代社長の別荘がこちら。約一万坪の敷地に、最盛期には建築的にも歴史的にも価値の高い30数棟の建物があったというから驚きです。現在は北園と南園に分かれ、聴松閣、伴華楼、白雲橋などが市指定有形文化財に。当時の華やかさを垣間見ることができる貴重な場所です。

昭和12年に建築された山荘風外観の「迎賓館」。当時の書斎や応接室、舞踏場などを観覧できます。

京都の修学院離宮の影響を受けたと考えられる池泉回遊式庭園の「北庭園」。

「聴松閣」1階の喫茶室では、アンティークな洋館風情の中、ドリンクがいただけます。ちょっと豊かな気分に…。

揚輝荘(ヨウキソウ)

問い合わせ
052-759-4450
場所
名古屋市千種区法王町2-5-17(南園)、21(北園)
開館時間
9:30~16:30
休館日
月曜定休(祝日の場合は翌日休)
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
不可
ホームページ
yokiso.jp
入観料
300円
アクセス
地下鉄「覚王山駅」より徒歩で約10分

本山/XⅢ

スイーツ、紅茶、空間。3人の作り手による最高の休息

フランスで腕を磨いたパティシエールが手がけるカフェ「bonnieu」と、感性から生み出されるオリジナルハーブティーを提供する「PFLANZEN-APOTHEKE」の二つからなる「XⅢ」は、憩いの空間。大きな窓から景色を眺めながら、おいしいケーキとこだわりのティーを楽しむひとときを過ごしてみて。

3階の窓から望めるのは、「桃厳寺」に生い茂る木々。目と心を癒してくれます。

フラスコに入ったブレンドティーの香りを確かめながらお買い物ができます。

「bonnieu」の定番「バスクチーズケーキ」(470円)と、このチーズケーキとのペアリングで生まれた「PFLANZEN-APOTHEKE」のオリジナルハーブティー「十三(トレズ)」(750円)。

XⅢ(トレス)

場所
名古屋市千種区四谷通2-8YOU YOTSUYA3F
営業時間
11:00~17:00
駐車場
なし
Instagram
@xiii_motoyama 
アクセス
地下鉄「本山駅」より徒歩で約2分
Bonnieu(ボニュ)
問い合わせ
052・784・4084
カード
電子マネー
定休日
月・火曜定休
Instagram
@bonnieu.xiii
PFLANZEN-APOTHEKE(プランツェン アポテーケ) 
問い合わせ
052・766・3346
営業時間
日・月・火曜定休※不定休あり 
カード
電子マネー
Instagram
@pflanzenapotheke

ステキな町めぐりの1日をお過ごしください♪


※掲載内容は2022年4月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

【名古屋市・千種区】暮らすようにめぐる あの町この町 vol.11

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. あの町この町
  4. 【名古屋市・千種区】暮らすようにめぐる あの町この町 vol.11

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。