絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#名古屋めし

2022.7.16sat

進化する名古屋飯!天むす屋「鬼天」が大須商店街にオープン【中区・大須観音】

2022年7月16日(土)、大須観音駅から徒歩で約5分の場所にオープンした、天むす屋「鬼天(おにてん)」。

様々な具材の天ぷらとおにぎりを合わせた、ありそうでなかった、とっておきの天むすを楽しむことができます。名古屋の人気ご当地飯の新しい楽しみ方を提案する新店に、早速取材に行ってきました!

商店街の一角に誕生した、天むす専門店

大須商店街のメイン通りと言われ、名物店も多く立ち並ぶ、「大須観音通」にオープンした天むす屋「鬼天」。名古屋の人気グルメでありながら、専門店や人気店が少ない天むすにフォーカスを当て、「天むす=えび天」という固定概念を覆す、バリエーション豊かなラインナップの天むすを、手軽に楽しむことができるお店です。

店名の「鬼天」は、ことわざの“来年の事を言えば鬼が笑う”が由来となっており、明日の事さえどうなるか分からないこの時代に、鬼をも笑顔にするような天むすを届けたい、という想いから名づけられました。お店の片隅に鬼が隠れているなど、遊び心も満載。

鬼が笑う程おいしい!天むすメニュー

「海老天」(180円)
冷めてもおいしい天むすを作るために、お米は数十種類以上から、食感や天ぷらとの相性を考え抜き、厳選してブレンド。電気ではなくガスでお米を炊くことで、ふんわりと軟らかく、口の中でほぐれるお米が出来上がるのだとか。

のりは試食を繰り返した末に、常滑市にある「鬼崎漁協(おにざきぎょこう)」のものを使用しています。まさに鬼尽くし!

具材は定番のえび天以外にも、イカやタコ、キスなどの魚介類、カボチャやアスパラガス、舞茸などの季節の野菜とキノコ類と、常時12種類以上もの天ぷらを用意。

「アスパラコーン」(180円)
オーナーのイチオシメニュー。アスパラの風味、コーンのプチッと甘い食感がたまらない一品。天ぷらは、ダシをしみ込ませながらも、サクッと感を損なわないように工夫されています。

お米を握る際、手数が少なければ少ないほど、ふんわり仕上がるという天むす。こちらのお店では修行を重ねたスタッフにより、わずか6手で1つの天むすを仕上げています。

さらに天むすに冷たい「魔法のダシ」をかけて、お茶漬けのようにして食べる、新しい天むすの楽しみ方を提案している「鬼天」。キンキンに冷えた出汁が、お米や天ぷらに良く絡み、サラサラと食べやすく、暑い夏にはもってこい!

豊富なラインナップの天むすは、一つからはもちろん、箱に入ったセットでの販売もしているので、ちょっとした手土産や、旅行のお供にもピッタリです。天むすと相性抜群の「天むすに一番合う緑茶」(150円)もぜひ合わせて飲んでみてください。

名古屋飯を大須から全国へ

天むすが持つ、名古屋の古き良き伝統の味はそのままに、具材や食べ方を今風にアレンジ。このお店を通じて、名古屋の文化やグルメを、日本全国に、そして世界に発信していきたいというオーナーさん。

老若男女問わず楽しむことができる新しい「天むす」を食べながら、家族や、友人と楽しい時間を共有してみてはいかがですか?

天むす屋 鬼天(おにてん)

場所
 名古屋市中区大須2ー18ー21
営業時間
 11:00〜18:00
定休日
 水曜日
駐車場
 なし
アクセス
 地下鉄「大須観音駅」から徒歩で約5分
Instagram
 @tenmusu_oniten

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

進化する名古屋飯!天むす屋「鬼天」が大須商店街にオープン【中区・大須観音】

WRITER

Kanon Imai

Kanon Imai

岐阜県・多治見市出身。グルメ・美容・スポーツ・カルチャーと欲張りな新人。趣味は読書とジョギングで、一人前の編集者になるために勉強中!地元の多治見市が大好きで毎週末帰省している。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Kanon Imai
  4. 進化する名古屋飯!天むす屋「鬼天」が大須商店街にオープン【中区・大須観音】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。